カモメ類数千単位

まだまだ我が家にはアトリが10羽以上、途切れることなくきています。
今朝はおかしい天気で、時折激しい雪、それが大粒の雨になったり、風も強いし。



さて、昨日は一昨日行った場所とは違う箇所へ行ってみたのですが、まだ除雪も雪解けも進んでおらず、入ることは叶いませんでした。
仕方なく、一昨日と同じ場所へ行ったのですが、一昨日に続き、こんな風景が広がっていました。

カモメ類数千単位です。
多分移動中なんでしょうね。スコープで見た限り、「カモメ」でないかと思うのですが、違っていたらすみません。
近くに行きたくても、人がここは行けない場所でして、f^_^;)。


【カモメ類数千単位】
カモメ数千単位の群れ
カモメ数千単位の群れ posted by (C)鳥見子


これにオジロワシが突っ込んだりして、興味深かったです。




そうそう、興味深かったといえば、昨日、翅が欠損したクジャクチョウをアップしましたけれど、同じ場所で、同じ個体と思われるクジャクチョウを昨日確認しました。蝶々達も、まだ越冬場所からそう離れていない場所にしか体力がなくて?行けないのかなーと、思いました。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ウミネコも戻ってきました

昨日は1日雪が降ったり、雨が降ったりと出かけられ無い日になりました。夜のうちに1センチほどの積雪もあり、夜中に外に出てみると、つるっつるの路面。怖かったのですが、今朝は快晴。そのツルツル路面も溶けています。さ、良い三連休最終日か?



さて、北海道札幌近郊では、ウミネコ、オオセグロカモメが繁殖していますが、通年通して見れるのはオオセグロカモメだけ。はい、ウミネコは厳冬期にはいません。で、ウミネコは春の使者になります。

金曜3月18日、もう渡来していると知っていたのですが、鳥見子も確認してきました。
繁殖羽にすっかりなっているウミネコ(大きく、足がピンクなのは、オオセグロカモメです)が、何か落ちているものを一生懸命食べているのを見ることができました。

【ウミネコ】
ウミネコも戻ってきました


小樽に住んでいた時は、ウミネコの渡来日を毎年データとして手帳につけていたのですが、札幌近郊に帰ってきてからは、きちんとしたデータを取っていませんけれど、例年より、やや早い渡来かな?。(違っていたらごめんなさい。)
(過去の鳥見子が持つ小樽データでは、3月21日前後となっているもので…。)

目の縁ももう赤みを帯び、嘴の色もしっかりとし、すっかり繁殖羽になっているウミネコ。名前の由来である、猫みたいな声=みゃー、みゃー、と盛んに鳴いてもおりました。

昨日からぐっと寒さが戻りましたが、確実に春は来ています。



さ、いやなことがあったけど、頑張ろ。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ウミネコの繁殖地

札幌近郊でカモメ類は、オオセグロカモメと、ウミネコが繁殖しています。

特にオオセグロカモメは、札幌の中心街薄野などでも繁殖例が増えて、困っております。
彼らは本来はこういう断崖絶壁に巣。
が、ビルの屋上に最近は営巣。彼らにとって都会のビルディング群は、断崖絶壁に見えるのでしょう。

【ウミネコの繁殖地】
ウミネコなどの繁殖地


クリックすると拡大してご覧頂けますが、白くなっている部分は、ウミネコ達の糞のあと。
その近くに巣がある様子が見えますでしょうか?
本来は、こういう場所で、ウミネコとオオセグロカモメは繁殖のはずなのに…。

この近くでは、実はケイマフリも繁殖してるんですよ。
あ、場所ですか?。ごめんなさーい。御案内した時にでも、それは…♪

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード