ベニバラウソ 雌?

やっぱり、どうしても、調べきれません。これは、アカウソの雌なんだろうか、ベニバラウソの雌なんだろうか。

【ベニバラウソ 雌?、それともアカウソ雌?】
ベニバラウソ雌(ではなくて、アカウソ雌だと思います)
ベニバラウソ雌(ではなくて、アカウソ雌だと思います) posted by (C)鳥見子

ベニバラウソ 雌?(アカウソ雌だと思います)
ベニバラウソ 雌?(アカウソ雌だと思います) posted by (C)鳥見子

ベニバラウソ 雌(アカウソ雌だと思います)
ベニバラウソ 雌(アカウソ雌だと思います) posted by (C)鳥見子<


この上3枚は同一個体です。


そして、アカウソ 雄の背中と、尾。昨日アップした個体と同じ子を別角度で…です。

【アカウソ 雄】
アカウソ 雄
アカウソ 雄 posted by (C)鳥見子

アカウソ 雄 尾羽裏
アカウソ 雄 尾羽裏 posted by (C)鳥見子




そして、これが「ウソ 雄」
ウソ 雄
ウソ 雄 posted by (C)鳥見子




最後にベニバラウソ 雄。
ベニバラウソ 雄
ベニバラウソ 雄 posted by (C)鳥見子


でもね、ベニバラウソ雄の左横にいる雌も、結構尾の裏の白斑、はっきりありませんか?
つまり、ベニバラウソの雌?



だれか上記3枚の画像と、一番最後の画像の雌。
いったい、「ベニバラウソ」の雌なのか、それとも「アカウソ」の雌なのか、教えて下さいませ。

難しすぎる。

それと、図鑑にはアカウソの雌には外尾軸に白ありと書いてあるけれど、わたしが今回アップした「アカウソ 雄」は、明らかに白がありますよね?

個体差ですか?、それとも交雑とか?、年齢差?

スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ベニバラウソ 雌?

今日の札幌は、また猛吹雪。でも昨日よりは幾分暖かい日になりました。
しかし、いくら、降れば良いのでしょう。

一昨日まで我が家で塒を取っていたコウライキジ、昨日から来なくなりました。
このところ、友人宅バードテーブルにクマゲラが来ているというのも、この寒さから、雪の多さからなのでしょう。
そして、今、我が家には、ウソが来ています。



さて、これは、札幌市内某所で2013年1月17日、撮影した個体です。

【アカウソ 雌】
アカウソ 雌
アカウソ 雌 posted by (C)鳥見子


尾の裏に大きく白が出ているので、撮影した時は、「ベニバラウソ」の雌か?、と思ったのですが、大雨覆先端がグレーっぽいし、大きくありません。



これをご覧下さい。
昨日(熱にうなされてるのに)撮影した「アカウソ 雄」です。
アカウソ 雄 尾羽裏
アカウソ 雄 尾羽裏 posted by (C)鳥見子

アカウソ 雄
アカウソ 雄 posted by (C)鳥見子


殆どこの「アカウソ 雄」個体は、胸に赤い部分がないですが、これだけ尾の裏が白いのは「アカウソ」の判別ポイントと思っている鳥見子。
なので、上記個体は「アカウソ(若い個体)」と判断しました。


でもね、図鑑などの記載には、そしてわたしも自分のHP「北海道札幌の自然」の野鳥解説「ウソ」にも書きましたが、アカウソの「雌」!には、尾軸が白いと書いてあるけれど、オスには?と。
が!、これは明らかにオス。

アカウソのオスでも、尾の部分が白いという決定的な証拠です。




で、海外のサイトですが、これはどうでしょう?→捕獲されたベニバラウソ 雄

(この画像はあとから削除致しますね↓)
捕獲 ベニバラウソ
捕獲 ベニバラウソ posted by (C)鳥見子


尾の後ろに白いは、全く見えませんよね?
なので、ベニバラウソは尾の裏の白、アカウソ以上にはっきりしないのでは?と、思った鳥見子です。

なお、雑誌「バーダー」1995年2月号に、
ベニバラウソは、ウソやアカウソに比べ、背中の灰色が淡いことと、風切一部の外弁や、大雨覆先端が白い、という違いがある、との記載も見つけました。

皆様、どうお考えでしょう?。ご意見あれば、鍵コメント頂けたら助かります。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ベニバラウソとアカウソ、ウソの違い

今日の札幌も猛吹雪。また積雪が20センチ程もあったんじゃないかしら。
風邪が酷くて、参ってる鳥見子です。ああ、体調悪ぅうう〜。


2日前からベニバラウソ 雄をアップしている鳥見子ですが、再度。

【ベニバラウソ 雄】
ベニバラウソ 雄
ベニバラウソ 雄 posted by (C)鳥見子


この時は雌が居ないかと探したのですが、見当たりませんでした。

繰り返しますが、ベニバラウソか、ウソか、アカウソかの判別は、「ベニバラウソ」にある「大雨覆の先端の白」が、有るか、無いか、で判断します。

ウソや、アカウソは、「大雨覆先端の白」が、ここまではっきりしません。
グレーっぽい白が、「大雨覆先端にある」と言えると思います。

それと、日本野鳥の会「フィールドガイド 日本の野鳥」に、尾の裏にはっきり白い斑が見えるのがベニバラウソとの記載がありますね。

ベニバラウソが一番その尾の裏の白が目立ち、アカウソはその次にそれが目立ち、ウソは殆どないとの記載が、マークブラジルさんの外国図鑑にはあります。



【アカウソ オス(若い個体?)】
アカウソ 雄
アカウソ 雄 posted by (C)鳥見子


明日は、アカウソの尾の裏の写真などアップ予定です。お楽しみに。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ベニバラウソ 雄

今日の札幌は、昨晩から大雪になり、一晩で25センチ程も降りました。まだまだ降り続くようで、今、外はホワイトアウト状態です。

今年は野鳥達にとり、この寒さと、猛烈な積雪、厳しいでしょうね。


昨日アップしたベニバラウソ雄ですが、もっと画像を見せて欲しいと要望がありましたのでアップします。

なお、ベニバラウソは、2003年にも札幌に現れています。
【ベニバラウソ 雄】
(ベニバラウソ 学名=Pyrrhula pyrrhula cassinii   英名Bullfinch
サクラのつぼみ、花芽、若芽、カエデの種を食べる。ユーラシア大陸亜寒帯で繁殖し、冬鳥としてごく少数が本州以北に渡来する。鳥見子が聞いていたら、ウソの鳴き声 フィーフィーとは違う、ちょっと変わった声で鳴いていた。)


ベニバラウソ 雄
ベニバラウソ 雄 posted by (C)鳥見子

ベニバラウソ 雄
ベニバラウソ 雄 posted by (C)鳥見子

ベニバラウソ 雄
ベニバラウソ 雄 posted by (C)鳥見子


それ以来になると思うので、鳥見子も会いたく思っていた野鳥でした。
(繰り返しますが、この出現場所については、明かせません。ご理解下さい)



私事ですが、鳥見子、猛烈な風邪をひきました。昨晩は熱が下がらず、難儀しました。インフルエンザではなさそうですが、今日明日と養生致します。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ベニバラウソ 

一昨日、昨日と我が家でまた寝て行ったコウライキジ君。一日のそう何回も食事をしません。酷い風邪にまかせて見ていたら、一日に2回くらいしか食事をしていないようです。
え?、他で食事してるんじゃ?。いやいや、我が家からどこにも行かないので、間違いないと思うのです。



さて、今日は「ベニバラウソ」という、ウソの仲間のお話です。

ウソには、3亜種が居ます。

それは、本州中部以北の亜高山針葉樹林帯から北海道にかけて繁殖している「ウソ」(亜種ウソP.p.griseiventris)と、ウスリー、サハリンで繁殖し、冬季にほぼ全国に渡来する「アカウソ」(亜種アカウソP.p.rosacea)と、ユーラシア大陸亜寒帯、カムチャッカ半島で繁殖する「ベニバラウソ」(亜種ベニバラウソ P.p.cassinii)の3亜種です


この3亜種のうち「ウソ」は良く、「アカウソ」も冬期に結構見ることが出来ますが、「ベニバラウソ」は「冬期」に渡って来て、日本では滅多に見れない珍鳥部類になります。

鳥見子、このベニバラウソを先日見ることが出来ました。

で、このベニバラウソをアップにあたり、ベニバラウソは滅多に見れない珍鳥ですから、どうしようかなーと、思ったのですが、ベニバラウソ情報のネットを見ていると、「アカウソ」を「ベニバラウソ」と、間違えて書いておられる方が、あまりに多数なので、あえて、アップすることにしました。

鳥見子が「ベニバラウソ」を見た場所は札幌市内某所。見たのは、2012年12月28日と、29日でした。

さ、ベニバラウソ オスです。
【ベニバラウソ 雄】
ベニバラウソ オス
ベニバラウソ オス posted by (C)鳥見子


ベニバラウソの雄も雌も、「大雨覆の先端」に、真っ白い斑が大きく出ます。
ウソや、アカウソは、この「大雨覆先端」は、灰褐色であり、白くはありません。

ベニバラウソの「大雨覆 先端の白」、これがベニバラウソの最大の特徴です。

ベニバラウソの雌も、この白い斑がはっきりあります。(海外のサイトで、ベニバラウソの幼鳥雌の写真を見ると、幼鳥でも結構大きく白い斑が出ていましたが、若い個体はこの白部分が小さいかな?。)
ですから、まず、これを見ないと、ベニバラウソの雌だと断言するのは、ちょっとお待ち下さい、でしょう。
(なお、ベニバラウソの雌は、ウソの雌や、アカウソの雌同様、喉は赤くありません。)



それと、解りますか?。尾羽の裏です。
【ベニバラウソ 尾】
ベニバラウソ オス
ベニバラウソ オス posted by (C)鳥見子


ベニバラウソ オス
ベニバラウソ オス posted by (C)鳥見子


どうでしょう?、結構大きく白くなっている部分がありますよね?

日本野鳥の会高野図鑑「フィールドガイド 日本の野鳥」によると、ベニバラウソはこの尾の白い部分がとても目立つそうです。
そして、外国図鑑「マークブラジル」さんの図鑑「Birds of East Asia」によると、ベニバラウソの次に尾の裏の白が目立つのが、アカウソ。ウソは目立たないのだそうです。


なので、繰り返しますが、大雨覆の先端の白を見て、それの有る無しが、ベニバラウソなのか、アカウソなのか、の、最大な判断基準箇所になります。


それと、鳥見子が撮影した、アカウソと比べてみましょう。
【アカウソ オス(若い個体)】
アカウソ (若い雄)
アカウソ (若い雄) posted by (C)鳥見子


尾の裏に白い軸が出ていますが、大雨覆部分が白くない。



それと、これも見て頂けますか?
【アカウソ 雄】
アカウソ オス
アカウソ オス posted by (C)鳥見子


この「アカウソ」画像は、鳥見子のHP「北海道札幌の自然」からの画像です。
過去3年以上前の画像なもので、元画像と、大雨覆と、尾の裏写真を探しても見当たらなかったのですが、鳥見子、この時見ていて、大雨覆に白斑が無いので、これは明らかに「アカウソ 雄」と、断定した個体です。

こんなに赤くても「ベニバラウソ」ではなく、「アカウソ」なのです。

それと、この画像を見ると、ベニバラウソの赤い部分は、くっきりと白いお腹の部分と分かれていますが、アカウソの場合はだらだらだらっと赤い部分がある。つまり、ベニバラウソの赤の部分と、白い部分は、はっきり境界線がある、と、思えばいいのかな?と思いました。



鳥見子が毎日通っても、滅多に出ないようですし、出ても、あまりに高い位置だから大丈夫かな、と。
それよりは、嘘情報が流通し、アカウソがベニバラウソだと堂々と書かれているので、それは良くないな、と思って、今回アップした次第です。

このブログを見て、沢山の方が勘違いを訂正して下さること、願っています。


さ、HP→「北海道札幌の自然」も、動かさないとなぁ〜。
パソコンがクラッシュしてしまってから、そのHPソフトが使えなくなったので、動かせないでいます。



参考までにわたくしの→「ウソ」話もお時間あれば。

あ、いつものことですが、このベニバラウソ確認場所は、明かせません。ご理解ください。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード