ハシブトウミガラス

今朝も穏やかな朝に…と書きたいのですが、風が強いことと、どんよりとした空。午後からはまた湿った雪の吹雪になるようです。



さてさて、今日はハシブトウミガラスをアップします。

【ハシブトウミガラス】
ハシブトウミガラス



ハシブトウミガラス2



ハシブトウミガラスにそっくりな野鳥に、ウミガラスが居ますが、この数年、以前はウミガラスのほうが圧倒的に多かったのですが、最近はハシブトウミガラスのほうが多く見かけるようになった、この観察地。

ハシブトウミガラスはもともと航路などで見る沖にいることが多い野鳥。何か、変わってきたのかなーあ、海の中。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ハシブトウミガラスとウミガラス

今朝の札幌、一瞬パラパラと雪が降りましたが、晴れてきました。昨日、一昨日よりはずっと朝の気温は低いですが、日差しは強く、春を感じます。

昨日も我が家近くでアトリとシメとマヒワとベニヒワの群れを見ました。我が家にアトリは来なくなって数日たちますが、まだまだアトリは確認できます。



さて、今日はさっさとUPしないと時期がずれてしまいます(あせあせっ)ので
今日のアップは、ハシブトウミガラスとウミガラス。
繰り返しますが、この2種は、札幌近郊で12月中頃から3月中頃まで、確認できます。
その2種 ハシブトウミガラスと、ウミガラスの違いをわかっていただきたく、2種を並べてみました。

【ハシブトウミガラス】
ハシブトウミガラス
ハシブトウミガラス posted by (C)鳥見子




【ウミガラス(オロロンチョウ)】
ウミガラス
ウミガラス posted by (C)鳥見子

ウミガラス (正面)
ウミガラス (正面) posted by (C)鳥見子




どうでしょう?。
どの図鑑にも書いていませんが、鳥見子にとってハシブトウミガラスって、猪首で、顔・首付近が真っ黒っていうイメージです。

それに反し、ウミガラスは正面から見ると、「V」みたいな白い切れ込みが見え、そのせいか横から見ても首が白く見えます。

これは、夏羽になるとわかりづらくなるのですが、やはり横から見たシルエットが、ハシブトウミガラスだと猪首に見えるなーと、思う鳥見子です。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード