三列風切りが落ちてしまったミヤコドリ

今日の札幌は薄曇り。いや、ほぼ晴れと言って良い感じかな?。でもさっき、ぱらっと降りました。
数日前にアップした北大の銀杏並木は綺麗で、すっかり有名になりましたが、西高校横のポプラ並木も、今、見事な紅葉です。



さて、昨日三列風切りが落ちてしまったミヤコドリをアップしましたが、飛翔していなくても、静止していても、三列風切りが、落ちている個体か、落ちていない個体か、解ります。

【三列風切りが落ちている個体(右)1】
三列風切が抜けているミヤコドリ3
三列風切が抜けているミヤコドリ3 posted by (C)鳥見子


【三列風切りが落ちてしまっている個体(手前)2】
三列風切が抜けているミヤコドリ2
三列風切が抜けているミヤコドリ2 posted by (C)鳥見子


どうです?

三列風切りは、静止している時、タンチョウが解りやすいでしょう。
タンチョウって、黒くなってる羽が、お尻のほうにあるますね。
そこが、野鳥の三列風切りがたたんだ時の位置になります。

ですから、この三列風切が落ちている個体も、お尻のほうに白くなっている部分があるじゃないですかぁ。
そこが落ちている羽の部分です。
この白いところが、無くなってきたら、羽が生えて来ているという目安になります。繰り返しますが、この子を皆様追いかけないで下さいね。お願い申し上げます。

って、もうそろそろ、あまりに長逗留。渡去すると思うのですが、風切羽が落ちると飛べなくなる鴨類同様、彼らはどうなのでしょう。



スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

三列風切が抜けたミヤコドリ

三連休中日の今日、これから雨になるそうです。折角の綺麗な紅葉も、これで落ちてしまうかしら?



さて、タイムリーに野鳥情報を出さない鳥見子ですが、ちょっと可哀想な状態になっているので、この子をアップします。ミヤコドリです。

【三列風切が抜けてしまったミヤコドリ】
三列風切が抜けているミヤコドリ4
三列風切が抜けているミヤコドリ4 posted by (C)鳥見子


頂いた情報によりますと、10月13日からこの2羽は居るらしいので、今日で3週間もの長逗留になりますね。

オホーツク海側では結構見られるミヤコドリですが、日本海側では、まあまあ珍しい種になるミヤコドリ。
嘴にカミソリの歯を挟み、取れなくなってしまった可哀想なミヤコドリは、一昨年の確認でしたから、札幌近郊では鳥見子が知る限りですが、2年ぶりのミヤコドリになります。

彼らの英名はEurasian Oystercatcher オイスターキャッチャー、つあり二枚貝を好んで食べる野鳥です。
多分その二枚貝と間違えて、嘴をカミソリ2枚歯につっこんでしまったのでしょうが、可哀想に。
嘴が開かないのなら、食べられません。落鳥してしまったでしょうね。

その時も2羽で渡来でしたが、今回も2羽が長逗留。夫婦なのかなー。
が、この2羽のうちの1羽が、カミソリの歯ではないものの、ちょっと可哀想な状態になってしまってますの。この画像見て下さいますか?
【片方の三列風切りがごそっと抜けている ミヤコドリ】
三列風切が抜けているミヤコドリ1
三列風切が抜けているミヤコドリ1 posted by (C)鳥見子


三列風切がごっさと抜けてしまっています。可哀想に、多分、前日までなんでもなかったですから、1昨日の遅い時間か、昨日、カラスか猛禽に引っ張られてしまって、抜けたんじゃないかしら。
換羽ならば、どちらも対照的に抜けるはずなので、多分そうなのでしょう。



皆様、このミヤコドリ、普通に飛べてはいますが、このように、けっして良い状態ではありません。あまり追いかけずに、そっと見守って頂けたらと思います。

タイムリーに野鳥情報をアップしない鳥見子ですが、三連休で何かこのミヤコドリにあっても…と、アップさせて頂きました。

明日は、静止状態でも、三列が抜けた子と、そうじゃない子の判別が付くので、そのお話をアップします。


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ミヤコドリ

今日も快晴の札幌です。がが、昨日も書きましたが、札幌はヒグマ騒動に大揺れです。札幌の中心街近くを走り去るヒグマを見たとか…、そんな話まで…。中心街ですよお!、びっくり。

西区ヒグマ情報

中央区ヒグマ情報

ヒグマ情報



さて、昨日10時過ぎ、思い立って石狩某所へ…。着くと快晴。風もあまりありません。
が、いつもの水たまりには、カモメ達ばかりで、何もいない…。
あらららら、不発か?と思って仕方なく海岸縁を歩くと、
奥の木材が貯まっているところに、ミユビシギ、ダイゼン、ハマシギ、キアシシギなど、
その木材に隠れて、休んでいるではありませんか♪。その数総数100以上。

そして居ましたよ、此の子も…。

【ミヤコドリ】
ミヤコドリ


鳥見子が、ミヤコドリを石狩で見たのは、3年ぶりかな?。
前回確認した時も、若い個体でしたが、今回のこの個体も、若干バフが見え、目もそう赤くないので、2年目くらいなのかなーと、思って見た鳥見子です。

過去見たミヤコドリは、鳥見子的には、ミヤコドリって、あまり人を恐れない感じがしていましたが、この個体は人を警戒して、海岸の端から端迄移動したり、ピーピーと鳴きながら、落ち着かない感じで、採餌したり、移動したり…。

鳥見子が見た時には、ミヤコドリは1羽でしたが、朝早い時間には、ミヤコドリは2羽で、1羽は嘴にリングプルのようなものが挟まり口が開けられない状態だったとか…。

シギ達は、足で動き回り採餌しますが、良く足に怪我をしていたり、そのように嘴に怪我をしている個体を見ることも多く、心が痛みます。わたくしが見た時には、このミヤコドリ1羽でしたが、もう1羽のその嘴の何かが、外れることを心より祈ります。

あ、●様、無事旭川に到着されましたか?。遠路、はるばる、お疲れ様でした。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ミヤコドリ

シギシリーズ、今日は、「ミヤコドリ」。
歌に歌われたミヤコドリは、ユリカモメでしたが、これは本当にミヤコドリ。

【ミヤコドリ】

鳥見子がミヤコドリを札幌で見たのは、3年程前になるでしょうか。
近年はミヤコドリ確認が多くなってきていますが、道東の程見られるものではなく、
結構珍しい種になります。

この個体は全然逃げない個体で、幼鳥だったからかなーと、またの会う機会を楽しみに、用心ぶかさ度を楽しみに待つ鳥見子です。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード