カイツブリの親子

昨日は予報通り、午前はどうにか曇り。午後からは大粒の雨になりましたた。
今日の札幌は、早朝薄曇りで、空を突けば雨が落ちて来そうでしたが、7時過ぎからみるみる晴れてきました。
でも、空をよーく見ると、真っ黒い雲もあったりして、今日も昨日に続き、お天気不安定そうかな?



さて、昨日午前中、某所にてカイツブリの親子を見てきました。
先月23日はまだ雛たちが巣の中にいたのですが、見事に大きくなって親について、泳いで?いました。

でもね、親ね、もう雛に餌上げないのです。ピーピー鳴く巣立ち雛達に、自分で餌取りなさい!、なんでしょうね。
必死に親をピーピー鳴いて追いかける雛達、がんばれーー、でした。

【カイツブリの親子】
カイツブリ 親子

スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

カイツブリの親子

頌春


もう新年も5日目になってしまいました。ぼーっ、としてたら早いもんですね。とほほ。
いかん、いかん!、これではいかん!!
と、去年自分に怒ったのに、いかん、いかん。

今朝はどんよりとした曇り空。札幌の今の夜明けは7時6分頃。日の入りは16時13分頃。
ですから、目が覚めても、まだ真っ暗状態なんですけど、より今日は曇りだったので、どよーんとした感じで、エンジンが、かからん、かからん。



さて、去年出会って嬉しかったシリーズ、「カイツブリ親子」です。

どんな時に、親がどんな行動をした時に雛を背中に乗せるか?が、去年は傾向が解った気がしたので、
今年は雌雄判別無理と言われているカイツブリの雌雄判別ができるようになりたいのと、その解ったという「雛を背中に乗せるタイミング」をもっとわかりたいな、と思っています。

【カイツブリ親子】
カイツブリ親子



カイツブリ親子2


もちろん、影に隠れて、こそっと、観察。親子に負担をかけないように…心がけて、です。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

背中に雛乗せ、水面に居たカイツブリ

昨日はほぼ1日晴れでしたが、風が強く、暑くても風のおかげで、快適に過ごせた日でした。
わたくしごとですが、鳥見子、おかげさまで、鼻風邪、朝の軽い頭痛は続いておりますが、昨日久しぶりぃ〜、久しぶりぃ〜に、出かけることが出来ました。

久しぶりの外の緑がとても眩しく、エゾカワラナデシコがあちこちで満開。ススキの穂も出て、それにアカモズが止まったりして、野鳥的にはもう秋なんでしょう。
トウネンなどの群れ情報もありますし…。
約2週間ほどだらだらしてたら、すっかり季節は進んでしまってた…。




さて、昨日は巣の中で雛を乗せるカイツブリをアップしましたが、やっぱりカイツブリのこの様子を見ないと…。
背中に雛を乗せ、水面にいたカイツブリ親です

【背中に雛乗せ、水面に居たカイツブリ】
背中に雛を乗せるカイツブリ親


これも季節限定、繁殖ステージ的にも数日の限定様、無事見れてよかったです。
それと、以前こちらブログにも書きましたが、雛を乗せるときの親のタイミング、ある動作を見てたら、乗せるな!がわかって、鳥見子はそれが嬉しかったです。

え?、どんなときに乗せるの?って。えへへへへ、ひ、み、つ?。って必ず書きますので、お待ちを。
その親の様子さえ見落とさねば、雛乗せ、わかると思います。

またカイツブリ雌雄差についても、そのとき書こうと思います。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

巣の中で背中に雛を乗せるカイツブリ親

昨日もお天気不安定でしたが、今日もどうなんでしょう。早朝は曇りでしたが、遠くには青空。久しぶりに晴れるでしょうか?!

外気温は昨日に続き、低い今朝でしたが、日中はまた25度以上になるようです。



さて、今日も水辺の野鳥、またまたカイツブリです。もう彼らも落ち着きましたからね。
巣の中で雛を背中に乗せるカイツブリの親です。


背中に雛を乗せるカイツブリ親2


かわいいですねえ。親の背中に乗りたくて、親の背に向かって、えっちら、おっちらと、力を入れて登る様子は微笑ましいものです。
こんな期間も孵化して1週間から10日ほど。季節限定、期間限定の様子です。
(このカイツブリの巣ですが、1200mmで撮影。それをがっつりトリミングです。つまり離れて撮影し、彼らの繁殖に影響なしを考えておりましたことも申し添えておきます。)

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

バンの親を威嚇するカイツブリの親夫婦

昨日は時折また大粒の雨が降る時間もあり、蒸し暑い感じも少ししましたが、最高気温も23度止まり。昨夜も17度、18度くらいで推移し、快適な夜でした。
今日も予想最高気温は24度と快適そうですが、空はどんより。時折小雨。
今朝3時半過ぎ南区川添13条3丁目でクマ目撃情報がありましたが、さーて、どこへ行きましょうか。
体も鼻以外は復活な感じもするし♪。(長くご心配頂き、すみませんでした。ありがとうございました)



さて、昨日の続き。バンの親だった個体、雑色性のバンですから、フトイに登り、フトイの種を食べていましたが、突然向きを変えたり、落ち着きない感じになったな、と思ったら、おやおや?


【フトイの種を食べていたのに、体の向きなどを急に変えたバン親だった個体】








と、見ると…、バンの目先?水面にバンの親2羽。
下画像を拡大していただくとわかると思うのですが、カイツブリの親2羽、口を開けて声を出し、バンに向かい警戒声、威嚇声?出してるんですよ。

【バンに向かい警戒声?、威嚇声?を出しているカイツブリ親2羽】
カイツブリの親と、バンの親


この地にはマガモの親子も居ますが、見ているとカイツブリ親2羽は、同じ餌を食べているからでしょうか。またはマガモのほうがずっと体が大きいからでしょうか?(いやいや、マガモもバンもほぼ同じ大きさくらいだよなあ。確かにバンはマガモよりは小さいけど)、マガモに威嚇することは無いのに、しょっちゅうカイツブリはバンに向かい、威嚇?、警戒?の態度をしていました。

同じ餌を食べているからなんだと思っていたんですけど、バンって雑食性。もしかして、カイツブリの小さい雛とかも襲う?。そういうこと=カイツブリは自分の雛を守っている、ってことなんでしょうかねぇ?

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード