バン 二番子巣立ち

さっぽろは今朝も風も無く、晴れて、いい感じのスタートになりました。
昨日も曇り予報でしたが、結局は晴れて、暑くなり、最高気温も28度近く。今日も昨日よりは1度最高気温が下がり、27度との予報です。27度って、札幌的には暑そうです。



さて、昨日も、3箇所を見てきましたが、その一箇所では、バンが二番子を出していました。

【巣立った二番子雛と、バンの親鳥】
バン 二番子巣立ち



バン 二番子巣立ち2



バン 二番子巣立ち3


越冬個体が増えてきたカイツブリも時に二番子を育てる札幌近郊ですが、越冬個体がいないバンも二番子を育てるんですね。



さて、今、気をつけて見ている野鳥にハリオアマツバメがいます。
昨日も、鳥見子が見た時、数回は総数100以上。それに少数のアマツバメや、ごくごく少数のイワツバメも混じり、飛翔していました。
今までよりも、ハリオアマツバメ、多くなりましたねぇ。

つまりハリオアマツバメも巣立ちした?と思ったのですが、文献を見ると北海道の十勝地方では6月中旬から下旬。
抱卵日数は20日程、孵化し、巣立ちするまでの育雛期間は45日から50日程と長く、8月下旬に巣立ちとありましたので、まだなんでしょう。

ただ、このように数が増えたということは、抱卵が終わり、両親とも巣から離れた=以前より飛ぶ数が倍になる…、ということなのか?


また、ハリオアマツバメの雌雄判別ポイントは、背面の光沢や腋羽の白斑の大きさが僅かだけれど違うそうです。

そして、ハリオアマツバメの巣立ち雛か、成鳥かの判別ポイントは、
ハリオアマツバメの巣立ち雛は、大きい巣内で羽ばたき練習を繰り返しているからか、巣立った直後から飛行は完璧だそうで、群れの中に巣立ち間もない個体を識別するのは、肉眼では不可能。
ただ、撮影すると、幼鳥の初列風切羽が少し短く、つまり飛翔した時に親よりも翼が短く見えるようです。

それと、ヨーロッパのアマツバメの標識調査で見つかった例では、巣立った幼鳥=幼い鳥が、初めての繁殖の為に戻ってくるのは3年から4年後。

うーん、色々調べると想像以上に面白い野鳥ですね。
巣は牧場内とか、巣に巣材を入れないとか、いやーー、うーん、面白い面白い。



上記は、またハリオアマツバメのことを書く時に、また同じことを書くと思いますが、せっかく調べたので、忘れないうちに、書かせて頂きました。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

バンの親 

昨日は1日お天気不安定で、札幌でも午前11時過ぎ、ゲリラ豪雨時間もあり、蒸し暑い日でした。
が、今日は、やっと真夏日11日間連続から解放されそうです。が、昨日同様、お天気不安定ですね。
鳥見子が住むあたりでは10時近くから、大粒の雨がどんどん降り出しました。



さて、暑いから?というわけではないのですが、水辺の野鳥を今年は追っている鳥見子さん。
今日アップはバンの親のほうです。

フトイ(高さ1~2mにもなる大型の多年草。カヤツリグサ科。分布 北海道から九州)に乗って、何をするのかな?と見ておりましたら、そのフトイの種を食べだしました。

【フトイに乗るバン(親)】







バンは雑食性で、人から餌ももらうことも最近増えていますが(憂べきことです)、昆虫、甲殻類、植物の種など、なんでも食べますが、このフトイの種まで食べるんですね。

で、またこれには続きがありまして。それはまた明日。



(相変わらず、鼻水と頭痛が早朝ありますが、多分明後日には復活するよう、頑張ります。来週は某所で講習会もあるし、早くこの鼻声から卒業しないとぉー。ご心配いただき、すみません。皆様も夏風邪は長引きますね。お気をつけくださいませ。)

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

バンの巣立ち雛その後(2017,7/6)

酷い猛暑が2日も続く札幌。今日も厳しい暑さになりそうで、これで3日連続高温日。いやいや…。




実は、まだ風邪がひどく、昨日午後少し良くなったと思って動いたのが敗因か?。今朝はまた熱と、鼻水と、お腹壊し。それこそ、いやはや…。

そんなわけで?2017,7/6撮影のもの「バンの巣立ち雛」です。
数日前から、人が居なくなると、陸に上がって、草原を歩いていたようですが、鳥見子もその様子を、上陸様子を見れました。

【陸に上がったバンの巣立ち雛】
バン 巣立ち雛4


(寝ます)

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

親からトンボの餌を貰うバンの巣立ち雛

早朝は快晴だったのに、7時過ぎからまたどんより曇ってきた札幌。今日は快晴予報なのに…。昨日も午前は晴れだったのに、みるみる曇って鳥見子の住む場所は夕方小雨が降るし、へーんな天気続きです。




さて、昨日に続き、またバン。今日は親子です。
昨日の下画像みたいに大きい子なのに、親から餌もらってますよ。そしてね、餌ね、トンボみたいです。

【親からトンボの餌を貰うバンの巣立ち雛】
親からトンボの餌を貰うバンの巣立ち雛



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

バンの親子 

また一週間が始まりましたね。
が、札幌、またまたお天気あまり良くありません。特に鳥見子が住む地域は、早朝から霧雨で、風も強い。
調子が良くない日が続いているので、今日も自宅待機し、養生することにしますかねぇ。うーむ。
お腹が痛い。頭痛もする。風邪か?



さて、これは(調子が悪いことと、天候が悪いことから)金曜に撮影したものですが、この日は微笑ましいバンの親子を見ることが出来ました。

【親に餌をねだるバンの雛】
バンの親子


巣立ちして1週間くらいでしょうか。もう随分と羽毛も生えてきていますが、自分でも餌を取るのに、親にも盛んにねだっていました。
けれどね、北海道のバンって、本州で見た餌慣れしてるバンより(沖縄では、餌くれーって、近寄ってくるバンにびっくりした鳥見子です)やっぱり本来の修正=用心深くて、人の影でこそこそっと餌をあげたり、出てきたりするので(そらそうだ)、なかなかその餌上げや、様子が見えません。
やっと観れた、撮れた、数枚。



でね、もっとびっくりしたのが、このバン親子、やおら色々したあと、何度も巣に戻るんです。

親は随分と巣を空けて餌取りしているので、二番目繁殖で卵を抱いているのでは無いと判断しましたが、親子で巣に戻り、親は巣立ちしたこんな大きい雛を翼の下に入れたり、雛も親によじ登ったりと、アシの奥でしているその様も微笑ましいものでした。



それと、コムクドリ、昨日2時に最後の子が巣立ち、昨日夕方まではやや近くに親子でおりましたが、今朝にはもう親の声も、巣立ち雛の声も全く聞こえず。
巣立ち前からハシブトガラスが執拗に巣立ち雛を狙っていましたので(そのハシブトガラスも営巣失敗でしょう。もし早く餌をあげねばならない雛がいるならば、時間かけて狙うよりは、手っ取り早く違う餌を持っていくはずなので)、心配していましたが、多分5雛(はい、5雛おりました。)とも無事巣立ったと思います。

それにしても気温も低いし、風も強いし、雨だし、巣立ち雛達もこれはいきなり至難でしょう。頑張れ、コムクドリ巣立ち雛5羽!。来年、帰ってくるんだよ。

先日のテレビで流れていましたが、オオジシギは太平洋をノンストップで5日間ほどで渡るようですね。コムクドリもどうなんだろう?

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード