ハイタカ?

今朝は快晴。風も無く、とっても穏やか。絶好の探鳥日和です。さーて何処へ行こうかな。
最近のガソリン代高騰。ご負担が大きくなるので、うーん、いろいろ迷う??



さて、これは1/31の画像。珍しく鳥見子さんがタイムリー?

ある森深~~くを歩いておりましたら、なーんか背中に視線が…。
(おいおい、鳥見子は野生動物か???!)
ほんと、なーんか動物的感というか、自分でも良く見つけたと思います、この子。

振り返ると、遠くになんかカラス大のシルエットのグレーの野鳥。以下の子を遠くに遠くに見つけました。
こんなグレーのカラスは、おらん!、と、ちょい戻ると、あちゃー、やっぱり猛禽だぜ。

【ハイタカ?雌】
ハイタカ?


この個体は、大きさ的にカラス大だったので、また飛んだ時も大きく見えたので、この時はオオタカ!と思って撮影しましたが、これ、ハイタカ雌??
背中に大きい白いパッチ状の白斑がありますが、別に雪が乗っていて白いわけではございません。




実は、この時、同じ場所に2個体見ました。
【(上記と同じ個体)ハイタカ?雌】
ハイタカ?
ハイタカ? posted by (C)鳥見子


1枚目画像の個体が飛んだ時、その個体、鳥見子に見つかったのに、遠くに飛ばないのです。
見ている間に2回飛んだんですが、2回とも、ある木の近く。
そして2回目に飛んだ時、別個体の、やはり背中に白いパッチ状の白い斑がある個体が、その場所から飛び出し、また鳥見子の近くへ…。

おれれれれ?。

つまり、つがいの様に思えました。


で、2回目彼女?が止まったあたり、別1羽が飛び出したあたりを、枝越しに見ると、もしかして巣?、みたいなものも…。

あちゃちゃ、ハヤブサなど猛禽類はもう求愛餌渡ししてたよ、なんて話を聞いておりましたが、もうハイタカや、オオタカも営巣開始時期なんでしょうか??
ただ、気になるのは、その巣かな?の作りかけのもの(本当ん作りかけ。今からまさに作るんですーう、みたいな枝がパラパラと乗った巣)、ハイタカ、オオタカが巣を作るはずの、常緑の松や、松類では無し。

どちらにしても、猛禽の営巣は、特にオオタカの営巣などは、見ると放棄してしまう可能性があるので、もうこの森奥深くに行くつもりはありませんが、これ、ハイタカですか?、オオタカですか??
松以外の木に営巣することって、ありますか?

彼女を見つける前、雪の中から、野鳥の羽毛などがやや散乱している場所があり、おー、猛禽が来てるのかもね?、なんて思っていたら、本当に猛禽がおりました。

お判りの方、こそっと裏に教えていただけたら、嬉しいです。もしハイタカにしても、オオタカにしても、営巣なら、無事うまく行ってほしいなーあと、思っています。
森奥深くなので、そうそう人に見つかる場所ではありませんが…。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ベニヒワを襲うハイタカ

晴れ予報が出ているのに、朝からどんよりとした曇り空の札幌。これから晴れるんでしょうかねえ?
なんか、突くと雪が落ちてきそうです。




昨日も春探しであちこち歩いたのですが、ベニマシコの声かな?を一瞬聞いたんですが、??。
他はオシドリ雄や、ヨシガモや、ハシビロガモ、ヒドリガモとオナガガモとコガモが増えて、などが春でしたかね。
どうも気温が高いわりに、雪解けが進まず、どこも入れなくて。

あ、ツグミと、キレンジャクたった1羽も見れましたね。
アカゲラの巣穴堀り、激しいドラミングも見れたし。

すっかり出すのを忘れていた画像を今日は…。
ベニヒワの群れを襲うハイタカです。

【ベニヒワ群れを襲うハイタカ】
ベニヒワを襲うハイタカ


野鳥の群れがいると、どこからともなくハイタカなど猛禽類が現れます。
それはそうですよね、ハイタカ達は野鳥を捕獲して食べて生きているプロですから。どこからともなく現れるのも当たり前。

でもね、画像を見ると、野鳥が飛んでる方向とは反対に飛んでいる。
つまり、1羽にロックオンしているのと、襲われる小鳥達も反対方向に逃げている、のが、この画像でわかったことです。
やっぱり写真は人の目で見れない野鳥生態を見れる。すごいですね。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ハイタカ 飛翔

暖かい、穏やかな朝になった札幌です。どこかで冬将軍、足踏みしてるんでしょう。助かるなーあ。



さて、昨日、今日と良いお天気。今日より昨日はもっと良いお天気で、快晴。そんな青空の中、飛ぶ猛禽「ハイタカ」です。

ハイタカ飛翔




ハイタカ飛翔2


やはり青空に猛禽は似合いますね。
この子は大きい某公園から飛び出し、山のほうへ消えて行きました。
拡大しても喉部分が膨れていないので、餌をその公園で取れずに、山のほうで算段しようと思って飛翔かな?と、鳥見子勝手な想像。

尾の長さ、体のスマートさから、ハイタカと判断いたしましたが、まちがえておりましたら、またご指摘くださると嬉しいです。手先が6枚開いているので、ツミではいことは間違いますですが、オオタカ、ハイタカの区別、また鳥見子時々間違えることあるようでして、ぽりぽり。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ハイタカ

札幌市内では月曜から中学が…、昨日からは小学校が始まりました。
新しい学期は、こちらも心,新たになる気がします。

さて、今日の札幌は、明け方4センチほどの雪が降りました。ただ、風も昨日のようになく、気温もそう低く感じません。
ええ、昨日は1日強風で、体感温度がとても低く、とても辛い観察になりました。
やっぱり車の中から見れたほうが楽チン。当たり前ですけど。



そんな中、昨日観察できたのは、ハイタカ。

【ハイタカとハシブトガラス】
ハイタカ


どうしてカラスたちって、猛禽類に対して、ちゃちゃ入れるんでしょう。
この時も執拗に追いかけておりました。



他、昨日もウソの声と、マヒワの声は聞けましたが、毎回行く度に会えるかわいい子には会えず。
寒くて、どこかに渡去?、それとも隠れてたのかなあー。残念!


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

営巣中、死亡したハイタカ雌

今朝は雨も止み、遠くに青空も見えるのですが、見ているとみるみる厚い雲が出てきました。ゆっくりした低気圧が通過するらしく、午後にはしっかりまた雨のようです。これで3日続けて雨ですね。

(お陰様で、この2日連続でのんびりしましたら、やっと昨晩は咳を1回もしないで眠れました。ただまだ薬服用です。薬無しでの睡眠はまだ自信がないのです。今日はもう1日のんびりし、完璧に体調を整えます。来週は復活できるよう、頑張ります。)



さて、今日も難しい、悲しいお話、「ハイタカ雌、営巣途中で死亡」…の話。

鳥見子、今年、ハイタカ営巣を見つけました。
昨日のクマゲラ同様、とても不思議なペアで、営巣場所は人も出入りも活発な場所。
ハイタカや、オオタカなど猛禽類は、人目があればすぐ営巣を止めてしまうのが常。
巣材運び時から、そこは人の出入りがあると分かっている場所に営巣。鳥見子の知識にはない、まさかの場所でした。

鳥見子、営巣写真は撮らない主義なのと、営巣の邪魔はしたくなので、以下のボケボケの写真しかありませんが、ハイタカらしい細い尾が巣から出ているのが解るでしょうか?

【2015年、5/1撮影 抱卵するハイタカ雌】
ハイタカの巣


多分この様子ならば、6月上旬には孵化と思っていました。そして6/10頃見ると、巣から飛び出すものがいたので、孵化したと思っていました。



が、6月11日、その営巣場所のごく近くにこんな様が…。(いつも⚪︎様、情報ありがとうございます)

【地面に散乱するハイタカの羽】
死亡したハイタカ雌


見ていたわけではないので正確なことは言えませんが、多分孵化したては巣に居て、まだ小さい雛を雌は温めている時期。そんな時に、最近増えてきているテンや、アライグマに夜、雛が襲われたのでは?。その雛を守るのにハイタカは戦ってそして親まで食べられてしまった?
または、営巣場所のやや近く。
雌親は巣では自分の餌を食べませんから、自分の餌を食べている最中に、同じくテンかキツネかアライグマに襲われた??
そんな感じだと思います。
(親の羽と判断したのは、散乱している羽に幼羽が無かったからです。)

もちろん巣ももぬけの殻。ただ、巣が少し乱れていたので、雛を抱いている最中、夜中に襲われた可能性が高いのでは?と想像しました。

雌が主導権があり、最終的に営巣場所を決める猛禽類。もうここで彼らが営巣することは無いでしょう。
テンに襲われて、コムクドリの巣箱のもう少しで巣立ちという雛も襲われ、全滅した様を去年、鳥見子見ました。
そしてその巣箱、今年も襲われかけましたが(それは鳥見子が巣穴を工夫し、阻止し、無事巣立ちました)、テンやアライグマが増えていること、なにか自然のバランスが崩れているのでしょうか?
自然からの警告なのでしょうか?



(訃報 わたくしの鳥見友人である「五十嵐 敏明様」が6月30日、永眠されました。良い方ほど神様は早くお側に置かれたがりますが早すぎます。また一緒に探鳥したかったな。北海道で会いたかったな。今日になり訃報を知ったので、ショックです。心よりご冥福…は、どうも鳥見子は使いたくない言葉なので使いませんが、あんな素敵な方と、もう会えないのは悲しいです。)

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード