オグロシギ幼鳥とオオソリハシシギ幼鳥 違い

今朝はどんよりした曇り。風はなくて、穏やかですが、これから雨になる予報が…。
今日はこの暖かさだから、予報の雨が雪にはならないと思うのですが、明日は寒くなり、また雪みたい。
一歩、一歩、冬に向かっていきますね。しくしく。



お待たせしました、オグロシギ幼鳥と、オオソリハシシギ幼鳥を、同じ向きになっている画像を並べてみました。

【オグロシギ 幼鳥】
オグロシギ 幼鳥




【オオソリハシシギ 幼鳥】
オオソリハシシギ




嘴の反りがはっきりしていると分かりやすいのですが、この程度の反りですから、遠目だと、???。
やはり、体色を見るのが一番だと思います。

体色というか、羽の一枚を見て欲しいかな?
オグロシギは、羽の羽軸がはっきりしていませんので、なんか、ベターっと全体にぼけた?印象に見えますが、オオソリハシシギのほうは羽の羽軸の黒がとってもはっきりしています。なので、模様がはっきりしている感じに鳥見子は思えるのですが、いかがでしょう?



(おかげさまで、家のメンテナンス1部、ちゃんと昨日午後治りました。あとは、もう2つのメンテナンスと、火曜から金曜までインターネット通じない地域にいきますので、お問い合わせ頂いても、お返事できない可能性も?。どうぞよろしくお願いいたします。)
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

足を怪我したオグロシギ

昨日は午前中は良いお天気でしたのに、夕方から突然に豪雨。久しぶりにバケツをひっくり返した雨っていう感じで、中秋の名月は残念ながら見えなかった札幌でした。


さて、昨日は私用で出れなかった鳥見子なので、一昨日画像なのすが、見て下さい。一番右端のオグロシギ(手前はエリマキシギ)、左足があらぬ方向を向いていませんか?
どうも怪我をしているようで、片足でケンケン。足がまっすぐにならないようです。多分骨折している??

【足を怪我しているオグロシギ】
足を怪我したオグロシギ


シギの観察をしていると嘴や、足を怪我している個体を見ることがあります。
彼らは地面採餌。泥の中に嘴を突っ込んだり、その中を歩いたりしていますから、中に何があるか不明。それで怪我することも多いのでしょう。

この撮影地は人が入れない場所なので追いかけられることもないでしょうが、見たらそっとなお遠くから見守ってほしいものだと思う鳥見子なもので、アップしました。



FC2スタッフ様に昨日ご連絡したところ、早々に崩れたテンプレートを直してくださいました。FC2は24時間体制で対応してくれるようです。素晴らしいですね。ありがたかったです。
スタッフ様、お忙しい中ありがとうございました。
でも、わたし、なーんにもしてないのに、何故点プレート、崩れたんだろうか?
朝起きたらなってたんですよね。前の日夜まではなんでもなかったのに。原因を知らないと、またなったら嫌だなあ、と思うわけでーす。

今日も午後からお天気不安定になるようですから、さっさと出かけましょ。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

オオソリハシシギ幼鳥と、オグロシギ幼鳥

今朝の札幌は薄曇り。そして寒いっ!と感じるほどの気温。
朝5時は13.7度。朝7時も14.7度しか気温がないのですから、当たり前かもしれません。
秋は一歩、一歩、深まっています。



さて、今日は昨日お話しした通り、似ている野鳥、オオソリハシシギ(幼鳥)と、オグロシギ(幼鳥)をアップ。

【オオソリハシシギ幼鳥】
オグロシギ 幼鳥




【オグロシギ幼鳥】
オオソリハシシギ 幼鳥


どうでしょう、2種類の大型シギ オオソリハシシギ幼鳥と、オグロシギ幼鳥を並べてみました。

どちらも、くちばしが反っているか、反っていないかの大きい違いがありますが、採餌などし、その識別ポイントのくちばしが見えない場合、体色の違い、模様の違いを覚えておくと、遠目でも識別できると思います。

まず、上の画像=オオソリハシシギは、頭がベレー帽状態。なにより、体全体の模様の、羽軸がはっきりし、白い斑もはっきりしていること。それが尾のほうにまで続いています。。

オグロシギは、喉や、頬の部分もうっすらと赤いこと。体全体の模様が、羽軸がはっきりしなくて、べたっとした一様な黒なことのが、この2種の大きい違いだと思います。


以上のことを思い、2種の幼鳥を見てみてくださいね。


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

オグロシギ

今朝の札幌は久しぶりの雨になりました。木々には良い恵みの雨かしら?
外に出ると湿度がややあり、あまり気持ちは良くありませんが…。



さて、今日は数日前に見たオグロシギ。1200mmでも遠い距離でしたが、大型のシギは良いもんです。

【オグロシギ】
オグロシギ
オグロシギ posted by (C)鳥見子


札幌では淡水の干潟はあまりないので、大型ですし、淡水のオグロシギに出会えると久しぶりでドキドキします。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

オグロシギ

今日の札幌は昨日一日降り続いた雨も明け方には上がり、風は強いですが、晴れて来ています。
でもこう風が強いと、森林の野鳥は下に隠れてしまってます、しくしく。



さて、今日はオグロシギ幼鳥です。
【オグロシギ 幼鳥】
オグロシギ
オグロシギ posted by (C)鳥見子


オグロシギは淡水に付くことが多いシギなので、淡水の場所が少ない札幌近郊。以前はオグロシギを見ることなんて、なかなか出来ませんでした。
が、札幌でも、排泥や、人口的な干潟がある場所がこの数年で出来、このオグロシギも良く見かけるようになりました。
でも、やっぱり、ダイシャクシギとかは、ルートから外れるのでしょう。沖縄になんて行ったらダイシャクシギ沢山居るのに、札幌近郊では見ません。



PS
ヨーロッパトウネンは最近どうだろ?とお問い合わせ頂くことがありますが、今、ヨーロッパトウネンは冬羽か、換羽時期。
尾羽よりも、初列風切りが長いなどのヨーロッパトウネン特徴は、幼鳥ほど強いと申しますが、それもわずかな差。
鳥見子は、それよりも、体のバランス(トウネンのほうが体が長)と、足の長さがヨーロッパトウネンとトウネンの違いの最大なところと思っていますが、今時期のヨーロッパトウネンか、トウネンか、の識別は大変難しいと思います。

また、トウネンよりも、ヨーロッパトウネンのほうが小さいと申しますが、小さいトウネンも居ますし、大きいヨーロッパトウネンも居ます。今時期のヨーロッパトウネンの識別は、慎重に…と思っています。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード