ホウロクシギ

今朝も良いお天気になりました。暑くもなく、寒くもなく、まさに行楽日和。
でもね、これから気温がぐんぐん上がり、27度にまでなるそうですよ。
やっとタイヤが来ますから、お出かけと思っていましたが、暑さ苦手な鳥見子だから、まだ自重か?



さて、シーズン最初の時、今年は結構会えていたホウロクシギをアップ。ええ、最近は見ないですね。
春真っ先に渡ってくるホウロクシギ。秋の渡りもそれと同じく早いのでしょうか。


【ホウロクシギ】
ホウロクシギ


なぜホウロクシギというのか、名前由来を調べようとネットで見たら、なんか書いてるのが「???」なので、ちゃんと本で調べてみました。

と、調べると、ホウロクシギの名前由来には定説がないようです。

【ホウロクシギ】
ホウロクシギ2

けれど、昔、シギ類が捕獲され、食べられていた時代=江戸時代、台所の土間に置かれ、丸まったこの体色が茶色のホウロクシギ(焙烙シギ)が、焙烙(ほうろく=食材を煎ったり、蒸し焼きにしたりする時に使う素焼きの土鍋)に似ていることから名付けられたのであろう、と野鳥の名前(山と渓谷社 解説安部直哉)に出ておりましたよ。



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

野鳥の名前 [ 安部直哉 ]
価格:3456円(税込、送料無料) (2016/9/25時点)




絶滅危惧種のホウロクシギ。日本で見かけるシギの中では大きいシギの仲間になります。近くでみたら、ふーん、そんなに大きくないな、なんて思ってしまいますが、やっぱり飛翔すると、でかーっ、と思うホウロクシギです。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ホウロクシギの群れ、飛翔

今朝の札幌も快晴。でも、昨日よりはずっと暖かい朝です。行楽日和の良い週末になりそうですね。
十勝岳付近の紅葉も素晴らしいようですよ。


さて、今シーズンは、希少種のホウロクシギに出会える機会が多かったと感じている鳥見子ですが、それも群れで見れたんですよ。
【ホウロクシギの群れ 飛翔】
ホウロクシギの群れ、飛翔
ホウロクシギの群れ、飛翔 posted by (C)鳥見子

やはり単体でも感動する大型シギのホウロクシギですが、群れだとなお感動。



そうそう、昨日午後4時頃、厚田方面にて、ダイゼン幼鳥8羽の群れと、ミユビシギ幼鳥5の群れが、鳥見子の目の前に、さーーっと降りて来てくれて、感動しましたよお。やっぱり朝や、夕方って、鳥見の良い時期、ポイントですね。


テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ホウロクシギ(幼鳥)

今朝の札幌は、冷えましたよ。全国的にも今年一番の冷え込みだったらしいですが、半袖で早朝出たら、この暑がり鳥見子が、震えました。秋がいよいよ駆け足で来ているようです。
旭川は初霜記録。9月中に初霜記録は、4年ぶりだそうですよん。

しばらく秋らしい日々が続くようですね。
全国的にも今日は、晴れ。さ、良い季節を楽しまなくっちゃ。


今年はホウロクシギが多く見られた感じがします。
また、この子も幼鳥だからでしょう、どんどん近づいて来ました。

【ホウロクシギ】
ホウロクシギ
ホウロクシギ posted by (C)鳥見子


なお、これは、8/21撮影です。

ホウロクシギは、ダイシャクシギと似ているので、古くはこの2種を区別せず、ホウロクシギも、"だいしゃくしぎ"と呼ばれていたようですが、江戸時代後期から"ほうろくしぎ"として区別されるようになったみたいです。

なお、ホウロクシギについての語源については定説がないようですが、焙烙という素焼きの土鍋に似ているということからついたと思われます。…と以下の参考文献より…。

「レッドデータブック」絶滅危惧II類種。
参考文献:『世界鳥名事典』(三省堂) 『ポケット図鑑 日本の鳥300』(文一総合出版) 『鳥名の由来辞典』(柏書房) 『山渓名前図鑑 野鳥の名前』(山と渓谷社)

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

怪我をしているホウロクシギ

今日は痛々しい画像ですみません。怪我をしているホウロクシギです。

【怪我をしているホウロクシギ】
怪我をしているホウロクシギ
怪我をしているホウロクシギ posted by (C)鳥見子


お解りなられますか?。片方の翼下がっていますよね?。どうも翼がおかしいようです。


【翼に怪我をしているホウロクシギ】
怪我をしているホウロクシギ
怪我をしているホウロクシギ posted by (C)鳥見子


話に聞くと、この場所にこの子はもう4日間程居るようです。
こんな怪我をしているのですが、見ていると飛ぶことは飛びます。でも、遠くにはいけないようです。

なので、この子を追いかけて撮影すると、直るものも直りづらくなるかもしれません。
ですから、この子をもし見かけたら、そっとしておいて上げて頂けたらと思います。

ここは、ホウロクシギが越冬出来る環境ではない場所です。彼の怪我が直り、無事越冬地へ行けるよう、暖かく見守って頂きたいです。

この画像は昨日午後の撮影です。タイムリーに画像をアップしない鳥見子ですが、ちょっと心配でアップしました。
今日もこれから行ってみますが、彼が無事渡っててくれるといいけれど、居なければ居ないで、狐に襲われたのか?とも心配になりますが。


<追記>
今日午前行ってましたが、わたしはこの子を観察出来ませんでした。無事渡ってくれた、と思いたいです。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード