FC2ブログ

(エゾ)ヒヨドリ

今朝は寒い。そして日中になっても気温上がらず寒い。風も強い。ぷらす雨もパラパラ。いやーな感じだわぁ。



さて、ヒヨドリ(エゾヒヨドリ)、水たまりで水浴びしてました。そこをぱしゃり。
普通、野鳥は、風が強い日、寒い日は水浴びしないんですよ。そらそうですよね。風が強いと体感温度が下がる。寒い日、人だって冷たい水に入りたくない。理屈はわかります。

【(エゾ)ヒヨドリ】
ヒヨドリ
ヒヨドリ posted by (C)鳥見子


ヒヨドリは、日本固有種ではありませんが、ほぼ地域限定種と言っても良い種。
日本列島から朝鮮半島南部にしかいなく、海外のバードウオッシャーからは珍しい種になるんですよ。

北海道のヒヨドリは、亜種エゾヒヨドリになりますが、秋、海を渡ってどこまでいくのやら。
渡るんだから、どこにいても良さそうなんですけどねぇ。ほぼ日本固有種。不思議です。

また、ヒヨドリは、抱卵は雌だけでしますが、雌雄で餌運びはしますよ。留鳥や、うまく行ったなところでは、一年に2、3回繁殖もすることがあります。

なかなか友情?に厚く、仲間が怪我したりすると、その仲間を置いて行かなくて待ってたり、人の手からバナナをもらったりと、なかなかの奴、ヒヨドリ。
スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ヒヨドリの樹液飲み

今朝も風は強いものの、晴れて、素敵なスタートになりました。



昨日は、何年ぶりみたいに、物凄く久しぶりに某所へ…。
え?、何か目当てがあったの???。はいはい、ええ♪
で、その目的のものには、ばっちり♪

その話はまた次にしますが、その場所で逃げないヒヨドリ達が樹液を盛んに飲んでいる様子が見れました。

【樹液を飲むヒヨドリ】
ヒヨドリ

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ヒヨドリの渡り

今日の札幌、朝から冷たい雨になりました。冷たいと申しましたが、今日の気温は11月下旬から12月上旬の気温ということで、予想最高気温も5度。積もった雪もどんどん融けております。
これが、凍ると怖いです。さ、さっさとパトロール…したいが、うーん、雨止まないとでかけられない。



昨日、北海道から渡り、下北半島からより南下するのに集まったヒヨドリたちのことを、テレビでやっておりましたが、下北半島から10月下旬、多い時で500羽ほどのヒヨドリが集結し、渡っていくとか…。

こちらでのヒヨドリの渡りよりも若干遅いし、群れの数も少ない。某所から南に渡っていくヒヨドリ、一度に3000羽以上とかですからね。
それが、下北半島に渡っているうつに少なくなるのでしょう。よりばらけるのでしょう。

【岩に集結したヒヨドリ群れ】
岩に集まるヒヨドリたち


陸伝いに渡っていけば、楽チンかと思うのですが、テレビで見ていると、下北半島のヒヨドリ群れも、海に向かって飛び出していきました。
海、もう止まれる場所がない、でも海。陸伝いに渡って行くよりも、やっぱり天敵に襲われる確率は低くなるから、海を渡っていくのでしょうね。

この時も、この岩に何度も群れが集まって、海に飛び出しそうにしたり、戻ったりを繰り返していました。
お昼近い時間でしたから、もうこの群れは海をその日渡らなかったと思うのですが、素晴らしい光景に出くわしました。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ヒヨドリの渡り

今朝は、薄曇りの朝になりました。風も無くて、いい感じですが、昼まで時々パラパラと雨がある予報。
それにしても、なんとかしないとなあー、この風邪。家人に、ちょっとでも調子良くなると、直ぐいい気になって出歩くからだ!と、言われておりますが、はい、その通りでごじゃりまする。とほほ、とほほ。




さて、ヒヨドリの群れの渡り。他の小鳥たちの渡りを見ても、ですが、気分を高めたり、興奮してるのでしょう。
望遠で撮影すると、口をあけて騒いでいるものの姿も。

ええ、見ていても、もともとヒヨドリは騒がしい子たちですけれど、もっと喧騒になり、海に飛び出して行きます。

それは時に、天敵のハヤブサの格好の餌食になるのですが…。

その天敵ハヤブサがいない時などは、
海岸近くの崖?に集まったな、と思ったら、一気に海に蛇のようにうねりながら降りて行き、
その群れは太くなったり、細くなったり、右に行ったり、左に行ったり、奥に行ったりと、その様を、「蛇ニョロ」とおっしゃる方も…。
(ハヤブサがいる場合は、一気に海に飛び出さないで、様子を見ながら、海に出たり、戻ったりを、するようです。)

【ヒヨドリの渡り】
ヒヨドリの群れ



最終的に、見ていると、どの群れも、鳥見子から見て、左手に飛んでいき、ある山を目指してるんだろうなーあ、あの地点を目指しているんだろうなーあ、と思いました。

このヒヨドリの渡りですが、鳥見子、素人ですけれど、ある法則が数個ある感じがします。
お天気とか、風向きとか、ある時期、ある時間だけ、とか…。
まあ、でも、その人予想が当たらなくて、苦労するわけですが、この日は万単位の群れが出て行ったようで、
鳥見子って、すぐ何にでも感動するから、涙出てしまって見えないという大失態。

ま、また来年があるさ?、ですかね。



野生相手ですから、外れるかも?、ですが、ご案内しますので、一緒に涙、如何でしょうか?

しかしさあー、エゾヒヨドリって亜種なのに、あなた達、最終的に何処に行くわけ???
ブラキストン線っていうものはないわけ?

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ヒヨドリの渡り

昨晩の札幌、また雨になり、初雪とはならず、でした。

道内で最も遅い初雪記録は、132年前の1886年11月18日。
が、昨日で1990年の11月10日の2番目に遅い記録を越えましたから、これで2番目に遅い初雪記録更新=28年ぶりに記録更新となります。

けれど、この遅い初雪記録も、13日に寒気が入りますので、その132年前の1886年11/18の記録は更新しないのでは?、とのことのこと。
今年の冬は暖冬では?との話もありますし、さてさて、どうなるやら。
暖かいのは、暖房費高騰のおり、助かりますけれど、昨日も書きましたが、異常なのは困ります。



さて、クイズ答えを…。
この3日間アップしたいたのは、ヒヨドリが群れで海を渡る様子でした。

【ヒヨドリの群れ】

ヒヨドリの群れ
ヒヨドリの群れ posted by (C)鳥見子


で、見ていると、海岸近くの山沿いが賑やかなヒヨドリ声に満ち溢れたな…と思ったら、一気にこんな帯状になって、崖沿いにおりてきました。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード