コルリ 雄

昨日は一日雨。今日も晴れ予報で、雨の確率も10%というのにぃー、朝から鳥見子自宅近くは大雨です。
なんでだ!!!
アメダスの雨雲情報を見ないと、出かけられないわ。




さて、某所で隠れて見ていますと、こそこそっとこの子が出てきてくれました。
なかなか見れないコルリです。
【コルリ 雄】
コルリ 雄


鳥見子、コルリの雌が見たくております。雄もなかなか見ることが叶わない野鳥ですが、結構鳥見子は縁がございます。
が、雌は実はまだチラッとしか見たことがないのです。
今年の目標、コルリ雌ゲット!!



昨日のアカモズなど、今時期の野鳥観察の注意点の友人話、ご賛同頂き、誠にありがとうございます。
北海道の今時期はどの野鳥も繁殖期。繁殖してもらうことが何より大切。鳥見子もより気をつけようと思っている時期です。

じっ、じっ、など野鳥が単純な声をだし、そして餌をくわえたままならば、そこは近くに「巣」あります。
あ、近くにきてくれた、ではなくて、巣が近くて、警戒し、巣に入れないでいる、餌を雛に運べないでいるのです。その場合はすみやかにその場を離れてくださいませ。お願い申し上げます。

特に今は、ノビタキ、ノゴマがその傾向があり、気をつけてください。
はい、もちろん、鳥見子も気をつけます。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コルリ

今日は早朝から出ないとならないので、予約投稿です。



例年なら、絶対確実に会えるコルリ。今年は声は聞けども、姿を見ることが出来ずにおりました。
が、やっと見れました。

【コルリ 雄】
コルリ 雄


そして、写真にはなりませんでしたが、この雄の後ろに雌が見えました。
鳥見子、コルリの雌が見たくて見たくていました。

まったく同じシルエットの、同じ大きさの、コルリ雄の茶色版=コルリ雌でした。
明らかにノゴマ雌とは違う大きさ。そしてなによりコルリの雄の腹から胸。鳥見子は、真珠のようだと思うのですが、雌も同じく真珠色でした。

コルリ雌、滅多に見れないどころか、まず見ることが叶わないコルリ雌。今度は写真にも納めてみたいものです。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コルリ

今朝の札幌は久しぶりに晴れ。風もなく、穏やかな1日のはじまりです。

で、たった今、上空をイスカ5の群れが鳴きながら飛翔。某所では、もうベニヒワとマヒワも出て、なんとイスカも30以上出ていると聞きます。今年も、去年同様ベニヒワ、イスカの当たり年でしょうか?
さ、これが、定着するか…?、ですね。



あははっ、わたし、コルリのカテゴリーも作っていなかったんだわ。いやいや、思いもしないもの、作ってないですわねぇー、わたし。

【囀るコルリ】
コルリ
コルリ posted by (C)鳥見子


これも、もちろん出し忘れの今シーズン春に撮影のもの。

コルリは、声はすれども姿がなかなか見れない野鳥。渡りの時期、時々地面に出てきて採餌していますが、それも一瞬ですぐ逃げる。また鳴いていても、小高い木の上だったり、枝が混み混みの場所だったり、なかなかすっきり見えない野鳥。これもすごーくどこで鳴いているか、見つけるの、苦労したものです。



テレビで、世界有数のマガンの飛来地宮島沼のことを話していましたが、カムチャッカの繁殖地から、マガンは一気に時速100キロで4000キロを飛翔し、宮島沼へ入る…。高速飛行しているので、そのブレーキをかけるたけ、落ちるように水面着地する、と言っていました。野鳥の生態は、面白いです。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード