十勝管内で見つけたコアカゲラ ペア

今日の札幌、本州からそのままの勢力で上がっていた爆弾低気圧のお陰で、大荒れです。
が、そんな中、昨日、札幌市内の某所で、ミヤマホオジロを見たという方が…。
今日も、春の使者=ホオジロ探しに出ようと思っていましたが、それより先にミヤマホオジロ情報。
さ、この爆弾低気圧後、面白い野鳥が入っているかな?。明日が楽しみです。

と、本州で怪我をされた方もいるというのに、鳥見子、不謹慎でしょうか、すみません。


さて、今回3/29十勝管内で見たコアカゲラ、雄雌のペアでした。
交尾光景までは見ませんでしたが、絶えず一緒に行動。あれは間違いなくあの近辺で繁殖でしょう。

【身軽にぶら下がって採餌するコアカゲラ 雌】


また、今月中に様子を見に行けたら行って来ようと思います。



こちらでもヤマゲラは居ることは解っていても、なかなか見れない。クマゲラなども居ると解っていても、それ以上に会えない。コアカゲラもこの森に居るだろうと解っていても、なかなかと会えない。沖縄のノグチゲラもそうですよねえ。

コアカゲラは、それ以上に、ここに居るかも解らない。そして居そうだなと、解っていてもなかなか会えない。
コアカゲラは、留鳥。シマアオジのように越冬地が別にあるわけではありません。なので、こちらの環境が見た目変わっていないとなると、地球全体の温暖化の影響で、数が減っているのでは?と、鳥見子思うわけです。

北海道でしか日本では見れないコアカゲラ。コアカゲラ、どこにでも見れる野鳥になってほしいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

2012年3月29日撮影  十勝管内のコアカゲラ

今日の札幌、春の嵐、酷い天気になっています。



さて、実は、鳥見子、コアカゲラの繁殖を見たことがあります。
それは、旭川の神楽岡公園で、2000年の話。その頃、鳥見子は旭川に短期ですが住んでいました。

その住所が神楽岡だったもので、短期住みだした4月から10月まで神楽岡公園をほぼ毎日歩いていたのですが、4月上旬に、エゾヤマブドウのツルにぶら下がる白い野鳥を見ました。声も出さずに、ぶらぶらとぶら下がり、人を恐れない白い鳥。アカゲラに体の模様はほぼそっくりなのに、小さい鳥。まさに名前通り、アカゲラの小さいもの=コアカゲラでした。

それからほぼ毎日散歩のたび、コアカゲラを見ていたですが、それは大抵樹冠か、低い場所=ツル状のもののところにいるか…でした。
また、コゲラと違い、鳴き声も全然出さずに…、ツルにただぶら下がり、人も恐れずに採餌するコアカゲラを見て,同じ小さいキツツキの仲間なのに……、コゲラは樹にゴジュウカラのように張り付き採餌することが多いのに……、コアカゲラは違うんだと、びっくりした鳥見子でした。

【コアカゲラ 雄】(小赤啄木鳥 キツツキ目キツツキ科 LesserSpottedWoodpecker 【Picoidesminor】)


当時、美唄の河川敷以外で繁殖しているコアカゲラしか見たことがなかった鳥見子。旭川でもコアカゲラが繁殖しているのには、感動しましたねえ。


が、4月末になったら、ぱたっと彼らの姿が見えなくなりました。なので、あんなに毎日見ていたのに、見れなくなったなど、多分彼らは繁殖に入ったのだろうなーと思っていました。

で、気にしながら歩いている毎日だったのですが、神楽岡公園の売店の前の樹の、高い高い位置の、小さい小さい穴にコアカゲラが出入りしているのと、医大前の道路沿いのニセアカシア?の樹の、同じく小さい小さい穴に出入りするコアカゲラの、2ペアを見つけました。ええ、どちらもコアカゲラの巣だったのです。

結局どの巣も、ゴジュウカラに乗っ取られて、巣立ちまでは至らなかったコアカゲラでしたが、旭川でもその当時は繁殖していたのです。

でも、もうそれは12年も前の話し。
(鳥見子の情報範囲では、旭川神楽岡公園でコアカゲラが繁殖しなくなり、もう5年以上経過するのではないでしょうか?)
それからこの年になるまで、コアカゲラを鳥見子は見ることがありませんでした。

【2012年3月29日 十勝管内で撮影 コアカゲラ 雌】


ガイドの仕事をしていて、ご要望が多いのは、クマゲラと、(エゾ)フクロウが圧倒的に多いと、いつぞやも書きましたが、コアカゲラを確実に見れる場所はないか?、のお問い合わせも多い昨今。

過去コアカゲラは、道東、特に十勝方面でならば、結構見やすいと言われていましたが、近年は、他の地域よりはコアカゲラがいるはずの、その十勝管内の公園を、毎日歩いても、コアカゲラを見ない…。コアカゲラは、見れても、一年に1度か、2度見れば良いほうだ…と、聞きます。

今回の御案内では、一応行き当たりばったり…とは数日前のブログには書きましたが、一応こんな所が、コアカゲラの生息地だから、居るのでは?と、算段しては参りました。
そして、コアカゲラは湿った河川敷などが好き、ツルの植物で多く食事する、今時期から繁殖に入るなどなど、一応頭に入れてのコアカゲラ探し。

【アカゲラ 雄 背中(コアカゲラとの比較対象のためにアップ)


ですが、毎日歩いている方でさえ、一年に1度か、2度しか会えないコアカゲラを、行って探し出してすぐに見つけるなんて、ラッキー以外のなにものでもないと思います。
しかも、ペアで、仲良く一緒に行動していましたから、多分見かけた場所の近くで繁殖するのではないかと、思っています。
また、折りがあれば、今回見かけた地に行ってみたいと思っています。



コアカゲラ キツツキ目キツツキ科 小赤啄木鳥 Lesser Spotted Woodpecker
学名 【Dendrocopo minor】
体長16センチ 
留鳥として、日本では北海道にのみ分布。やや道東に多いが、数はそれほど多くない
      近年激減していると言われている
      (彼らは留鳥。越冬地の環境変化で減っているわけではなさそうです。なので、激減理由は生息適地の減少と、湿地の乾燥化、そして地球の温暖化も影響しているかもしれませんね)
鳴き声 キッキッやキョッキョッ
      生息環境 平地から低山の林や、河川敷の林
コゲラ(体長15センチ)と違い、
      幹に止まるよりもツル状のものに止まって採餌している事が多く感じる
      名前の通り、アカゲラの背中模様に近い模様をしているが、下尾筒などはアカゲラと違い赤くない



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

十勝管内のコアカゲラ 雄

30日にシーズン初認したキジバト。数日我が家に来なかったので、心配していましたが、
今日は我が家の前の電線にて、デデーポォーポォーと、囀っていましたよ。

明日は、札幌は大荒れで、猛烈な風が吹くとか…。キジバト君、頑張れぇー。
カワラヒワの数も多くなりましたからねえ。それでも、春だ、春。


さて、コアカゲラを連写していたら、こんな写真が。
【コアカゲラ 雄 飛翔】


コアカゲラは、コゲラと違い、体型が大きいとの記載ですが、確かに大きいのでしょうけれど
色が白黒で、コゲラよりもよりはっきりしていることや、体の幅はコアカゲラのほうが小さいのではないでしょうか?
鳥見子には、身軽なコアカゲラが、コゲラよりも小さく見えました。
細い枝にも平気でぶら下がり採餌するコアカゲラ。

明日はコアカゲラの生態について、鳥見子が思ったこと、沢山書きたいと思います。お楽しみに。
さ、今日あたり、ホオジロシーズン初認出来るかな?


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コアカゲラ 雌 

今日の札幌、朝のうちは雨でしたが、昼近くになり吹雪いて来ました。
夜中零時が8度とかだったのに、どんどん昼になったほうが低くなるという…。

でも、一昨日、昨日と最高気温が札幌も、やっとプラス10度以上にもなりましたので、一気に雪解けが進みました。
もう明日から4月ですものね。
10年ぶりの寒い寒い冬になった今年の北海道。お陰で雪解けも進むのが遅かったし
札幌の桜の開花もゴールデンウイーク過ぎとの予報になっていますが、確実に春は近いのでしょう。



さて、昨日に続き、今日もコアカゲラ(雌)です。
鳥見子が珍しくトリミング画像アップですが…。

【コアカゲラ 雌】(キツツキ目キツツキ科 小赤啄木鳥 【Picoidesminor】 Lesser SpottedWoodpecker)



コアカゲラはコゲラと違い、背中がこのように白い部分が多くなります。
比較対象で、コゲラの写真を出しておきますが、どうです?。違いが解りますか?
【コゲラ】


遠目にコゲラと、コアカゲラの違いが解りますか?のご質問がありましたが、これだけ背の色が違うことと、
コゲラは胸のほうにも斑がありますよね?
コアカゲラは、それがなく、真っ白です。

また、コゲラとコアカゲラ、一緒に居ることもあります。が、喧嘩をしているのをわたくしは見たことがありません。
がね、コゲラは、幹に止まっていることが多いけれど、コアカゲラは、昨日画像や今日画像のように、細い枝のほうでぶらぶらぶら下がって、まるでヒガラのように身軽に行動しています。
その違いがあるから、解りやすいのではないかと思います。

実は、まだまだコアカゲラの話は、あります。明日も続きがございますので、お楽しみに。

なお、コアカゲラのこの撮影地についてのみの、お問い合わせには、クマゲラや、シマフクロウ、フクロウ同様、お答え出来かねますので、ご理解の程お願い申し上げます。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コアカゲラ 雌 飛翔

今日の札幌はどんよりとした曇り。風も強く、嵐の前という感がします。

でも、キジバトが我が家に…。シーズン初認です。


さて、昨日は早い時間に札幌を出て、御案内して参りました。この子を探しに…が、一番の目的。
さ、誰でしょう?、この子は?

【コアカゲラ 雌 飛翔】(2012年3月29日 十勝管内 某所にて撮影)


到着早々にすぐ見れて♪、お客様も大喜び。勿論鳥見子も大喜びです。
このコアカゲラについてのお話については、また明日詳しく。

いやいや、感動♪。
(このコアカゲラの撮影場所「のみ」のお問い合わせには、応じられませんので、ご理解下さい)

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード