FC2ブログ

サルハマシギ雌 夏羽5

今朝も、ぴっかり晴れて、からっとした空気。札幌の夏らしいスタートになりました。
新しい一週間も、素晴らしいことがありますように…。

さーー、やっと今日は落ち着いて書きます。サルハマシギ夏羽、最後です。
(鳥見子がアップしているサルハマシギ夏羽は、同個体です。)

【サルハマシギ雌 夏羽】
サルハマシギ 夏羽6



サルハマシギは名前通り、ハマシギにとても良く似ています。
ただ、サルハマシギは大きさ18~23cm。ハマシギは16-22cm。(翼開帳はサルハマシギは44cm.ハマシギは40cm)

ハマシギはユーラシア大陸と、北アメリカのツンドラ地帯で繁殖。
サルハマシギはシベリカ北部の北極圏で繁殖。

ハマシギは中国南部、中東、地中海、アフリカ西海岸や、北アメリカに渡り越冬し、日本には旅鳥、冬鳥が全国各地にト渡来し、北海道でも越冬例が増えてきている、日本で、最も多く見られるシギの仲間の1種です。
サルハマシギは、アフリカ、インド、東南アジア、オーストラリアへ渡り、越冬。


つまり、サルハマシギの繁殖はハマシギよりも場所が限られ、越冬地はハマシギよりサルハマシギのほうがより南に渡り、越冬します。

ハマシギにとても姿形は似ていますが、夏羽ならば、ハマシギはお腹が黒くなりますが、サルハマシギは、名前通りお腹は赤褐色になりますので、識別は簡単です。

が、冬羽はどちらもそれがなくなり、識別が難しくなりますが、サルハマシギのほうが眉斑がはっきり白く見えること、嘴と首が長く見えること、足もハマシギよりも長いこと、などが識別ポイントになります。

また、この個体は、多分雌だと鳥見子は思うのですが、それは背中の赤みが弱く見えるからです。

もともと、夏羽であろうが、冬羽であろうが、サルハマシギに会うことはなかなか個体数が少ないので会うことはありません。
ですから、サルハマシギの夏羽に出会えることは、猛烈なラッキーだったと思います。

トウネンの群れの中に混じって、居たこのお。この子は5~6日ここに滞在してくれたようですが、無事トウネンと混じり、渡ってくれたと信じています。



スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

サルハマシギ 夏羽4

今日も朝から涼しくて、良い感じです。

【サルハマシギ】
サルハマシギ 夏羽3





明日こそ、落ち着いて書かせていただきます。ごめんなさい

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

サルハマシギ 夏羽2

昨日よりは暑い朝になった札幌。最高気温は昨日より下がって28度らしいですが、昨日より、これ、湿度があるんじゃないかしら。

ええ、昨日は暑かったものの、札幌らしい湿度がないカラッとした暑さで、汗をかいても、すぐサラサラになるみたいな、良い感じだったんですよ。

我が家の宇宙人にしか見えない雛を産むキジバト達、今日は巣材運びしてないですね。いよいよ、卵を産むのかな?




さて、サルハマシギ夏羽続きです。なかなか見れるものではありませんから、続けてアップ。

【サルハマシギ】
サルハマシギ 夏羽2


サルハマシギ 夏羽4



この子、とても用心深い子でしたが、車の中から、そーっと隠れてみていると、少しづつ近づいてきてくれました。
粘った粘った、鳥見子さん。



昨日のわたしの考えに、裏で賛同してくださった皆様、ありがとうございます。
嬉しかったです。



今日はこれで出かけてしまうので、また明日詳しく…。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

サルハマシギ 夏羽

今朝4時頃、外に出てみたら、えーえー、羽織るもの必要?みたいにヒヤッとする空気でしたが、9時過ぎからみるみる気温が上がり、また暑い一日に今日もなりそうです。
でもね、昨日より、ずいぶん楽チン。
…と、思っていたら、あちゃー、10時で28度超えた。やばいど。さっさとすることしないと。



さて、もう2週間近く前に出現した個体で、渡去してしばらく経過しますから、アップします。
サルハマシギ夏羽です。

【サルハマシギ 夏羽】
サルハマシギ 夏羽


サルハマシギ幼鳥や、冬羽に近い個体は鳥見子も何度かみておりますが、この子はずいぶん夏羽っぽくて綺麗。
感動でした。

でも、文献を調べると、頭部分の赤みも薄っぽいので、サルハマシギの雌成鳥だから、赤みが少し薄っぽく?見えるのかも?



いつも思うことですが、サルハマシギは珍鳥の仲間に入ります。
鳥見子、みーんなにこんな珍しい子、みてもらいたいなーと、思ってるんですよ。
まして、こんな夏羽、素晴らしいと思います。

でも、珍鳥情報を誰がみているかわからないネットに、撮影してきてから、すぐ載せるのは、どうでしょう?
またbookや、ツイッターなどにアップするのは、知人にしか解放しないから、良いんじゃない?と、おっしゃる方もおられるでしょうが、それが回り回って、ということも十分考えられませんでしょうか?

いつもいつも、こちらに書きますが、珍鳥情報はタイムリーにネット関係にアップしないほうが良いと鳥見子は思っています。
あくまで鳥見子の偏見?考えですが、
珍鳥=間違えてこちらいつもルートじゃないのに来ている。つまり他の野鳥たちより、より疲れてる可能性がある。
そんな配慮?が必要ではないかと思うのですが、どうでしょうか?

あとから、こんな子が来てたんだよ、でも、十分記録になると思うのです。

綺麗ですねーえ、すごいですねーえ、よく見つけられましたねえー、さすがですねえー、って、渡去してからいただくコメントにしても良いのでは?。と、つい愚痴。すみません。
聞き流してくださいね。鳥見子のあくまで考えです。


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

サルハマシギ

穏やかで、暖かい朝となった今日の札幌。でもね、まだ朝8時半ごろは、幹線道路でも道路ツルッツル。怖い怖い。
我が家に毎朝来るエゾリスちゃん(どうもお玉ちゃんが見えないので、女の子ちゃんみたいです)のご出勤お時間も暖かいから、早い早い。朝7時半には来てらっしゃって、イチイの実を食べたり、お忙しそう。
ねーー、彼氏連れてきてくれない??



さて、今日はサルハマシギです。もちろん、鳥見子のこってすから、この画像も2016年のものです。

【サルハマシギ】
サルハマシギ3


(比べる為に)【ハマシギ】
ハマシギ




【サルハマシギ】
サルハマシギ2


サルハマシギ


実は、鳥見子、過去、何度もサルハマシギを見ているのですが、
サルハマシギって、明らかに頭から嘴にかけての角度がハマシギよりも滑らかで、ハマシギと違いお腹に細かい線が無い…と思っていたので、最初、この子を見たとき、あ、頭の角度からサルハマシギ。そしてこの嘴の長さ、先端の細さもサルハマで間違いない!!
と、思ったんですが、まてよ、このお腹に細かい細い線ある。いやだーあー、ハマシギ幼鳥じゃん、と思ってしまった。

けれど、後日になって、まてよ、と再確認したら、たったひとつのサイトですが、サルハマシギにもこのようなお腹に線がある画像を出してるところがありました。

外国のシギ専門図鑑にも、外版や、日本版の図鑑にも、サルハマシギにこんなお腹に線があるって書いてる図鑑、ひとつも無い。でも、これは目の上の線はっきりやら、サルハマシギなんでしょう。

一番のポイント、飛んだときに、腰が白いのがサルハマシギっていう証拠写真がこの時撮れなかった。
でも、サルハマシギでも、こんなお腹に線がある。勉強になりました。

でもでも、この個体のせいで?鳥見子、すっかりサルハマシギ識別自信なくしてます。

ハマシギは、個体差が大きく、体がすごーく大きい子やら、嘴がサルハマシギ並みに長い子もいるっていうし。あああああ、悩むう。




【ハマシギ】
ハマシギ


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード