タンチョウ 幼鳥

今朝は快晴で、しかも暖かい。
おかげで、幹線道路以外の脇道はツルッツル、てかってかで、鳥見子が歩く森林の中は危ない危ない。
鳥見子の回りでお散歩するワンコさん達も、4つ足スパイク付きあんよなのに、滑ってるくらいですから。
こういう時に骨折するんですよねえー。気をつけてくださいませね、皆様。鳥見子も気をつけます。



(さて、画像がまだパソコンに取り入れられない状態なので、)
話が前後して申し訳ないのですが,今日はタンチョウ幼鳥をUP。

先日アップしたタンチョウ成鳥と一緒にいた子です。
【タンチョウ 幼鳥】
タンチョウ幼鳥


成鳥と違い、頭もまだ赤く無いし、なにより首から上がグレーで綺麗じゃないでしょ?。
この子、タンチョウ幼鳥です。

全体図は場所特定にもなったらかわいそうなので、アップしていませんが、
繰り返しますが、この時は4羽の群れ、成鳥3羽幼鳥この子1羽でした。
お父さん、お母さんが成鳥、その子なんでしょうが、もう一羽の成鳥もその前の年生まれの家族なんでしょうかね??

そして、鳥見子、あはははは、今気がつくという…。この幼鳥、足にリング付きですね。
報告しないと。



(お陰様で、相変わらずの朝頭痛と、朝鼻水ですが、日々良くなって来ている鳥見子の風邪です。ご心配いただいて、お客様からの問い合わせも大丈夫か?、が多いのですが、今日明日明後日養生しますので、週末には…。ご心配申し訳ないです。さ、またパソコンが画像ダメダメ、入れられん!連呼してますから、慌てていろいろせんと…。頑張ります。)
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

タンチョウ 親子

今朝までに、また降ったり、降ったり!!。昨日も1日パラパラ小雪が降っていたような札幌ですが、今朝までに16センチの積雪。
23日14時頃は、溶けて積雪1センチになったのに、また冬に逆戻り。
まあ、まだ11月ですから、この16センチの雪も溶けてしまうと思うのですが、3年くらい前までは12月クリスマスも積雪0だったり、それまで降らなかったりということもあったのに、11月にこんな積雪なんて、いやはや、温暖化や、諸々の気象状況が変わってしまったんだなーと実感です。



さて、昨日も1日パラパラと小雪が降ったいた?と書いたのには理由があり、鳥見子さん、昨日は日本海側札幌の雪から逃避し、冬季でも雪が無い太平洋側へGo!したからでして。

いつものことですが、太平洋側は恵庭を越えたあたりから、雪がほとんど無くなり、苫小牧などは積雪0。晩秋の風景でした。冬季日本海側から太平洋側に行くと、同じ北海道とは思えぬ風景が広がるのが普通なこととはいえ、今回もあまりの違いにびっくり。

そして、こんな子にも出会えましたよ。タンチョウです。

【タンチョウ】
タンチョウ成鳥


まだ鳥見子、風邪気味で、本調子ではないものですから、画像処理が追いつかず、新しい画像を数枚しかパソコンに取り入れなかったので、この子だけの画像ですが、このタンチョウ、親子4羽(成鳥3幼鳥1)でして、仲良くデンタコーン跡地でミヤマガラス1が入ったカラスの群れと一緒に採餌しておりました。

このタンチョウが見られた正確な場所は書きませんが、タンチョウの生息地釧路湿原にまで行かずとも、札幌から日帰りできる太平洋側でもこうやってタンチョウの姿が見れる昨今になりました。



この数日で見られた野鳥
オジロワシ、オオワシ、ノスリ、トビ、タンチョウ、カワアイサ、ウミアイサ、ダイサギ、ヒドリガモ、ホシハジロ、シロカモメ、ワシカモメ、オオセグロカモメ、セグロカモメ、コガモ、マガモ、オナガガモ、ホオジロガモ、クロガモ、ハジロカイツブリ、マガン、オオハクチョウ、ツグミ、ハチジョウツグミ、フクロウ2、コゲラ、クマゲラ雄、エナガ、キクイタダキ、ヒガラ、ハシブトガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、キバシリ、マヒワ(声のみ)、キレンジャク、ヒレンジャク、ミソサザイ数羽、カササギ、カケス、ミヤマガラス、ハシブトガラス、ハシボソガラス、スズメ、エゾリス、など

(早く風邪っ気、無くさないと。とほほ。画像パソコンに入れられん、とほほほほ。これクラッシュしたら、どないしよ!。頑張れ、鳥見子。)

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

十勝方面で見られるタンチョウ

今朝は晴れて、ぴっかぴか。気温も低くなく、室内は日差しでとても暖かいので、暖房も夜まで止めることとしましょう。



さて、今日は、タンチョウです。多分雌雄なんでしょうね、この子たち。

【タンチョウ】
タンチョウ 2羽


って、鳥見子さん、十勝方面に行ったって言ってたのに、タンチョウ見てきたなんて道東まで足を伸ばしたの?。
いえいえ、違うんです。タンチョウ達、生息地である道東が飽和状態なので(という、話です)、分布範囲を広げていると言われています。
なので、十勝方面に行くと、時にタンチョウが見られるのです。


札幌近郊でも、時にタンチョウが見られることもありますが、この子達も含め、この日は別々な場所で2番のタンチョウを見ることが出来ました。
帯広郊外で、鳥見子、道路真横で、のんびりと採餌するタンチョウ達を見たこともあります。

番ということは、繁殖するつもりなのでしょうが、無事繁殖できるのでしょうか?。釧路湿原など、湿地の中での巣ならば、天敵のキタキツネなどにも襲われないかもしれませんが、この子達はどんな場所で繁殖するのでしょう?



絶好の行楽日和になりそうな、今日。皆様良い1日をお過ごしくださいませ。




テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

002のリングを付けたタンチョウ

今日の札幌、朝からどんよりと雲。これから大雨になるそうです。そしてしばらく雨が続くとか…。
雨が降ったら、多分、今色づいている紅葉も、全部落ちてしまうでしょう。
雪虫も、昨日見ましたし、平地の初雪も近い?。ああ、嫌だ、嫌だ。



さて、十勝方面に行ったおり、タンチョウが目の前でうろうろしてくれたとお話しましたが、
その中に、こんな子がおりました。
002のリングナンバーを付けたタンチョウです。

【002のリングを付けたタンチョウ 雌】


調べてみると、2005年、つまり今から12年前に、十勝の幕別町でリングが付けられた雌のようです。
タンチョウには、この様にリングが付いている子が居ます。
今年鶴居に行ったおりも、リングがついている子がいました。

タンチョウのリング、標識調査、ご興味があれば、→タンチョウの標識調査、リング表
リングは、アルミ合金で、27グラムとか。タンチョウの体重は6から12キロ程というので、たいした負担にはなっていないと思いますが、彼らの保護のためとはいえ、申し訳ない気持ちも致します。

この個体は雌ということですが、わたくしが見た時にはペアで居ました。
多分、一夫一婦のタンチョウと、言われていますから(まだ、詳しくは調べられていないようですね)このペアは多分夫婦でしょう。
タンチョウはオスとメスを比べると、メスのほうが少し大きめと言いますが、見た目で雌雄の判別は難しいとか。
でも、良く見れば良かったと後悔。

タンチョウにご興味あれば、こちらもご覧下さい。→タンチョウの体重、生活など



本日2012年11月6日の確認種
オオセグロカモメ、トビ、ハクセキレイ、アカゲラ、コゲラ(今日は大変多かったです)、ツグミ(早朝は随分と飛翔していました)、シロハラ、ヒヨドリ(何度か群れを見ました)、ウグイス、アトリ(飛翔のみ)、ウソ(声のみ)、マヒワ(声のみ)、キバシリ、エナガ(今日は大変多かったです)、ヒガラ、ゴジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ホオジロの仲間、カケス、ハシブトガラス、ハシボソガラス 

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

十勝管内のタンチョウ

今日の札幌は昨日18時過ぎからの大雨の余波で、どよーんとしています。
これからまた雨が降るんじゃないかな。


実は、10月28日から昨日まで、十勝管内某所へお客様と行って参りました。
その様子はまずはこんな感じ。

【タンチョウ】


目の前をタンチョウが総数20程、うろうろしてくれました。この画像は遠い場所から撮影でしたが、
もっと近く、目の前を通ってくれたりして、タンチョウって警戒心が今時期薄いのかしら?

道東で、冬場、真っ白い風景の中のタンチョウも素敵ですが、緑の中のタンチョウというのも、なかなか♪

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード