シロエリオオハムとオオハムの違い

今朝の札幌、大荒れだった22日木曜午後からの雪がやっと収まり、今までの猛吹雪が嘘のようにぴっかり晴れています。

テレビでも沢山流れていますから、ご存知でしょうけれど、北海道札幌近郊は、2つの発達した低気圧が接近した影響で、22日木曜午後から昨晩いっぱい大荒れで、23日の積雪が、なんと96センチとなり、主要幹線道路も除雪が追いつかず、凸凹だし、道幅は3車線が1車線になり、歩道の横の雪は人の背よりも高いという…。
どこもノロノロ状態で、物流的には大変な打撃。

え?、札幌でのその積雪、普通じゃないの?と思われる方、いえいえ、違うんですよ。
札幌の12月積雪が90センチを超えるのは、1966年以来50年ぶり。
札幌が12月でこんな積雪なんて、おかしい。クリスマスなのに、雪0なんてことも良くある札幌です。

おかげで、千歳空港も欠航し、22日は3000人、昨晩は過去最多の約6000人が空港で一夜を明かし、寝泊りする方にお貸出しする毛布が足らず、自衛隊にもお願いしたようです。
またJR札幌駅は除雪が追いつかず、なんと午前中いっぱい全面運休とか。
うーん、そんな話聞いたことないどお。

昨日から3連休とおっしゃる方も多いでしょうが、お休みで良かったですね。



さて、オオハムを出したあとは、ボケボケ、大トリミングですが、シロエリオオハムを…。


【(左端)オオハム、(右2羽)シロエリオオハム】
シロエリオオハム


拡大していただけたら、シロエリオオハムの喉部分に首輪状の黒い線ありと、後ろに白い巻きが無しと、
なにより、オオハムは体長72センチ、シロエリオオハムはそれより約7センチ小さく65センチという大きさの違いもお分かりになられますでしょうか?

遠目で単体で出ると、シロエリオオハムか、オオハムかは、後ろの白巻きが見える見えないでしか判断出来ませんが、それとて波があると見え隠れしてなかなか見えませんけれど、近いと大きさの違いや、喉の首輪状の斑と、その後ろの白巻きが見え、シロエリオオハムなのか、オオハムなのかの識別は可能です。




皆様、良いクリスマスイブをお過ごしくださいね。鳥見子は、まず除雪からかな。この積雪=除雪なら、年賀状なんて、まだまだ先になりそう。うーむ。

スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

シロエリオオハム

今朝は昨日の寒さからは少しだけ、少しだけ楽チンになりましたが、相変わらず、昨日に引き続き風が強く、寒いなぁ。
今日1日強風なら、鳥さんは、風が苦手だから、上に出てこないもんなぁー。うーむ。春探しはどこへ行こう。



さて、急いでアップしないと、あせあせっ。
今日は、また海鳥ご披露に戻り、「シロエリオオハム」。

【シロエリオオハムの群れ】
シロエリオオハムの群れ
シロエリオオハムの群れ posted by (C)鳥見子


数日前のこのブログにも書きましたが、この観察地点では、鳥見子は、脇?、体?に白い巻き模様の斑が入ったオオハムをよく見ますが、この日はいつもと違い、オオハムよりも、このシロエリオオハムのほうが多く見られました。しかも、こんな群れで、この地で、この時期、近くに浮いているなんて、鳥見子は初。
来年もこの時期、同じ様になるか、絶対に見に行こう!。

でもねーえ、これって、今年特別な気もするのですの。札幌近郊の海でも、今年はやたらとオオハムと、アビが見られました。何か、海の中が、以前と変わっているのかしら?
表面から、海の様子は計り知れないもの。多趣味の鳥見子、ダイビングもする?

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード