コハクチョウの群れ

昨日は結局夜から雨になり、一旦朝までに上がったのですが、また朝は雨が降り出したり、上がったりと、コロコロお天気が変わります。
あ、すごーい青空になってきました。これからこの青空、続くのならいいなあ。

でもね、今日の夜は寒気が入り、平地でも積雪があるかもしれないとテレビ。いよいよ冬将軍上陸ですかね。ふーう



でも、もうそんな季節でしょう。ツグミのシーズン初認情報も入ってきましたし、こんな子たち「コハクチョウ」も渡来してるんですもの、冬将軍お話が来たっておかしくありませんわよね。

【コハクチョウの群れ】
コハクチョウの群れ


この撮影は、10月7日でしたが、前日の6日にはこの地に5羽ほどだったコハクチョウ。次の日には増えていました。
ハシビロガモも、オナガガモもいたし、コガモも他の場所ですがぐっと増えていたし、宮島沼はガン集結がすごいというし、鳥見子も早く風邪を良くして、胆振管内のタカ渡りや、ガンもご案内したいものです。

あ、鳥見子の風邪、ご心配いただき、すみません。やっと咳が取れてきて、昨晩は一度も咳をしないで眠れました。今週末には復活!といきたいところです。養生頑張ります。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コハクチョウとカワアイサ群れ

昨日、申し訳ないのですが、お客様の安全を考え、ご案内を中止させていただきました。案内中止、正解でした。今朝の札幌は、昨日1日大量に降り続いた雪で、積雪40センチ以上になっています。ですが、今は、極めて穏やかな空。雪は全く降っていません。
でもね、これだけでは終わらず、今晩から数年に一度の猛吹雪になるということです。
今日のうちに、お買い物などすませ、明日、明後日の、その数年に一度の猛吹雪に備えてくださいと、テレビ。

さて、そんな中でしたが、昨日は一人でちょっと近場だけを歩いてきました。
猛吹雪でしたが、地面をみると、白樺の種がたくさんたくさん地面に落ちていて、ベニヒワが最初は50ほどの群れ…、2回目は300以上の群れで飛翔。今年はやっぱりベニヒワの当たり年です。

シーズン中盤ともなれば、今は、上のほうにいるばかりの彼らも、餌が下にしかなくなるので、下がってくると思います。それまでは彼らの数の推移を見ていましょう。



しかし、太平洋側って、どうしてこうも日本海側と気候が違うのでしょう。この積雪の無し様、同じ北海道とは思えない。

【コハクチョウとカワアイサの群れ】
コハクチョウと、カワアイサ雌
コハクチョウと、カワアイサ雌 posted by (C)鳥見子


コハクチョウも太平洋側だと川面も凍らず空いていますから、餌取りも札幌で越冬するよりずっと楽。それがわかっているから札幌で越冬しないのでしょう。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コハクチョウ、マガン、飛翔

昨日の札幌は、気温はあがったものの、風が大変強く、また霧もおりている時もあり、体感気温的にはとても寒い一日でした。
でも、1週間前は74センチもあった札幌の積雪、昨日までに43センチと、この1週間でグググっと減りました。
春ですものね。

今日も気温は二桁になり6日間連続2桁気温が3月にあるのは、観察史上初とか。
でも、明日は雪だそうです。
ま、でも、春は近い。

だって、こんな子も鳥見子の頭の上を飛んでましたから、一昨日ですけど。

【渡って行くコハクチョウ】
コハクチョウ 飛翔
コハクチョウ 飛翔 posted by (C)鳥見子



【渡って行くマガン】
マガン 飛翔
マガン 飛翔 posted by (C)鳥見子

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コハクチョウ

寒い寒い一日になった、札幌。今日はコハクチョウです。



コハクチョウって、オオハクチョウとそっくりだなあーでしょ?
明日、きちんと違いを細かく書きますね。お楽しみに。

しかし、札幌、本格的に寒い。まいったなあー。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コハクチョウと、オオハクチョウの越冬地などの違い

一昨日、昨日と、オオハクチョウを御紹介しましたが、今日はコハクチョウ。

【コハクチョウ】
コハクチョウ


コハクチョウとオオハクチョウの違いは、体の大きさと、首の長さ、嘴に入った黄色部分の大きさの違いが上げられます。



嘴に入った黄色部分の違い…、昨日のオオハクチョウ画像と、今日のコハクチョウ画像で比べて頂けますか?
【オオハクチョウ】
オオハクチョウ


ね、明らかに、オオハクチョウの嘴の黄色部分、←みたいに長いでしょ?



また、オオハクチョウのほうが明らかに首が長い…。
【オオハクチョウ】


だから、鳥見子、コハクチョウの首の長さと体って、まさに数字の2スタイルに思えます。
嘴の黄色部分を見なくても、首が太くて短いっていうイメージのコハクチョウと言って良いでしょうか。



また、コハクチョウは、オオハクチョウが12キロくらいに比べ、8キロ程とやはり体重も小型。
そのせいでしょうか、コハクチョウとオオハクチョウならば、
コハクチョウのほうがより、オオハクチョウよりも北で繁殖し、より南(静岡、愛知県、滋賀県琵琶湖など)で越冬する。
これも、体重がオオハクチョウよりも軽いため、より長距離の移動が可能であるがゆえではないか…と言われていますよ。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード