(シマ)エナガ幼鳥

夜のうちは薄曇りで、今日のお天気はどうなるか?、でしたが、8時過ぎからみるみる晴れてきて、しかも結構良い風が吹き、札幌らしい夏のお天気になった札幌です。




さて、人的には夏真っ盛りの季節と思いがちですが、トウネン情報なども入り、野鳥たち的には繁殖も終わって秋近し?。幼鳥も飛び交う季節になりました。これはシマエナガの幼鳥です。

【シマエナガ 幼鳥】
(シマ)エナガ 幼鳥


目の回りに黒があり、まるで本州のエナガにそっくりですが、亜種返りだったっけなーあ、名前をど忘れしてしまいましたが、シマエナガって本州のエナガと違うじゃないですか?
それの基種に幼鳥は似るという法則があるんですよ。うーん、名前ど忘れしたあ。なんたっけえー??
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

夏の(シマ)エナガ

昨日は激しい雨がほぼ1日降り続き、夕方からはやっとその雨がやんだ札幌でしたが、その余波を引きずっているのでしょうか。鳥見子が住むあたりの札幌は、霧雨状態。これから晴れるっていう話なんですけど、ほんとかぁ??、です。



さて、一昨日、久しぶりに(シマ)エナガに会うことが出来ました。

【(シマ)エナガ】
エナガ


留鳥ですから、繁殖も早いエナガたち。もうエナガの巣立ち雛もちらほら見かけるようになりましたが、この子は成鳥です。
エナガはヘルパーといって、繁殖に参加できなかった前年の生まれっこたちが、親の子育てを手伝うことなどが知られていますが、この子はどんな子なんでしょう。



また明日、明後日は、雨というので、霧雨でも今日のうちに、某所のバンとカイツブリの繁殖状況を見てこなくては。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

シマエナガに会うには…

今朝もマヒワの声が聞こえる中、硬い雪面を歩いてきました。
はい、今朝は、曇り空で、寒い一週間のスタートになりました。
この土日月の三連休がほぼ快晴で、春爛漫だったのですが、春は足踏み状態。



さて、昨朝歩いていましたら、見知らぬご年配の方より声をかけられました。
シマエナガを探してずっとこの数週間歩いているのですが、見つけられません。どこに行けばシマエナガに出会えるのか、教えていただけませんか?、とのことでした。

わたしは、お返事で、
1、シマエナガは個体数が少ないので、なかなか出会えないこと
2、ただ、生息地は限られているわけではないこと
3、なかなか出会えない野鳥でも、冬季や、樹液を飲む今月末までが会える可能性が高いこと
4、カラ類のトップを切って、飛んでくるので、シマエナガの声が聞こえたら立ち止まって待つこと
5、他の野鳥にもいえることだが、シマエナガの声を覚えること
(6、樹液が出ている場所を見つけること)

特に5番=シマエナガの声を覚えましょう、と
3番=冬季や、今時期が会うポイントなので、頑張ってくださいませ、と力説?して、お別れいたしました。

【(一昨日撮影)シマエナガ】
シマエナガ


今年になり、今まで野鳥に興味がなかったけれど、テレビでシマエナガの特集を見てから、是非会いたくなって…とか、ネットで話題になってるシマエナガってどこにいるの?とか、目茶目茶ご質問を歩いていると受けることが多くなりました。

テレビ恐るべし、ネット恐るべしです。

そうですよねー、可愛いですもんね、シマエナガ。
わたしはこの一週間毎日シマエナガに出会えていますから、皆様も会えますよーお。

あ、あと、樹液が出ている場所を見つけるのも、ポイントですからね。皆様も会えますように。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

シマエナガ

今朝の札幌は薄曇り。昨日よりは風が強いので、体感的には寒く感じますね。



さて、最近、そういう環境のところを歩いているからでしょう、会うのに苦労する野鳥「シマエナガ」に、お陰様で毎日出会えています。

そんな彼ら。もう彼らも2羽づつで行動しているようで、ペアなのだと思います。
時折追いかけっこなどして、見ていて微笑ましい。

【シマエナガ】
(シマ)エナガ


この時は、高い雪山に登っていた時なので、高い木なのですが、目の前にシマエナガが来てくれてう、心ほっこり。
森の妖精シマエナガに会うと、やっぱり嬉しくなります。



さて、心配していた怪我コオリガモ雄。昨日その場所に行きましたら、居ません。無事渡去なら良いとも思えず(足をなんとかしてあげたかったから)ですが、無事にともかく居てくれたらと思っています。
また見に行ってみます。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

樹液を飲むシマエナガ

昨夕は、けっこうな吹雪になり、やっぱり春は遠いのね!と思いましたが、今朝も昨日に続き暖かく、昨日あった積雪4センチ?ほども、今日中に融けてしまいそう??

ただ、道は朝からべちゃべちゃ、日陰の場所はつるっつる。明日は雨との予報も出ているくらいですから、ますます暖かくなるのでしょう。
これは、運転は泥はね、滑り、を気をつけねば。



さて、昨日、空中に浮かぶ?(あはは)シマエナガをアップしましたが、それにはある理由が。
その理由は、はい、以下です。

【春 樹液、雪解け水を出す木】
春の樹液
春の樹液 posted by (C)鳥見子


はい、春ならではの光景=樹液や、雪解け水を、滴らせる木。
これが目当てにシマエナガが集まるのが、今時期ならではのことなんです。





【樹液、雪解け水?を飲む シマエナガ】
樹液を飲むシマエナガ


この春ならではの光景=樹液、雪解け水を飲むために、シマエナガは、ここでホバリングしたり、飛びついたりして、必死に、それを飲んでいます。

そうですよね、厳冬期には樹液も出ないし、雪解けの水も無い。そして、樹液=高カロリーなんでしょう。

ええ。
この樹液や、雪解け水、日中の気温がプラスになる時にしか見れない光景。
つまり、今ならではの光景なんですが、じゃあ、どこの森林ででも、この風景が展開されている…と思わないでくださいませ。

鳥見子が、この風景を見たことがあるのは、ある森と、ある森くらいで、森さえあれば…というわけではないのです。
しかも、鳥見子が撮影したこの場所は、特に特に、頻繁に野鳥たちが来て、他の場所にはない光景が展開されていました。

まあ、それも日によって、野鳥たちがここに訪れる頻度は変わるのですが、多く来る日に当たれば、皆様ご存知=写真が下手な、しかも撮ること=証拠と思っている鳥見子でも、浮かぶシマエナガが撮影できる、というわけ。


でも、この風景も、今月いっぱいかなーあ。3月上旬までかな?。
樹液って、いつまでこんなに出すんだろうか?
そして、札幌、今年は季節2週間ほど先取り?の感がしますから、この動向も見えないです。



それと、一昨日、札幌近郊の漁港へ寄ってみましたら、カモメの仲間が数千単位で休んでおりました。風もそう強くない日でしたから、多分渡り途中の個体たちだったのだと思います。その光景はまた…。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード