コマドリ

今朝の札幌は、突風が時折吹き、激しい雨にもなる時間もあり、荒れた天気になっています。
明日は本格的な雪になる予報も出ていますから、外にまだ出しているものも、引き込めないと。



今日は今月最初に撮影した「コマドリ」をアップします。

本州と違い、コマドリを札幌市内で見ることは、なかなか難しいのですが、どうもそれなりに札幌に現れるにはピークがあるようです。
鳥見子がこの子を見た以外の日には、10羽ものコマドリが現れた日もあったそうですヨ。

【コマドリ】
こまどり


鳥見子はコマドリにそう詳しくありませんが、胸の黒さが随分あるので、メスではなく、若いオスの可能性があるのではないかと思うのですが、いかがでしょう?

春ならば、鳴いている野鳥たちですが、秋の移動は囀らないので探すのも大変ですが、コマドリって、群れで渡来している時など、ウグイスの地鳴きみたいな地鳴き声を出すんだなと、思いました。
初めて聞く声で、感動しました。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コマドリ 雌

今朝の札幌、早朝は曇り空でしたが、6時過ぎから結構な雨になりました。
以下にも書きましたが、鳥見子、ひどい風邪をひきまして、今日は自宅待機してます。


そんな中ですが(実は昨日も、もう鼻水がすごかった)昨日は、某所と某所と某所と見てきました。
そのご褒美は、念願のコマドリ雌の写真が、やっと、やっと、撮れたこと。

鳥見子、コマドリ雄は結構何回も見ているのですが、ヤブの超絶技巧忍者と鳥見子が思うコマドリ。
ちゃんと、じっくり、納得するまで見れたことがありませんでした。
いつも、あっ!、あっ!、で終わり。

足元で鳴いているのに、笹の奥に上手に隠れていて見えない野鳥コマドリ。
去年しっかり見れたエゾセンニュウも猛烈手強いですが、コマドリ超!手強い。

なので、ある場所で,コマドリが何羽か鳴いてたよ、ちょろちょろとも出てくるよ、すごいよ、との情報を頂き、(☆さま、いつも情報ありがとうございます)昨日走りましたが…、現地に到着すると、えええええーっ、しーーーん、として何の声もしない。

いやいや、今年数年ぶりに多いと言われているオオルリとか、去年渡来が遅かったキビタキとか、ルリビタキ雄雌やマヒワなどは、鳴いてなくても、ばっちり見れましたよ。
が、しーーんとしてて、コマドリの声なんて、全然、0。

で、結局見れたコマドリはこの子=鳴かないコマドリ雌だけ。

でもね、負け惜しみに聞こえるかもしれませんが、鳴かない、鳴く雄よりももっと見れないコマドリ雌を、ちゃ〜〜んと見れたのは、それなりの成果かなとは思っています。

【コマドリ 雌】
コマドリ 雌


この子を見つけた様子をご報告いたしますと、
たったたった2回ほどだけ、コマドリ雄が、彼らが得意な隠れ場所(というか、好きな場所)の笹の中で、小さい小さい声で、ぐぜったのです。
その声は、ほんとに小さい小さい声で、よっぽど静かにしていないと聞こえないような小さな声。

だから、そこのあたりに絶対にコマドリ雄、いるだろうなと思って見ていましたら、そのコマドリ雄がぐぜった隣の藪から、ちょろっと一瞬出て、素早く引っ込んだ野鳥を見つけました。

ん?、そっちにコマドリ君移動?、と思って、離れて見ていましたら、つつつつつっとこの子が出てきました。
あれれ?、コマドリ雄じゃなくて、コマドリ雌????。

でも、それも数秒です。

そしてね、鳥見子が出てた場所を見ていたら、その次はその反対側から出る。その反対側を見ていたら、さっきの場所から出るを繰り返されて、見れたのは3回ほど。どれも、それは数秒。

コマドリって、採餌に歩くと、ピン!と尾を時折あげて、可愛い可愛い。

それと、図鑑画像や、図鑑絵を見ると、コマドリの雌雄って分かりづらいと思っていた鳥見子ですが、雄体色と雌体色って、全然違うんですね。
だから、いままで鳥見子が見ていたコマドリって、みーんな雄だったんだ(そらそうですよね、鳴いてるのを待って探していらんですから。鳴く=雄だもの。)と思いました。



以下教訓。

春の移動時期、なるたけ早く移動したいと思っている野鳥たち。繁殖地じゃない場所に長逗留するわけがありません。情報いただいたら、即座に出向く。これ、やっぱり鉄則。

今年の秋もきっと戻りコマドリがいるはず。そして来年もきっとこの地にこまちゃん、来てくれるはず。
まだまだ、コマドリ雄をちゃんと見る!という宿題は続く鳥見子となったのでした。

でぇ〜〜、鳥見子、珍しくタイムリーに昨日撮影画像出しました。
だって、もうこの子も昨日でいなくなっただろうから…。



(上記にも書きましたが、鳥見子、珍しく、ひどい鼻風邪をひきました。毎日の無理がたたったのかもしれません。昨日それを押しての鳥見でしたので、熱も出てきています。今日、明日は、ちょっと安静にすることといたします。)

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

秋のコマドリ

2012年10月20日、札幌市内某所でコマドリを見ました。
これは、証拠写真にもならないものですが、嘴だけが見えますでしょうか?

【コマドリ】


多分幼鳥だと思うのですが、喉のオレンジ色の部分がはっきり見えました。

鳥見子が春見るコマドリは、笹の中だったり、地面を動いている、という感じですが、このコマドリ幼鳥?は、クズが絡まる木の真ん中あたりで、ごそごそと採餌しておりました。

コマドリは、ヒタキの仲間ですが、ツグミ亜科の鳥。
他のツグミ類同様、渡りが遅いのでしょう。

この時も周りには、クロツグミ達がおりました。


10月20日の確認種
トビ、オオセグロカモメ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、アカゲラ、コゲラ、クロツグミ、(友人様は、マミチャジナイ、アカハラ、ツグミと)、ルリビタキ、コマドリ、ベニマシコ、ウグイス、メジロ、カワラヒワ、ヒガラ(多数)、エナガ(多数)、ハシブトガラ、コガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、キバシリ、クロジ、アオジ、カケス、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス など
(このコマドリと同個体かは解りませんが、10/23にもコマドリを札幌市内で見た方がおられます)

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード