エリマキシギ幼鳥

今日の札幌、夜中に一旦雨は上がったものの、早朝から降ったり、止んだりを繰り返しています。
午後からはお天気回復と言っていますが、どうなるやら。
でね、また夜には、この雨が、なんと雪に変わるところもあるとか。

そうですよね。数日前から、綿毛をつけない雪虫が飛んでましたから、もう雪が降ってもおかしくないのでしょう。



さて、今年はお陰様で、このエリマキシギに例年通り、良く会えました。
サブターミナルバンドがはっきりし、時期も遅い時期でしたし、これはエリマキシギ幼鳥で間違いないでしょう。

【エリマキシギ 幼鳥】
エリマキシギJ


自宅メンテナンスで外にでれずにおりますが、どうしたって外に出たくなる鳥見子には、諦めるに、ちょうど良い雨、寒さかもしれません。
寒さでやや風邪気味ですし、自重することと致しましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

エリマキシギ 雌幼鳥、雄幼鳥

どんよりとした空で一日のスタートになった今日の札幌。台風17号の影響で、予報では今夜から雷を伴った大雨になるみたいです。

でへっ、台風の前には面白い野鳥がでる可能性もあり。と、不謹慎ですね、鳥見子。
本州皆様のところ、被害が出ませんように…。



さて、やっとエリマキシギ幼鳥雌雄が並んでくれて、撮影できたので今日はそれをアップ。
これなら、雄雌で、まるで別な種類の野鳥かのように、大きさが違うということが、わかっていただけますでしょうか?

繰り返しますが、雄のほうが首が太く、体が大きいのがこれなら解るとおもいます。
【エリマキシギ 幼鳥 雌雄(手前が雌幼鳥、奥が雄幼鳥)】
エリマキシギ 幼鳥 雄雌



エリマキシギ 幼鳥 雄雌2




この時は、エリマキシギ幼鳥、奥に雌1、雄2がいました。

【エリマキシギ 幼鳥 雌1羽、雄2羽】
エリマキシギ 雌幼鳥 雄幼鳥2


この画像の幼鳥雄、多分昨日アップした幼鳥雄と体色から同個体かと思われます。
で、この幼鳥雄2、体色が違いますよね?
エリマキシギの繁殖羽の襟羽は、個体により大きく違うし、体色も大きく違うということが知られてますから、幼鳥からその違いが出ているのかな?と思った鳥見子です。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

エリマキシギ 幼鳥雌雄

どんよりとした曇り空で、一枚羽織るものがあっても寒いかも?と思われるほどの気温の今朝の札幌。今日午後からは雨になるようなので、お出かけするなら、さっさと…です。



昨日はエリマキシギ幼鳥雌飛翔画像をアップしましたが、今日はエリマキシギ(幼鳥)雌雄をアップします。
この時は幼鳥雄雌がお互いに近くで採餌していたのですが、見ている間には並んでくれなかったので別々画像ですみません。

【エリマキシギ雄 幼鳥 】
エリマキシギ 雄幼鳥




【エリマキシギ雌 幼鳥】
エリマキシギ 雌幼鳥


どうでしょう?

エリマキシギの雄雌は全く大きさが違い、雄は26~32cm、雌は20~25cmと、約6センチも違うし、大きさの重なりもありません。
また、見慣れると、エリマキシギの雄は、繁殖羽ですと首に名前の通り、襟巻き状の羽が付くので、その分、幼鳥雄も、成鳥比繁殖羽ででも、首が太く、しっかりし、体の太さが違い、雌はスマート、雄はデブちゃんに見えると思います。


それと、拡大して見ていただけたらわかると思うのですが、雌幼鳥は背中の羽がほぼ一様に黒っぽく、それとは違い雄幼鳥は背中の上部に赤茶色の羽が見えると思います。

繰り返しますが、遠目でも、同じ野鳥か?と思われるほど、雄雌で大きさが違うエリマキシギ。
上記のような情報から、彼らを見てみてくださいね。



しかし、野鳥識別って、まるで、これとこれ、どこがどう違いますか?の、違い探しをしてるみたい(^^;)。




テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

エリマキシギ 雌幼鳥 飛翔

今朝の札幌もとっても良いお天気。気温も低くて、ひやっとして、暑がり鳥見子的には最高♪



さて、今日はエリマキシギ幼鳥です。
某所へ金曜行きましたら、声も出さずに飛び回るこの子=「エリマキシギ」が見れました。
【エリマキシギ】
エリマキシギ 飛翔


この時はエリマキシギの雌雄も見れたので、明日、その違いなどをアップしようと思います。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

エリマキシギ

今朝は、久しぶりの快晴の札幌。2020年のオリンピックが東京で行われることのお祝いみたいに晴れてます。
でも、放射線、本当に大丈夫なんだろうか?



さて、今日はエリマキシギです。
【エリマキシギ 雌幼鳥】
エリマキシギ雌
エリマキシギ雌 posted by (C)鳥見子


エリマキシギの雄は、名前の通りに首に襟巻き状の羽毛をまといます。その色は個体により差があり、しかも、白い襟巻きは綺麗な色がついた雄に縄張り争いで負け、負けているのに、色の付いている雄の隙を狙い、雌と交尾するという。また最近は雌にそっくりな雄も居て、襟巻きのついている雄が油断している時に雌にアタックするという、不思議なシギです。

なので、これも雌と言い切りましたが、小さいし、首も短い(襟巻きがつく部分がない)ので、雌幼鳥と判断しました。

皆様良い週末を。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード