ヒドリガモの群れ、地面採餌

もう早いもので、4月も20日。もう夏鳥がバンバン来る時期です。
が、今年は読めないですねぇー。雪解けが早いので、野鳥たちも来てはいるのでしょうが、もうさっさと山に行ってしまうというか、繁殖地に行ってしまうというか、森の野鳥は特に個体数が少なく感じます。
これから増えるのかしら?。不思議な今年。




さて、この10日ほど、札幌近郊の某所に行くと、居るわ居るわ、ヒドリガモの群れ。
行くたびに、ここで数100単位できかないヒドリガモがわっさわさと、地面採餌しております。
ヒドリガモの絨毯。
【群れで地面採餌するヒドリガモ】
地面採餌するヒドリガモの群れ
地面採餌するヒドリガモの群れ posted by (C)鳥見子


これだけ多いと数える気にもならない。ただ、違うものが入っていないかと、一応はじからはじまで見るのですが、ヒドリガモと、数羽のマガモ、オナガガモくらいです。



昨日シーズン初認野鳥 アオジ、ヤブサメ
今日のシーズン初認野鳥 オオルリ、シロハラ(囀り。はじめて聞きました。今度動画アップします)、メジロ
メジロはもう囀っていました。たった1羽でしたが、泣けました。珍鳥より、普通種で泣く私って…。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ヒドリガモの採餌

ヒドリガモは水流れの弱い、沼や、湖、時に海の湾などに冬期やって来るカモで、
普通は泳ぎ回りながら、水面で採餌しています。

が、主に植物食なので、多分、浜に打ち上げられた?藻を食べているのでしょうね。

【ヒドリガモの採餌】


しかし、札幌寒過ぎる。昨日もマイナス10度を下回る最低気温。今日もそうだそうです。
ツグミが我が家の回りで随分と増え始めたので、レンジャクを期待し、ナナカマド並木をパトロールしている鳥見子ですが、見当たりません。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ヒドリガモ

このブログをご覧になられている方より、アメリカヒドリって珍しいの?。ヒドリガモとどう違うの?と
メールを頂いたものですから、ヒドリガモをアップ致しましょう。

あ、どちらも雄ですよ。

【ヒドリガモ 雄】





【アメリカヒドリ 雄】


どうです?、並べてみると体の横からの模様は似ていますが、顔の色や、頭の色が違いましょう?
ヒドリガモは一般的なカモですが、アメリカヒドリは結構珍しい部類のカモになります。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード