コミミズク

昨日は、ぴっかり晴れて、一日中、良いお天気になりました。
けれど、寒い一日、マイナス気温。最高気温でマイナス2度ですから。
けれど、どうしても出なければならない用事があり、昼2時過ぎ、幹線道路だけ走りました。

で、やっぱりねぇ〜〜。そう思ったから昼2時過ぎに出たのに、それでもあっちこっちで車事故多発。
鳥見子、冬道運転は慣れているつもりですが、それでも何度か横断歩道前で停められず、ABSのお世話になりました。
ABSかかるたび、ドッキドキ。心臓ばっくばく。


北海道ね、今が、一番滑る時期なんですよ。プラス1度と、0度と、マイナス1度くらいのあたり。
融けて凍って、それがまた融けて凍って、を繰り返して、路面はツルッツル。慣れてたって、停めるつもりで、ちゃんと走ってたって、停まるもんじゃあー、ございません。

すーーーーーーーーーーーーーーーーっ、がっつーん。ああ、嫌だ嫌だ。そうなっては大変です。
カーブを切るときも、そーっと、ゆっくり、ゆっくり、急ハンドル無し!!。移動はいつもの3倍時間がかかりますが、事故より良いです。

車に乗らないのが一番ですが、仕事柄、そうもいかず。



さて、写真整理続き、また見つけました、このコ。「コミミズク」です。
今年も、胆振管内や、郊外でのこのコ、コミミズクの観察話が、先月中頃から流れてきています。


さ、鳥見子、今年も会えるかな、このコに。会いたいな。
【コミミズク飛翔】
コミミズク飛翔2




コミミズク飛翔


場所がわからないように、がっつりトリミングしてますので、ぼっけぼけですが、すみません。

コミミズクはとても人気の野鳥。出てる場所がわかると、その場所に入って行く人も出ますから、いつも以上に、出た場所は、ひ、み、つ、♪
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コミミズクもやってきた(2015年12月11日シーズン初認)

今朝の札幌、薄日も差し、久しぶりに穏やかな日になりました。


さて、この金曜2015年12月11日、前日の大荒れの後、まだ吹雪いている最中に出かけたご褒美は、昨日アップのハヤブサ雌雄と、この子=「コミミズク」でした。

はい、2015年12月11日、鳥見子は、石狩管内でコミミズクをシーズン初認しましたですよ。



えっちら、おっちら、どっこらしょと、苦労して苦労して、ツボ足で某所を歩いていたら、この子が突然足元から飛び出したのです。
このご褒美にはびっくりしましたぁー。
って、鳥見子以上にこの子のほうがびっくりでしたでしょう。ごめんね。

【石狩管内で、今シーズン、シーズン初認したコミミズク】
雪原を飛ぶコミミズク


どうも吹雪を避けて、そして日中12時半過ぎです。夕方から活動する彼ら、多分それまでの時間と、雪の窪みに隠れて休んでいたようです。

鳥見子、実は、数年前もこの地近くでコミミズクを見ました。
コミミズクは、多分北海道に来る個体数はそう多くないし、積雪多になる札幌で越冬はしないと思うので、この子も移動途中の個体でしょうけれど、コミミズクって、この石狩管内にもやっぱり来てるんですね。

吹雪のあとって、吹雪の最中って、面白いものがたくさん見れる。再実感です。
けれど、冬の北海道ですからね。運転は慎重に、行動も慎重にしないと、危険もいっぱいです。
それも再実感しました。

それと、鳥見子がこの子を観察した2時間半後ぐらいに、同じく石狩管内、鳥見子が見た場所より数キロ離れた場所で、☆様がノスリに追いかけられるコミミズクを見たそうです。(☆様、いつも情報ありがとうございます。)土曜昨日は大変な強風でしたから、前日に数羽コミミズクが渡ってきた?。もしかして同個体?
わかりませんがね。

札幌近郊では越冬個体がほとんどいないコミミズクをシーズン初認したっていう話でした。
でも、不思議なことが一つ。
本州ではもう11月にはコミミズクが渡ってきていて、もう定着しているとか。
北海道にはもっと早く来てるはずなのに、見れないだけなんだろうかなあ。




再度書きますが、これは石狩管内ででの観察です。コミミズクが冬季くることで有名な地での撮影ではありません。あの地は積雪がなければコミミズクはまだ降りないでしょう。
あちらはまだ雪がなさそうですから、例年のお正月のコミミズク祭り開催は遅れる?

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ハシブトガラスに追いかけられるコミミズク

節分の今日の札幌、天気予報では曇とのことでしたが、断続的に牡丹雪が降っています。大きい雪。
今年の札幌は例年よりもとても暖かで、プラス気温ばかり続いていますから、牡丹雪も解ります。



さて、昨日は某所のコミミズク飛翔でしたが、今日もコミミズク飛翔写真。
これ、見てくださいませな。なんか、コミミズク、飛翔しながら、採餌のために下むいてるんじゃなくて、何かを見てるでしょ?

【飛翔しながら、周りを見るコミミズク】
飛翔しながら、周りを見ているコミミズク
飛翔しながら、周りを見ているコミミズク posted by (C)鳥見子




コミミズクが何を見ているかというとぉ…、画像は暗いので良くないのですが、ハシブトガラスに追いかけられてますでしょ?、コミミズク。

【カラスに追いかけられるコミミズク】
ハシブトガラスに追いかけられるコミミズク
ハシブトガラスに追いかけられるコミミズク posted by (C)鳥見子


カラス達も執拗ですからねぇ。別に彼らの巣が近くにあるわけでもないし、コミミズクが飛翔しても、なんの影響もないと思うのですが、カラス達にこんなに追いかけられて、コミミズクも飛びながら警戒してたら、餌探しも大変でしょうに…。



本州皆様のところとは違い、節分には落花生を殻付きのまま使う札幌。しかし、節分だというのに、暦の上では季節を分ける時期だというのに、この吹雪。なんとかしてくれーい。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コミミズク 飛翔

昨日の今日の札幌、大嵐でした。一年に数回ある大荒れの日。今日もそれに続き、大荒れの天気が続くようです。強い風も伴ってるから、タチの悪いお天気だわぁ。

(今日から台湾のお客様は、某所へスキーへ2泊3日の旅へ出られました。また雪まつりに帰ってらっしゃいます)



さて、今日も2週間ほど前に撮影ですが、この撮影の地も落ち着いたようなので、UPさせていただきます。

【飛翔するコミミズク】
コミミズク 飛翔
コミミズク 飛翔 posted by (C)鳥見子


コミミズクは12月中過ぎから1月いっぱいまでに胆振管内では観察する機会がある野鳥ですが、今シーズン、この地での渡来数は多くなかった感じです。

今年、道東地方では、2桁のコミミズク飛翔の日もあったと聞きますが、胆振管内では少なく感じましたねぇ。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

餌を食べ終わったコミミズク

今朝の札幌は快晴。でも、そのお陰で寒い寒い。
これから、また雪がじゃんじゃか降るというのです。なんでも20センチはまた降るとか。

【コミミズクの耳羽(じう)】
正面顔のコミミズク
正面顔のコミミズク posted by (C)鳥見子

見ていると、コミミズクは興奮したのか、緊張したのか、耳羽(じう)を立てました。

コミミズクは、頭の上に耳のような羽が生えています。羽であって、実際の耳ではないのです。この羽は「耳羽」(じう) と言います。

この耳羽のあるフクロウの仲間が一般的に「ミミズク」と呼ばれてるんですよ。
で、コミミズクは、耳羽が小さいことが名前の由来になっているんです。



で、コミミズク、残りの餌をちゃんと食べられるように、鳥見子、そっと離れて、遠くから撮影せず見守りましたら、残りの餌を持って、猛吹雪の中、飛翔していきました。

なので、彼が飛び立ったあとを見てみると、こんなふうに…。
【コミミズク 餌を取ったあと】
コミミズクが餌を取った場所
コミミズクが餌を取った場所 posted by (C)鳥見子




この子は今頃どうしてるでしょうねえー。
皆様、良いクリスマスを♪

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード