ケアシノスリ

あまり我が家は外の音が聞こえない家なのですが、昨晩は、時折ですが、ひどく叩きつける雪や、雨の音で目を覚ますことが多かった鳥見子。また寝不足だぁ。

朝になってからは、強風はおさまりましたが、薄曇りだったり、時折みぞれが降ったりと、良いお天気ではない日曜になっています。
今週はずーっと雨、雪マークも出ていて、なかなか外には出られないかもしれません
(鳥見子的には、まだ新スマホと、パソコン画像整理に追われているので、良いといえば、良いのですが、下見が…困った。)



去年は今頃から、12月いっぱい、この子に良く良く会えました。今年はどうなんでしょう。「ケアシノスリ」です。

【ケアシノスリ(去年2016年11月中旬撮影。拡大してみたら、こっち見てるしぃ〜〜)
ケアシノスリ



もう来ているだろうと、この子が去年は良く現れた場所に行ってるんですが、ノスリばかりが目に付きます。
一回、どさっと雪が降らないと、この子もより北から降りてこないのでしょうか?

以前こちらにも書きましたが、ケアシノスリの雌雄は、尾の線の数よりも、腹帯の太さと斑点の数みたいなので、
腹帯が太く、斑点が少なく見えるこの子は、ケアシノスリのメスなのでしょうかね???

今年ももしケアシノスリに沢山会える当たり年になれば、それを中心に見てみたいと思っています。



噂では、もう道東に、ギンザンマシコや、イスカの話もあるようですね。
こちら札幌でも、鳥見子はまだ見てないけどイスカや、キレンジャク、ヒレンジャクは来ています(これは鳥見子も見てる)から、今年はケアシノスリはじめ、冬鳥はどうなるのでしょう?

って、明日も明後日も、雨、雪じゃあ!!!
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ケアシノスリの雌雄判別

今朝の札幌、時折ぱらっと小雪が舞うこともあるものの、概ね晴れ。暖かいし、いい感じの朝を迎えることができました。
けれど、明日、明後日と大荒れになるそうで、いやー、困ったどぉー。ご案内どないしょ?




さて、早速に昨日書き残した話、「ケアシノスリの雌雄判別ポイント」の話を。

と、言いましても、まだまだ鳥見子も勉強中です。もし、あれれ?と思われることあれば、裏でこそっと教えてくださいませね。

で、ケアシノスリの雌雄判別ポイントは、まず、「尾につく横線の数」が、ポイントになるようです。

ですが、手元にある6冊図鑑を調べると、その尾の横線の数が

1、雄3〜4本  雌2本  (雄の本数多い)
2、雄2〜4本  雌1本   (雄の本数多い)
3、雄2〜3本  雌1〜2本 (雄の本数多い)
4、雄3〜4本  雌2〜3本 (雄の本数多い)
5、雄2本以上  雌1本   (雄の本数多い)
6、雄1〜2本  雌3〜4本 (雌の本数多い) と  図鑑によりまちまちです。

つまり、多数決?だと、ケアシノスリの雄は、尾の横線本数が多く、雌はその本数が少ないということになると思うのですけれど、上記に書いたように、まー、図鑑により、まちまち、全く同じこと書いた図鑑無し、なんです。

えーいっ、と、中間をとって?、ケアシノスリ尾にある横線は3本以上が雄。
ケアシノスリの雌は1本か2本かな?と思うのですが、うーん。

まして、6冊目の図鑑だと、その反対で、雄のほうがその本数が少ないと書かれていたりして(多分、これ記載間違いだと思うのですが、改訂版がその後出ていないので、??)、はっきりしない、まだ良く調べられてないのかなあ?

つまり以下の子は、尾に横線が3本見えますので、ケアシノスリの雄?
【ケアシノスリ雄】
ケアシノスリ 尾




と、思っていたら、新しく改訂版が出た「比べて識別 野鳥図鑑670」に、
ケアシノスリもノスリ同様、お腹のベルトみたいな帯ありますよね?、
ケアシノスリの雄は、腹の帯状斑の、幅が狭く、斑点上に連なる。
ケアシノスリの雌は、腹の帯状斑の、幅が太く、一様に茶色になる、との記載があるのを見つけました。

その識別ポイント(腹の帯の太さ)のほうが、尾の横線数より間違いないケアシノスリの雌雄判別になりそうです。

つまり、1枚目画像は、尾の横帯の数も3本以上に見えますし、お腹の帯もぱらぱらっと斑点状に見えるので、雄で間違いないのかな?



で、これは、尾の横線本数も少ないし、腹帯も一様に茶色に太く見えるから、ケアシノスリ雌?
【ケアシノスリ雌】
ケアシノスリ




で、こっちが、腹模様が斑点みたいに見えるし、尾の横線も3本に見えるし雄?
【ケアシノスリ雄】
ケアシノスリ


例年ノスリとケアシノスリが来るところがあるのですが、例年ならノスリ10見たら、ケアシノスリは3くらいなのですけれど、今年はノスリがほとんどいなくてケアシノスリばかり。

どうしてもケアシノスリの雌雄判別がしたくて、尾のところが映るように撮影がんばったつもりですが、まだまだでした。
どうしてももっとちゃんと識別したく、昨日もその場所に行きましたが、今年はもう雪がうず高く積み上げられた場所もあり、車のお腹がつかえて動かなくなった人もおられて、鳥見子、昨日で行くのは最後かな?と思いました。
ケアシノスリもいなくなってしまっているようで、もう4日見てませんし。

来年のまたこれも課題か?



<ケアシノスリ雌雄判別のまとめ>
1、尾にある横線の本数が多いのがケアシノスリの雄(2本以上)、少ないのがケアシノスリの雌(1本か2本)
ただし、幼鳥は薄く入るか、もしくは見えない?子もいる

2、腹にある帯状の斑が、細く、斑点状になっているのがケアシノスリの雄
  腹にある帯用の斑が、太く、茶色で一様なのが、ケアシノスリの雌      と思って良いのかな?

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ケアシノスリとノスリの違い、識別ポイント

昨日は予約投稿してすみません。
おかげさまで、昨日は快晴で、穏やかなお天気、探鳥には最高の日でした。

が、今日は一転、どんよりーとした曇り空。晴れって予報はウソだと思う。
これなら、きっと夜にはお天気が崩れそうですね。
さ、さっさと下見に出かけねば、午後には他にやることがあるし。



さて、昨日の個体、以下ですが、クイズにもご参加くださり、誠にありがとうございました。
鳥見子、嬉しゅうございました、♪

はい、皆様、ご明察、「ノスリ」です
【ノスリ】
この子は?(クイズ)


でも、こんな真っ白だと、ん?ん?ん?、「ケアシノスリだ!」とつい断定してしまいそうになりますよね?
でもでも、そうしてはダメですよ。

腰の白を見ることと↓
【白い腰が特徴のケアシノスリ】
ケアシノスリ




と、あと、ここ。
【下尾に線が入る特徴があるケアシノスリ】
ケアシノスリ


どうです?
下面から見ても、ノスリの尾は線無し。それに反してケアシノスリの尾は、end部分に線がはっきり入っていますでしょ?

白いノスリだからといって、ケアシノスリだと判断は早急かもしれません。腰や、下尾に見える線をしっかり見てくださいませね。
でね、この下尾に見える線で、実はケアシノスリの雌雄も解るですよ。それはまた明日でも。



<ノスリとケアシノスリ 判別ポイント>
ケアシノスリは、腰の部分がはっきりと、白い。ノスリは一様に茶色っぽく、白い部分は無い。
ケアシノスリは、尾に横線が入る。ノスリの尾には横線は無し。

止まった時、ノスリの頭はゴロッと見えるが、ケアシノスリの頭は小さめに見える

虹彩の色は、ケアシノスリもノスリ幼鳥も黄色っぽいので、それは、判別のポイントにはならない。
また飛翔時の、下面体色も、上面体色も、ノスリでも白っぽい個体(幼鳥)がいるので、それを判別ポイントにしてはならない

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

この子はノスリ?、ケアシノスリ?(クイズ)

今朝も厳しい冷え込みとなった札幌です。雪は一段落したかなーあ。一応今日は札幌は雪が降っても数センチとの予報。
明日からはこの寒気も緩む予報となっています。




さて、では、またまたクイズなのです、すみません。
この子は、ノスリ?、それともケアシノスリ?。
識別ポイントである、尾の上の白パッチが、上空をこう飛んでいては見えませんよね?
でも、あるポイントを見ると、このケアシノスリか、ノスリかの識別は、一目瞭然…、なんですよ。


【この子は?(クイズ)】
ノスリ ??(はい、ノスリ)


明日までに考えておいてくださいね。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ケアシノスリとノスリの違い

札幌、今朝は8時過ぎからみるみる晴れて、良いお天気でーす。
しかし、いやいや、また夜のうちに降りました、降りました。どっかり、どっかり、15センチ以上。

これで札幌の積雪は60センチを越え、道路はまるで2月の一番雪が多い時状態。
うず高く積まれた道路の雪で、人や、車が飛び出してきても見えないし、路面はガタガタだし。
どうしたら良い、この何処に行くにも何時間?、みたいな状況。

はー、困った。
12月でこうなら、これからどうなるのでしょう?



さて、昨日のクイズ、意地悪ですよね、あれ。
鳥見子も一瞬みたら、解らない、似たケアシノスリとノスリの幼鳥。

【さてさて、どっちがケアシノスリで、どっちがノスリでしょう?】
ケアシノスリ



ノスリ 幼鳥




さー、似てますねーえ。では、どちらがどちらかと、言うと…、答えは
【(上)ケアシノスリ】
ケアシノスリ





【(下)ノスリ幼鳥】
ノスリ 幼鳥


でしたあー。





よくケアシノスリの虹彩の色は白っぽい?、黄色っぽいと言われますが、ケアシノスリの幼鳥だとその傾向がありです。
(ケアシノスリの成鳥では虹彩は暗色。)

また、ノスリの幼鳥も虹彩の色は白っぽい?、黄色っぽいと、言われています。

つまりケアシノスリ幼鳥も、ノスリの幼鳥も虹彩の色はどちらも黄色っぽい。見分けるポイントにはなりません。

ただ、ケアシノスリは、背中の色が肩あたり、特に白っぽく見えます。そして頭と体のバランス的に頭が小さいというか…。それに反し、ノスリはごろっとしているイメージがあります。


そして、こうしたら、お判りになるかしら?

【ケアシノスリ】
ケアシノスリ

ケアシノスリ2


どうです?、こうなるとはっきりしますよね。ケアシノスリの尾には白い部分ありです。



それに反し、ノスリの幼鳥は?というと…。
【(下)ノスリ幼鳥】
ノスリ 幼鳥

ノスリ2


尾が一様に褐色です。
ノスリにも褐色の細い横帯がある個体もいますが、先端に太い暗色帯が無いのです。

これが最大の違いでしょうか。(続きはまた明日。)

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード