アメリカコハクチョウ 群れ

今朝も柔らかい日差しで鳥見子、目覚めることができました。
今日入社式の方々もおられるでしょうが、良いスタートの日ですね。

さーー、鳥見子も、心なお、一層頑張ろう。

でもね、今日は今までで一番高い気温にもなるけれど、1日変わりやすいお天気ですって!。変化、色々今日はあるかな?




さて、この画像を見ていただけますか?
くちばしがほぼ真っ黒なアメリカコハクチョウ成鳥の近くに、昨日アップしたみたいな、やや黄色みがある個体が2個体、いるのです。

つまり、これはアメリカコハクチョウ幼鳥か、アメリカコハクチョウとコハクチョウの交雑幼鳥?
その黄色みが薄く、体色が真っ白ではない=幼鳥は間違いないのですが、白鳥たちは親族、家族と血縁関係で群れになっているとも言われいますから、もしかしたら、嘴の真っ黒っぽい子は親で、その周りのアメリカコハクチョウ幼鳥?、アメリカコハクチョウとコハクチョウの交雑幼鳥はその子供??

【アメリカコハクチョウの群れ】
アメリカコハクチョウ 群れ2



この画像にはちゃんと写っていませんが、この時は嘴がほぼ真っ黒なアメリカコハクチョウの他に、アメリカコハクチョウ?幼鳥が4羽程。つまり、5羽くらいのアメリカコハクチョウ群れが見られました。
鳥見子、アメリカコハクチョウは、単体でしか見たことが無かったし、何個体も別個体を見ることも初。
今まで、コハクチョウの中にアメリカコハクチョウは居ないかと、結構ちゃんと探していたつもりですが、思いの外、結構数来てる?、鳥見子見落としてたかな???




某所ではミサゴが…、またホオジロ、チュウヒ初認情報が出たようです。(☆様、△様、いつも情報ありがとうございます)
鳥見子も、ホオジロ初認確認したくて、いつも初認を確認する場所に行ってはいるのですが、ホオジロがつくには雪がまだ多すぎ?で、確認できてません。


さて、某所で、ある野鳥の巣作りを金曜に見たのですが、今朝は我が家近くでヤマゲラの高らかな声。
去年は6月1日に、我が家近くのもう廃墟になった家でヤマゲラを見てますから、育雛1ヶ月ということはぁ〜、5月頭に孵化でしょ?。2週間抱卵だから、4月中頃には卵抱き始めってことだからあーあー、やっぱ今、今、巣穴堀りだ。

クマゲラもヤマゲラも、朝交尾、朝頻繁に鳴く。絶対営巣木が近い証拠。明日もっと早起きして探してみるかな。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

アメリカコハクチョウ (別個体)

今朝も穏やかな朝となった札幌。どんどん雪が融けてくるのですが、鳥見子定点のところは、さっぱり融けませぬ。
昨日もホオジロを探し歩いたのですが、この積雪ではまだ付かない?感じでした。




さて、昨日の続き。アメリカコハクチョウを見つけた次の次の日、再度その近くで撮影した個体です。
以下の個体は、コハクチョウよりはずっとくちばしに黄色部分が少なくて、でもアメリカコハクチョウよりはやや黄色部分が多い。
調べると、これはアメリカコハクチョウとコハクチョウの交雑個体か、アメリカコハクチョウでは?という個体。
なかなかと難しいですね。

【アメリカコハクチョウ?】
アメリカコハクチョウ 別個体


次はこれにはまだまだ続きがありでして…。それは明日。



しかし、我が家に来ているアトリ群れ(今日も10以上)はいつまでくるのかなあ?

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

アメリカコハクチョウ

快晴の朝で、4月スタートとなった札幌。風も無くて、穏やかで、良い感じです。
さーー、ほんと、4月だあー。新年度だぁ〜。また頑張ろう。



さて、タイムリーに絶対写真、情報を出さない鳥見子さん。この子も大雪前、4日程前の画像です。
そしてね、はい、出すということは、鳥見子が撮影した場所から、もう居ないってことぉーデス。

【アメリカコハクチョウ】
アメリカコハクチョウ


この場所には鳥見子が撮影数日前からアメリカコハクチョウ?が居るみたいです、と情報いただいていたのですが、数回通っても見れず、諦めていたら、およよよよ、さっき全くいなかった場所に白鳥たちが…。どーれ、探してみるかと、見たら、おいおい、くちばしが真っ黒っこ=アメリカコハクチョウじゃない!!

実は、これには続きがありまして、それはまた明日。



皆様、良い週末をお過ごしくださいませ。そして、良い新年度を!!

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ウトナイ湖のアメリカコハクチョウ

今日は、冷たい雨になった札幌。風も強く大変です。今週木曜、とうとう雪だるまマークが出ました。
今まで初雪がなかったのが、おかしいくらいですが、とほほほほ。



さて、2012年11月10日土曜午後、お客様と苫小牧のウトナイ湖にも立ち寄りました。
すると、この子が…。

沢山のマガン達と、少数のオオハクチョウに混ざり、黒い嘴の白鳥がいますでしょ?
黒い嘴の小さいコハクチョウ、つまり、アメリカコハクチョウです。

【アメリカコハクチョウ】


急いでいたので、この写真しか撮影できなかったのですが、アメリカコハクチョウは、コハクチョウの亜種と言われていますけれど、コハクチョウにまざり時に現れる、珍しい野鳥の部類になります。

名前の通りに、北アメリカ北部で繁殖します。

コハクチョウの亜種ともうしましたが、コハクチョウよりも大きく(コハクチョウは全長120センチ、アメリカコハクチョウは132センチ)、分布域(コハクチョウはユーラシア北部、アメリカコハクチョウはアメリカ合衆国など)が明らかに違うので、独立種とする説もあります。

コハクチョウに比べ、嘴の黄色の部分が小さいのが特徴です。変異も多くて、黄色の色部分がとても小さい個体や、全くない個体も見られますが、これは、全くない個体ですね。


珍鳥情報を出すと、その野鳥の追っかけがあったりして、生息が脅かされる気がしてアップを控えるのが常のわたくしですが、このアメリカコハクチョウはウトナイ湖に浮いているものですし、ウトナイ湖の湖の中にまで追いかけて、生息を脅かす人も居ないであろうと考え、記録として大切かな?、と、今回はアップしました。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード