コクマルガラス幼鳥

昨日同様ピッカリ晴れて、今日もいい陽気になりそうです。
梅に続き、札幌にも一部桜がやってきてます、♪。

ただねーえー、心配なことが。朝のパトロール、3日前からマヒワ祭り(マヒワが白樺やドロノキに群れでついて採餌している。でも、今日はぐっとそれが減りました)が続き、昨日からヒガラ祭り、ツグミ祭りが続いていますが、それ以外は少ない。

昨日シーズン初認したエゾムシクイも今日は一回も鳴かず…。
種はそこそこ確認できても、数がなにしろ少ないのです。なんの影響なのか、これから増えるのか??

そして、センダイムシクイが来ない。コムクドリが来ない。夏鳥渡来早いものと、遅れているものとがあるようにも感じます。



さて、引っ張った割にぼけぼけ画像なんですが、コクマルガラス幼鳥です。
画像に首付近と、背中などが、薄い茶色なのが見てとれますでしょうか?

【コクマルガラス幼鳥】
コクマルガラス幼鳥
コクマルガラス幼鳥 posted by (C)鳥見子



ミヤマガラスの中のコクマルガラス幼鳥(左下)
ミヤマガラスの中のコクマルガラス幼鳥(左下) posted by (C)鳥見子


鳥見子、今、幼鳥体色の子がいるんだ、が、ちょっと意外でした。
野鳥は大きい体のものほど、成鳥になるのに時間がかかりますが、コクマルガラスは、生まれた次の年にはもう幼鳥体色ではなくなっているものと、思っていましたが、やはり大きい野鳥の一種のコクマルガラス。成鳥になるまで、ちょっと時間がかかるんでしょう。




と、書いたら、今朝8時50分、コムクドリ雄シーズン初認。よかったあー!
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

鵡川のコクマルガラス

節分の今日、今朝の札幌は暖かく、時折小雪が降るものの、この様子では日中は穏やかなお天気そうです。が、石狩方面を見ると真っ黒い雲。夜からまたどかどか雪が降るのかしら。いやですね。

でも、さっぽろの1番の観光資源、さっぽろ雪祭りが5日から開催されますので、あまり暖気が続くと折角の雪像が心配になりますが…。



さて、一週間程前、鵡川に参りましたら、総数200以上のミヤマガラス群れが何個か…。その中に、コクマルガラスが2、混じっていました。ただ、カラスです。近くの寄せてくれません。そして、畑=人の所有地です。入るわけにも参りません。なので、解りづらい画像ですが、赤丸で囲んだ部分がコクマルガラスです。
他のミヤマガラスよりも、一回り小さいこと、遠目でもお解りになるでしょうか?

【ミヤマガラス群れの中のコクマルガラス】
ミヤマガラスの中のコクマルガラス1
ミヤマガラスの中のコクマルガラス1 posted by (C)鳥見子


ミヤマガラスの中のコクマルガラス2(赤丸で囲んだ子)
ミヤマガラスの中のコクマルガラス2(赤丸で囲んだ子) posted by (C)鳥見子


真ん中よりもやや上部の、土手の上に居る子です。
コクマルガラスは、真っ黒い型と、淡色型が居ますが、淡色型は少ないので、今回も居ないようでした。

鵡川に行かれたら、皆様、コクマルガラス、探してみて下さいね。でも、畑には無断で入らないこと。お願いしたく存じます。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コクマルガラス 淡色型

連日寒い寒いを連呼している鳥見子ですが、今日は5センチ程の雪が朝までに積もり、寒いのでフワフワのパウダースノー。歩くと、きゅっ、きゅっと、寒い時ならではの足音がします。



連日、コクマルガラスと、ミヤマガラスの話をしていますけれど、今日はコクマルガラスの淡色型を。
ええ、コクマルガラスは、淡色型と、黒色型と、2種類おりまする。

【コクマルガラス 淡色型】


実は鳥見子、コクマルガラスをじっくり見たのは今回が初。ちらっとは見ていたことはあるのですが…。
でも、ミヤマガラスもコクマルガラスももの凄く用心深い。
カラスの仲間は皆用心深い傾向がありますが、スペシャルに用心深いかも。
これも、車から、やっと撮影したものです。

コクマルガラスの黒色型と比べ、こういう体色だと解りやすいですよね。



それと、長らくお待たせを♪
某所の1/13の確認種は
トビ、オオセグロカモメ、オジロワシ、シロカモメ、ワシカモメ、オオセグロカモメ×ワシカモメ交雑、セグロカモメ、クロガモ、シノリガモ、スズガモ、ヒドリガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、エゾフクロウ、オオアカゲラ、アカゲラ、コゲラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ツグミ、カケス、カササギ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

遅い時間に到着したためか、某所でツメナガセキレイと、ハマシギ、アメリカヒドリ、オカヨシガモは確認出来ず。残念。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コクマルガラス(黒色型)と、ミヤマガラスを並べてみると

今日の札幌は、また晴れています。が、晴れると放射冷却で、寒い寒い。
路面も昨日少し融けたので、かえって凍ってしまい、ツルツル路面。
鳥見子ガイドでの移動もお客様の前では笑顔ですが、半泣き状態。こうツルツルだと、どんなにゆっくり運転しても
止らない時は止らない。




さて、コクマルガラスの黒色型と、ミヤマガラスの違いは?とお客様にご質問されたので、これではどうでしょうか?

【コクマルガラス黒色型と、ミヤマガラスを並べてみると…】


左側がミヤマガラス、右側がコクマルガラス(黒色型)です。どうでしょう?
大きさが全然違いませんか?

それと、嘴の基部分が白いのがミヤマガラス。黒色型のコクマルガラスはそれが無い。
でも、大きさがこれほど違うので、見慣れたら、同じ色の黒ですが、解りますよね?

コクマルガラスはハト程の大きさですよお。

さ、これからまた鳥見子、仕事です。頑張りまするう。
明日、土曜の確認種は書きましょうかね(と、ひっぱる?)。うふふ。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ミヤマガラス飛翔の中に…

今年の札幌は異常な雪です。雪祭りの雪集めには良いでしょうが、うーむ、ガイド泣かせと言えよう。
吹雪いてしまうと、ナーンにも見えませんからね。



さて、ミヤマガラス達はとても用心深いです。見てないようで、こちらを見ている。
そして1羽が飛び立つとみんな飛び立つ。

この時も、何かに驚いて総数300以上が一斉に飛び立ちました。

【ミヤマガラスの群れ】


でも、あれれ?。この中心とそのすぐ下のだけ、妙に小さくね?
はい、小さいですよねえー。その話はまた明日。ぐふっ、ひっぱりますね、鳥見子、ぐふっ。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード