FC2ブログ

オトシブミ

今朝も見れないのはわかっているのですが、時折大粒の雨が降る中、歩いてきました。
昨日より野鳥はぐっと少なくて、がっかりしましたが、ま、それなりに…?
でもでも、この葉っぱ繁茂で、少ない野鳥がより見れないの、凄いストレス。



さて、森を歩いていると、おややや?、汚いものですかあ?、これ?

【舗装道路に転々と落ちている黒いもの】
おとしぶみ
おとしぶみ posted by (C)鳥見子


近寄ってみると

【舗装道路に落ちている黒いもの】
オトシブミ3
オトシブミ3 posted by (C)鳥見子





落ちていないものも、携帯で撮影してきました。

おとしぶみ4
おとしぶみ4 posted by (C)鳥見子




おとしぶみ2
おとしぶみ2 posted by (C)鳥見子


もうお判りですよね?。別に道路に落ちていたもののは、汚いものではありません。
これはオトシブミという、木の葉を巻いてゆりかご=揺籃(ようらん)を作る、ゾウムシの仲間がつくったもの。
ゾウムシ上科オトシブミ亜科の全部とチョッキリ亜科の仲間が、中に卵を入れて、葉っぱを巻いたもの。

オトシブミなんて、なーんて素敵な名前をつけたやら♪
スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ケヤキフキアブラムシ

今日はぴっかり晴れて、風もなく、穏やか。…ということは、またこの子が飛びまくるわけで…。
名前が判明した、ケヤキフキアブラムシです。

【ケヤキフキアブラムシ】
ケヤキフキアブラムシ
ケヤキフキアブラムシ posted by (C)鳥見子


このケヤキフキアブラムシ、トドノネオオワタムシと同じくアブラムシの仲間、雪虫の仲間です。
ただ、トドノネオオワタムシが綿状のものをつけているのと違い、小さいし、綿状のものはありません。
またトドノネオオワタムシは、トドマツからヤチダモへ移動し、産卵しますが、
このケヤキフキアブラムシは、笹類に寄生し夏を過ごし、秋、今頃になるとケヤキに移動し、産卵するそうです。

アブラムシは害虫。このケヤキフキアブラムシが大発生すると、ケヤキだけでなく、その周りの植物にもベタベタした粘性の物質=排出物がつき、この排出物にスス病菌がついて、葉全体がスス病になるとか。
この被害は甚大らしいので、困ったもんだ、ですね。

どおりで、この子、森林だけじゃなくて、海岸にもいる。そうですよね。笹ならどこにでもあるもの。ケヤキも結構街路種であるし、うーむ。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ケヤキフキアブラムシ

おはようございます。今日も快晴の札幌。昨日の朝よりは寒いですが、良いスタート♪
と、書きたいところですが、1週間前くらいからこの虫が大発生。

にわか雨が続いた3、4日前は一旦この大発生、収まったんですが、昨日からまた凄い。
大発生してる子=これです。

【ケヤキフキアブラムシ=雪虫(トドノネオオワタムシ)の仲間】
綿毛の無い雪虫
綿毛の無い雪虫 posted by (C)鳥見子


多分、トドノネオオワタムシ(アブラムシの仲間)だと思うのですが、おかしいのは綿毛が無い。
そしてそれだからか、トドノネオオワタムシより小さく見える。




この大発生、すごくて、目にも入ってくるし、鼻にも口にも入ってくるので、咳き込むし、マスク必需品。
ね、見てくださいな。これ。霞んで見えるでしょ?
しかも帯状になっているのがわかりますか?

風の強いところだと、このふわふわっこ、大変なので、風の無い場所付近を飛んでるのでしょう。
昨日訪れた場所でこの帯状のものを見た時、野焼きしてるのか、山火事か?と思いましたよ。

【霞んで見えるほどの大発生中 ケヤキフキアブラムシ】
雪虫の風景
雪虫の風景 posted by (C)鳥見子

雪虫の風景2
雪虫の風景2 posted by (C)鳥見子




ただ、上にも書きましたが、普通雪虫って、トドノネオオワタムシって、綿虫と書くように、綿状のものをお尻につけているはずなのに、この子達、誰もつけていない。

だから、これ、トドノネオオワタムシなんでしょうか?。違うんでしょうか?
アブラムシの仲間には間違いないのは、この体の形でわかるですが、トドノネオオワタムシの綿が付いていないのって、いるの?

一生懸命調べたんですけど、それについて書いているサイトや、図鑑が無くて、どなたか教えていただけませんでしょうか?

==
PS ,10/22 北海道新聞や、ヤフーニュースなどで、函館で大発生しているアブラムシ、
このケヤキフキアブラムシのことが出ていました。この子、このケヤキフキアブラムシで間違いなさそうです。
ああ、解決してよかった。
この子はトド松の木から移動ではなく、笹からケヤキに移動ですって。その最中なんですって。
通りで、山じゃなくても、海近くでも、この子大量発生。椴松が無くても、だから、おかしいと思ったし、トドノネオオワタムシより小さいし。納得です。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ハマトビムシの仲間(札幌近郊の浜で撮影)

今朝はぴっかり晴れて、素敵なスタートになりました。ただ、また暑くなりそうです。
あの野鳥も、あの野鳥も、来てるんじゃないかなーあ。うーむ。



さて、皆様は海岸の波打ち際を歩くと、足元に小さい小さい穴が無数に空いていて、人が2mくらい先を歩いていても、ぴょんぴょん跳ねてたくさんの小さい虫?がその穴から出てくるのを、ご覧になったことありませんか?

前からその虫、刺すんじゃないかとか気になっていたので、鳥見子、調べてみました。
どうもその飛ぶ形態そのままに「ハマトビムシ」というようです。

【ハマトビムシの仲間】(以下画像全て 札幌近郊の浜辺で撮影)
ヒメハマトビムシ?
ヒメハマトビムシ? posted by (C)鳥見子




北海道には、ホソハマトビムシや、ヒメハマトビムシがいるようですが、詳しくは色々体の部分を調べないとわからないのようなので、「ハマトビムシの仲間(ヨコエビの仲間)」とさせていただきます。

【ハマトビムシの仲間】
ヒメハマトビムシ1
ヒメハマトビムシ1 posted by (C)鳥見子


この子、刺さないで、打ち上がった海藻や、死骸を食べる浜の掃除屋さんとか。



砂浜には、イソコモリグモのように巣穴を掘るものも他にもいるようですが、波打ち際をぴょんぴょん、すごい距離飛ぶ無数のもの=ハマトビムシです。刺さないので、ご安心ください。

【ハマトビムシの仲間】
ヒメハマトビムシ3?
ヒメハマトビムシ3? posted by (C)鳥見子


↑や精一杯の携帯での写真です。マクロレンズを持って歩いてないし、なにしろ用心深くて、人の周りからすぐ飛んでいなくなるし、やっとやっとこれが一番近くで、綺麗な体のを撮影。撮影しても砂だらけで、どこが砂やら、トビムシやら、さっぱり画像ばっかり量産。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ニホントカゲ

今日も暑くなりそうです。風が吹くと涼しいのですが、その風がやんでしまうと、ぼっ!と暑い。



さて、昨日某所で、この子を見つけました。「ニホントカゲ」です。

【ニホントカゲ】
ニホントカゲ
ニホントカゲ posted by (C)鳥見子


わたし、どうもニョロ物は苦手で、図鑑など見ても、遠くに離してみてしまうのですが、トカゲはまた別。
あんよが付いていると、わたし、大丈夫みたい。

ま、そんなことは置いておいて…。
これ札幌市内だったんですけれど、わたし札幌市内でニホントカゲを見たのは3箇所目。
ニホンカナヘビはよくよくみますが、ニホントカゲはそうそう見ない。…と鳥見子は思っているのですが、どうでしょう。

なお、カナヘビは光沢がありませんが、ニホントカゲは光沢があります。
そしてね、これ、メスかなーあ。尾の付け根が太いのがオス、細いのがメスと図鑑に書いてありますし、
メスならば尾の青がどんどん薄くなるそうですから、これ、メスじゃないかしら?

違っていたらごめんなさい。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード