怪我をしているコオリガモ雄(2)

積雪が昨晩あったようで、うっすら、うっすら、白くなっている道路。今も、晴れているのに、大粒の雪が、パラパラと落ちて、雪の狐の嫁入り状態。

でもね、今週からグングン気温が上がって、降る以上に融ける量が多くなりますよって、テレビで。マガン類の渡来情報も次々とありますし、シノリガモ達もすっかり姿を消してしまっています。
今年の春は、早い気がします。




さて、昨日も某所と某所と某所を見てきましたが、気になっていたこの子も見てきました。怪我をしているコオリガモ雄です。
いつもの定位置にいないので、ああ、悲しいことになってしまったか(死んだか)、無事渡去できたかと、思って、帰ろうと方向転換をした途端、岸壁にふっつくように、車の真下にいる彼を発見。

【怪我をしているコオリガモ雄】
怪我をしているコオリガモ雄3



怪我をしているコオリガモ雄4


へーー、コオリガモの嘴って、鍵状になってて、しかもこんなピンクと黒のところ、こんな風に…。
いやいや、違う違う、足見なくっちゃ。

慌ててスコープを出して、彼をずっと見てたんですけど、やっぱり写真じゃないと、状況が止まらなくて、良く分からない。
…と、気がついて、慌ててカメラをちゃんと出したら、あちゃー、どんどん離れていってしまって、足撮影出来ない。
がっくり。

と、撮影したのが上記なのですが、やはり右足を、横向きにして、良い状態ではなさそうです。


で、そのお話を知人の方にしましたら、良いお写真を快くお貸しくださいました。
(△様、ご快諾、誠にありがとうございました。助かりました。)

なので、以下は、お借りした画像で、鳥見子が撮影した画像ではありません。
【怪我をしているコオリガモ雄の足の状態(2017年3/5 午前9時頃撮影)】
怪我をしているコオリガモ雄(頂いた画像)
怪我をしているコオリガモ雄(頂いた画像) posted by (C)鳥見子



怪我をしているコオリガモ雄(頂いた画像2)
怪我をしているコオリガモ雄(頂いた画像2) posted by (C)鳥見子


素晴らしい解像度の、とてもお上手な綺麗な画像なので、彼の足がどうなっているか、これなら良く解ります。

左足に比べ、足全体が膨らみ、腫瘍ができて膨らんでいるのとは違うように鳥見子には見えますが、皆様如何でしょう?

画像より、多分、多分、この画像に写っていない、そして鳥見子の画像にも写っていない足の付け根部分に、透明なテグスが絡まり、彼の足を締め付けているので、全体に右足が膨らんでいるのでは?と想像しました。



この足の状態が続くならば、血流が滞り、最後にはこの足は壊死して落ちてしまうのではないでしょう。
以前も書いたことがあると思いますが、野鳥はじめ自然界の生き物は、痛い、痛いと、言って弱っていることを表に出すと、「僕、弱ってますから、食べてえー」と、捕食者に対してのアピールになってしまいます。
なので、痛みに強いというか、鈍感というか、弱味?を見せないようにしています。

なので、人の観点からいうと、痛くないのね、では無いようです。

こんな陸に上がっている状態はやはり異常。またこのようにコオリガモが人の真下に居ることも異常。
そしてそして、この足様子はどう見ても異常です。

画像にあるように、羽が汚れている様子も無く、見ていると潜ったり、飛翔したりもしますので、今日明日にどうの…ということも無いかと思いますが、餌を取らねば彼は生きていけません、体力も、足の回復(無理だと思いますが)もおぼつかなくなります。

泳いだり、飛翔している状態のものは保護は難しいですが、皆様、もしこの子をご覧になられて、陸に上がり、ぐったりしているようならば、保護も可能。保護してあげたほうが良いと思います。もしお気持ちありましたら、この子がいる市の市役所にお電話してくださるなり、鳥獣保護員の方にご連絡されていただけたら、幸いです。

なお、もっとこの怪我状態がわかるお写真をお持ちならば、お手数ですが、鳥見子に鍵コメなど頂けたら…、見せて頂けたらと思います。

繰り返しますが、足状態を撮影するのに、この子を追いかけるのはおやめくださいませ。また今、近くによってきている状態のことがこのようにあるようですが、車から出ず、そっとご観察、ご撮影願えればとも思います。
(△様、本当にお写真掲載ご快諾、ありがとうございました。助かりました。)
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

怪我をしているコオリガモ雄

今朝も昨日に続き、寒い朝なものの、強い日差しを感じる朝となりました。
さーー、今日も、1日がんばろ。



さて、☆様に情報いただき(いつも情報ありがとうございます)、札幌近郊の港に来ているコオリガモ雄を見てきました。



でもね、このコオリガモ雄、怪我してるんです。

鳥見子が見た時は、漁民の方々に迷惑がかからないようにと思い、夕方。
日曜にこの子は現れ、その時は近かったらしいですが、鳥見子が見た時はこの状態。
高倍率のスコープでも点の世界だし、もちろん1200mmで撮影しても、近くで見ることは叶いませんでした。



が、その点のような状態で見ても、右足に怪我をしているのか、体が右に大きく傾き、盛んに体を気にして、毛繕いしたり、画像にあるようにバタバタしたり。

【怪我をして、バタバタしているコオリガモ雄】

怪我をしているコオリガモ雄3
怪我をしているコオリガモ雄3 posted by (C)鳥見子




おまけに、一度テトラの上に上がったのですが(それもコオリガモ的には異常なことです)、すると、やっぱりあざといハシブトガラスが、さーーっと寄ってきました。


怪我をしているコオリガモ雄
怪我をしているコオリガモ雄 posted by (C)鳥見子


慌てて海に戻るコオリガモ雄。


怪我をしているコオリガモ雄2
怪我をしているコオリガモ雄2 posted by (C)鳥見子


こういう弱っている野鳥や動物のこと、ハシブトガラスたちは、本能的に?感じて寄ってきますから。



野鳥や、動物は、人と違い、痛い、痛いと言っていると、「弱ってますよーお、食べてくださーい」とアピールしているような状態になるので、痛みに強いと言われています。

なので、この子も、一見普通で、ぐったりしている状態ではありませんが、上記様子などから総合的に見て、テグスがかかっているか、、右側になんらかの怪我をしていることだけは確かです。

この状態が続けば、もしかしたら、陸に上がったり、カラス、カモメ類に突かれてしまうかもしれません。

その場合は、それはそれで仕方ないですが、近くに来たからと言って、人が追いかけることで、餌も取れず、見守っていたら復活回復するものも、それでできなくなるかもしれません。



ご観察の皆様も、それを理解され、もし岸近くに寄ってきても、追いかけたりせず、暖かく見守っていただけたらと思います。
また、漁民の方々の営業に迷惑をかけないでもいただきたいな、とも思いますし、
もしもし陸に上がって、捕獲できそうなら(頭に布などをかけると、野鳥は落ち着きます)、そうしていただき、市役所などにご連絡いただけたらと思います。

どうぞご協力のほど、お願い申し上げます。

鳥見子が珍しくタイムリー情報アップ。
どうかどうか、どーか、彼が頻繁に餌を取れるように、早く回復できるように、遠くから、彼を暖かく見守ってくださいませ。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コオリガモ

朝5時半頃から急に冷たい雨になった札幌。今日一日雨で、夕方にはもしかしたら雪。明日は平地でも雪が積もるかも?、なんてテレビでの天気予報。
つい、この間まで、窓を開けると、暑い空気が入ってきていたのに、季節はちゃんと進む。時は進む。
そうですよね、明日から11月ですもの。



さて、今日はちゃんとした鳥見下見に出ようと思っていたのですが、雨で中止にしました。
で、去年の今頃、何を見てたのかなーと思って、アルバムを振り返ると、こんな子を見てたんですね。
コオリガモです。


【コオリガモ(2015年10月29日撮影)】
コオリガモ




コオリガモ2


道南の旅でも、シノリガモや、シロカモメなど、冬鳥の海鳥到来を見ましたが、札幌でも、ミヤマホオジロや、クマゲラ情報が入りだしました。
雨が上がったら、海、山に、下見に行かねば。



そうそう、道南では、あちこちで、ベニマシコの声がしていました。用心深いベニマシコなので、姿確認までには至りませんでしたが、ベニマシコが越冬する道南です。やっぱ道南だなーあと、思いました。
あちこちで、ノスリも飛んでたし、ハイタカや、ハヤブサも多かったし。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コオリガモ 若いオス(?)2

今朝の札幌、早朝はそうでもなかったですが、雪が深々と降り、かつ猛烈に寒い。どんどん降ってきているし、これは近場だけの下見になりそうです。

昨日行った場所では、ベニヒワがたった4羽ですが、カツラの木の種を食べていました。けれど、やっぱり木のてっぺん。時折頭部分が見えますが、遠いし、ベニヒワの体下部分しか見えないし…。なかなか厳しいです。



さて、今日も昨日アップしたコオリガモの画像続きを‥。

【コオリガモ】
コオリガモ 若いオス?3
コオリガモ 若いオス?3 posted by (C)鳥見子

コオリガモ 若いオス?2
コオリガモ 若いオス?2 posted by (C)鳥見子


背中部分を見ていただくと、鳥見子が若オスか?といったことも少し論拠になるかな?と、アップしました。
如何でしょう?
これは、間違いなくメスです…などなど、お詳しい方おられましたら、お教えくださいませね。検討したく存じます。

しかし、カモを人の擬似的に見るのはおかしいことですが、嘴の横が、上がって見えて、まるでちょっと前に流行った口角が上がって見えるアヒル口みたいで、くすっと、笑ってしまった鳥見子です。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コオリガモ 若いオス(?)

今朝の札幌は、昨日午後からの積雪で、しっかり真っ白風景です。もう、これで根雪になるのかなぁ?



さて、昨日は午後から大荒れという予報でしたので、急いで午前中某所へと走りました。
ご褒美第一弾はこの子「コオリガモ」です。

多分、体色(下の部分に白が少ないこと。顔の部分が白いこと)や、新版 日本の野鳥(山渓ハンディー図鑑7 新分類体系準拠)のP82の若オスにそっくりなので、嘴のピンク部分はまだないものの、若いオスでは?と思っているのですが、如何でしょう?

【コオリガモ 若いオス?】
コオリガモ 若いオス?
コオリガモ 若いオス? posted by (C)鳥見子


顔の色から雌の冬羽では無く、幼鳥に間違いないと思いますが、オスか、メスかは、難しいですね。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード