FC2ブログ

キリアイ

今日は久しぶりにぴっかり晴れて、しかも暖かい朝になりました。さーーて、さっさとパトロールだ。
でも、ちょい風が強いですな。



昨日ヘラシギに今年はとうとうわたしは会えなかったと書きましたが、このキリアイにも今年は1回しか会えませんでした。とほほ。

【キリアイ】
キリアイ


綺麗な子ですよねー、キリアイって。なんか、斬り合いするみたいな物騒なことに名前が似てますけど、そういうことでは無く、くちばしが錐に似てるとか、諸説あって、語源ははっきりしないようです。
スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

キリアイ

今日は激しい雨になったりする時もあるスタートの朝になりました。
先日のように雷などはありませんが、お天気不安定かな?かな?かな?



さて、先日某所にてキリアイを見つけました。
しかも、今日アップ画像は1羽ですが、8羽くらいの群れだったという面白さ。
鳥見子の短い?鳥見人生では、キリアイがこんな群れで一緒にいるのは初。
最大で4羽というのがわたしの記録じゃないかなーあ。記憶は不確かですけれど。

【キリアイ】
キリアイ


野鳥を見る度、どの種、どの子も綺麗だなーあ、と思う鳥見子ですが、この子もくちばしの先だけ下がってるは、頭に線はあるは、背中に綺麗なV字はあるは、なんと美しいのだろうと思います。



(人生色々あり、食事は出来ない、眠れない、何を見ても涙涙だったこの1週間だった鳥見子ですが、昨日たった一つでも良いことが…が、あり、それで一発逆転、めちゃ元気、めちゃ普通に戻った鳥見子です。心ここに在らずで、この1週間アップしてましたので、蝶々の名前や野鳥の名前を間違えたりし、皆様にご迷惑をかけましたが、やっと復活傾向♪。
ただ、心ここにあらずで、誰が見てるか解らない、訂正をあとからしてもキャッシュで残ってしまうネットの世界に、記事をアップしてはいけませんね。そういう時は、ずばっとお休みしたほうが良いのかもなと、思っています。って、もう心ここにあらず状態にならないように、日々努力、心使いをしたいと心新たに思う鳥見子ですが、気をつけねば。

本当にご心配おかけし、ご迷惑おかけし、申し訳ございませんでした。言い訳になりますが、こんなに辛い辛い一週間は無いというほどの一週間だったんです。鳥見子、すぐ食べられなくなるからなあ。頭も動かなくなるし、なんでもどうでもよくなるし。良いダイエットにはなるんですが、ほとんど食べられなくなるから。心も無くなってしまうから。空元気だしても、空元気だし。

神様ありがとうございました。皆様にも感謝ですが、神様に感謝感謝。今後より良い行いしますので、もっと良いこともたった1つで良いのでお願い致しますね。)




そうそう、これも書いておかねば。
キジバト営巣失敗と思っていたのですが、2日間全然動きありませんでしたが、昨日からまた何か動きが?
でも、巣に座っているわけではないんですよ。昨日も巣の中付近に入り込んででてこないし、今日は2羽で来てて、また1が巣の中付近に入り込んででてこない。これは再営巣ですな、きっと。

それと、新しくチゴハヤブサの巣を4日前に見つけたのですが、一昨日にはもうその巣から離れて、若い個体3つが飛びまくり。以前から見ていた巣も、昨日久しぶりに見に行くと巣立ち(多分一昨日に巣立ちでしょう)が雛多分3、他も1雛はしょっちゅう巣に戻るのですが、他3は近くでピーピー親に甘えております。ヨカッタヨカッタ。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

キリアイ

今日も雨では無い日になりそうで、こんなに晴続きだと、草木も大変ですね。一度、草木のために(鳥見子の写真整理のためにも?)一雨欲しいかも?




さて、今年は淡水のシギが居ない、見かけないと、見かけても数が少ないと、本州お客様からもお話いただきましたが、鳥見子の回りでもそんなイメージです。

繁殖地で何か異変が?。
それとも、黒潮の蛇行がおかしいみたいに、季節風がおかしくて、シギたち渡りルートが変わってる?
なんでもないと良いのですが。

そんな中、キリアイを久しぶりにみました。
キアシシギは用心深いイメージという鳥見子の話を昨日書きましたが、キリアイって黙ってたら、どんどん近づいてくるイメージのシギに鳥見子は思っています。
この時も、草地に隠れていたのを、だまーって見ていたら、どんどん近くに来てくれて、こちらが下がらないと撮影できない、観察できない、双眼鏡に入らないっていうか…。

【どんどん近づいてきたキリアイ】
近づいてきたキリアイ 


同じ人でも用心深い人と、そうではない人という個性がありますが、野鳥だって、同じ種類だって、いろいろ性格があるんでしょうけれどね。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

キリアイ

昨晩、皆様のところでは中秋の名月、見れましたか?。36年ぶり?だったかな?、早い中秋の名月だったみたいですねーえ。
札幌は雲に殆ど隠れてしまっていて、いまいちでした。


今朝の札幌は、早朝はからっと晴れていましたが、天気予報通りこれから雨になるそうかな?
さ、急いで森林を下見、下見。

昨日も森を下見していましたら、多分ツツドリ(成鳥)と思われるものが、1個体ですが何度か目の前を飛翔しました。
鳴かないし、後ろ姿だけだったので、なんとも言えませんが、多分場所的にカッコウではなくて、ツツドリだと思ったのですが…。



さて、昨日は陸の野鳥ツバメでしたが、今日はまた海側に戻りキリアイを…。

【キリアイ】
キリアイ
キリアイ posted by (C)鳥見子


キリアイって、不思議な名前ですが、過去もこちらのブログで書いたことがありますけれど、
キリアイとは、漢字で錐合と書きます。

実はこの不思議な名前、意味も起源も明らかではなく、説も無いのです。
が、本によると、眉線と頭側線を錐(大工道具の錐=きり)に見立て、
その錐と錐が額で合うので、錐が合う=錐合のなったのでは?という方もいるようでねぇ。

キリアイを見ると、鳥見子、必ず、必ず思い出すことが一つ。
キリアイって、人を恐れない野鳥というイメージがある鳥見子ですが、鈍臭い子なのかも?
だってね、鳥見子が過去見ていたら、アシの間にキリアイが居たんですけれど、アシとアシの間に肩(野鳥に肩というのはおかしいですが)が挟まって、ウゴウゴと動けなくなったんです。
なら、後ろに下がればいいわけでしょ?。が、前に行こう、前に行こうってするだけなので、ただただウゴウゴしてて、笑ってしまいました。

あ、鳥見子が追いかけたから、慌ててて、後ろに下がれなかったのでは?と言われるかもしれませんねえー。
いえいえ、それは双眼鏡で見ていた、遠くからだったんですよーお。彼に警戒されたから…では絶対にないと思います。
キリアイ君、何か凄く急いでいたのか、キリアイを見るたびにそれを思い出す鳥見子です。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

キリアイ

すっかりこの子を出すのを忘れていました、キリアイです。
これは8月29日撮影ですから、ずっと前ですよお。

【キリアイ】


キリアイは、わたしの知識では、干潟や、河口、水田など、淡水を好むと思っていましたが、この日は砂浜で、トウネンと一緒に採時していました。

個体数が少ないと言われているキリアイを過去、足下などで見たことが何度もありますが、必ず観察場所は淡水でしたから…。
そしてキリアイって、どうしてこうも人を恐れないのかというイメージが、ある野鳥。この子もそうでした。



2012年9月18日確認野鳥
小樽某所
ウグイス、カイツブリ20、ハジロカイツブリ10、ツルシギ1
アオアシシギ2、トモエガモ2、コガモ20、マガモ20、ハシビロガモ1、オナガガモ7、ヒドリガモ7、

石狩某所(以下)
ダイゼン、トウネン4
カワセミ2、アオサギ10、ダイサギ4、チュウサギ3、アオアシシギ15、コアオアシシギ15、オグロシギ7、ヒバリシギ1、ソリハシシギ1、ツルシギ6

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード