ハイイロミズナギドリ

今日の札幌は小雨が……、時折激しくも、雨が降っています。そして湿度が高いです。こんな湿度が高いのは久しぶりですねえ。気温が低いのに、湿度、むしむしぃ。



さて、また航路(2013年7月20,21日 八戸ー苫小牧間航路)探鳥のお話に戻りますが、今回はこのハイイロミズナギドリがコンスタントに見られました。
と、言っても、八戸側よりも、苫小牧側で見られたほうが多かったかな。

【ハイイロミズナギドリ】
DSC_9916
ハイイロミズナギドリ posted by (C)鳥見子

ハイイロミズナギドリの群れ
ハイイロミズナギドリの群れ posted by (C)鳥見子


ハシボソミズナギドリと、このハイイロミズナギドリはとても良く似ていますが、翼下面=下雨覆の白さがハイイロミズナギドリのほうが、ハシボソミズナギドリより白く見えます。
が、これも、ハシボソミズナギドリにも、翼下面が白っぽく見える個体もいるので、要注意です。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ハイイロミズナギドリと、ハイイロミズナギドリの判別ポイント

今日はハイイロミズナギドリを…。

【ハイイロミズナギドリ】(ミズナギドリ目ミズナギドリ科 灰色水薙鳥 【Puffinusgriseus】 Sooty Shearwater
ハイイロミズナギドリ


今回2010年11月20日、21日の苫小牧~八戸航路では、このハイイロミズナギドリが良く見られました。
(他、アカアシミズナギドリ、ハイイロミズナギドリ、オオミズナギドリ、ミナミオナガミズナギドリも見られましたが、アカアシミズナギドリは総数10程、ハイイロミズナギドリも同じく10程、オオミズナギドリは50程だったかな?と、少なく、圧倒的にハイイロミズナギドリとミナミオナガミズナギドリが多かったです。)



さて、
ハイイロミズナギドリと、ハイイロミズナギドリの2種は、とてもとても良く似ています。
この2種(ハイイロミズナギドリと、ハイイロミズナギドリ)の判別ポイントは以下です。

まず、図鑑には、ハシボソミズナギドリとハイイロミズナギドリならば翼下面が、ハイイロミズナギドリが白っぽいと書かれていますが、これは個体差があって区別しにくいです。

それよりは、、ハイイロミズナギドリとハイイロミズナギドリの大きい違いは、額の形状が違うこと、つまり、ハシボソは額が突き出ており,ハイイロは滑らかなことが、決め手です。

【ハシボソミズナギドリ】(ミズナギドリ目ミズナギドリ科 嘴細水薙鳥 Short-tailed Shearwater 【Puffinustenuirostris】
ハシボソミズナギドリ

ね、ハイイロミズナギドリって、でこっぱちでしょ?



またハイイロミズナギドリは、ははばたく回数が多いこと,ハシボソミズナギドリは,はばたきを止めている時間が長いことが、2種の判別ポイントです

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード