FC2ブログ

アカエリヒレアシシギ

今朝の札幌は薄曇り。これからお天気は下り坂で、夜には雨が降り出すようです。ちょっと蒸し暑いなーと思ったら、雨ですって。



さて、シギ、チドリの時期も終盤になってきましたので、過去画像をアップして行こうと思います。ワシ、鷹、森林の小鳥のシーズンに移行中ですから、急げ、急げ。

今シーズンの前半はこの子が沢山見られました。「アカエリヒレアシシギ」です。
群れでごっさり入りましたから、見応えがある今年でした。

【アカエリヒレアシシギ】
アカエリヒレアシシギ
アカエリヒレアシシギ posted by (C)鳥見子


鳥見子が知る限りですが、このアカエリヒレアシシギ達、8月25日前後から9月5日あたりまでの10日間以上、鳥見子が観察している場所に滞在。

アカエリヒレアシシギは、普通沖に居て、航路探鳥では万単位の群れを見たりしますが、時に海が荒れていると内陸にまで入ります。
普通は沖に居る種だからでしょう。人を恐れない傾向があると鳥見子は思う、アカエリヒレアシシギです。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

札幌に現われたアカエリヒレアシシギ

昨日、水に浮かぶ多数の小さい野鳥「アカエリヒレアシシギ」を御紹介しましたが、はい、これが「アカエリヒレアシシギ」です。
若干夏羽が残る雌(ちょっとピンぼけはごめんあそばせ)です。

【アカエリヒレアシシギ 雌 夏羽】
アカエリヒレアシシギ


<アカエリヒレアシシギ>
チドリ目ヒレアシシギ科 赤襟鰭足鷸 【Phalaropus lobatus】 Red-necked Phalarope
大きさ18~19cm
雌雄色の差があり、雄夏羽だと首のあたりに薄い赤い襟。雌夏羽だとはっきりした赤い襟が出来る
旅鳥
海上や、干潟、水田、池沼に生息。
声=ヂュエッ、キュエッ
群でいることが多く、本来は沖合にいるが、嵐の後など内陸に入ることもある
人を恐れない野鳥     参考文系 シギチドリハンドブックなど



明日は、このアカエリヒレアシシギ達の採餌方法などお話しましょうかしらね。


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

アカエリヒレアシシギ

いやー、なんか、いっぱい小さいシギみたいな野鳥が、水に浮いてますねえ?
ん?、水に浮くシギ?。そんなシギがいるの?。カモの仲間とかカイツブリの仲間じゃ?

いえいえ、これはれっきとしたシギの仲間「アカエリヒレアシシギ」と、申します。

アカエリヒレアシシギ 群れ


名の通り、夏羽だと首に赤い模様があり、
なおかつ、脚にヒレがありまして(他のシギにそんな特徴はありません)、名前由来となっています。
本来は、遥か沖合で,数千の群になって浮かんでいることを見る野鳥ですが
時に大嵐の後等、このように内陸にまで入ります。

これは実は一昨年の画像なのですが、この年はこの場所(えへへ、秘密。ガイドの時には御連れしますよ)に行けば
いつもいつもこのアカエリヒレアシシギ達がこのような群でいまして、楽しませてもらいました。

明日はこのアカエリヒレアシシギのこと、ちょっと御紹介しましょうか。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード