キジバト シーズン初認

今日は薄曇り?、晴れ?の朝になりました。風も無くて、穏やかなスタート。でもね、正午頃から雨になる予報が出ています。



さて、去年も、今日もキジバトに会えなかった、シーズン初認できなかったなーあと、思っての帰宅途中で見つけたキジバトですが、今シーズンも帰り途中、最後の最後にキジバトを見つけました。
飛んできたところをたまたま見れたので、中途半端な画像ですが、キジバトだという証拠写真にはなるでしょうか。

もう鳴いてもいたので、昨日シーズン初認というよりも、数日前に来ていたのかな?と思います。

【キジバト シーズン初認】
キジバト シーズン初認(2017,3/29)
キジバト シーズン初認(2017,3/29) posted by (C)鳥見子



キジバト シーズン初認2キジバト シーズン初認(2017,3/29)
キジバト シーズン初認2キジバト シーズン初認(2017,3/29) posted by (C)鳥見子



キジバト シーズン初認3キジバト シーズン初認(2017,3/29)
キジバト シーズン初認3キジバト シーズン初認(2017,3/29) posted by (C)鳥見子


ヒバリ同様、キジバトも、北海道札幌方面では越冬個体はいません。ヒバリ同様、キジバトも春の使者です。
会えて嬉しかったぁ。



みなさーん、札幌も春ですよーお。

(昨日も、ある地で、営巣?の真下で観察する人々。もう少し離れてくれたらなーあ、と思ってしまう杞憂鳥見子さんかね?。鳥見子が最初に見つけた時には足跡など、観察形跡は一つも無し。わたしの足跡などのせいで場所がバレて、申し訳ないことをしたんだろうなあ、はーー、ため息。)



9時半過ぎ、白い恋人パークにて(シマ)エナガの6羽程の群れを確認。もう巣作り始めているエナガもいるのに、まだ移動中の個体もいる。我が家でゴミ出しの時にエナガの群れを見たりすることもありますが、季節によっては、思わぬところでエナガの群れに出会うものです。

シマエナガに会いたい、会いたいと、思われている皆様。今時期は思わぬところで会えますから、声を頼りに探してみてくださいね。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

キジバト 巣立ち雛 その後(2)

昨日の蒸し暑さはただ事ではありませんでしたね。
そして、今日も大型の台風10号が上陸するからでしょうか、いやーー、朝からむしむし、むしむし。
今までで一番の蒸し暑さか?、です。
東京みたいに、もっ!とする。

さて、鳥見子、某所でトンボのお話しを小学校3年性にお話ししてきたのですが、そんな蒸し暑い中、子供達は元気に虫取りしたりして、心ほこっとしました。
目をキラキラさせて、捕まえたトンボの識別にやっきになってる様を見て、この子たちが少しでも自然が好きになってくれ、その気持ちが後世に伝われば鳥見子の役目も果たせたというものです。

自然保護、自然の素晴らしさ啓蒙、鳥見子が大切にしていることですから。



さて、昨日のキジバト巣立ち雛。といいましても、巣立ったというか、巣からたまたま出てたというか、鈍臭いというか…。

実はですね、あの画像はたった1羽しか写っていませんが、2羽の巣立ち雛が並んでいたのです。
洗濯物を取りこもうと(あはは、主婦してる?、わたし。いつも生活感0と言われるわたし。あはははは)して、ヒョイとキジバトの巣があるほうを見ると、きゃーー、なによ、キジバトの雛がばっつり体出してるじゃないの!、しかも2羽で。

まだ翼もちゃんと出来てないのに、なんで、外に出てるわけ?
なんとかしなくちゃ、…と、思って、その洗濯物を部屋に慌ててぶち投げて、振り返ると、
その一瞬、黒い大きいものが鳥見子の前を横切りました。

あーーーーーー!

で、たった数秒目を鳥見子が離しただけなのに、さっきのキジバト雛が1羽に。
あまりに一瞬だったので、鳥見子、見間違えたか?と思ったくらいです。まさに二度見しちゃったみたいな。
そして残った1羽の横にもカラス。
はい、つまり、たった一瞬で、カラスがキジバト雛1羽をかっさらったのです。


そして、残ったもう1羽の巣立ち雛近くにもカラスいて、巣立ち雛を狙っています。
やばい!と思って、裸足で庭に出て、カラスを追い払いました。
そして、慌てて慌てて、そのキジバトも手でパタパタして、巣に入りなさい!、したんだけど、入るわけもなく、動くわけもなく、キョトンとしてる。

【キジバト巣立ち雛 8/25】



仕方ないので、脚立を急いで持ってきて、雛を捕まえようとしましたがぁー、あはははははは。
この子、嘴をカーッと開けて、鳥見子を威嚇。
あはは、あはは。
そんな元気あるから、巣から出ちゃった?、と思いつつ、
その子を袋に入れて(野鳥たちは、顔、頭を袋に入れると、動かなくなります。)、今いる場所から、ずっと奥のほうへ、押し込めました。



あはははは。穏やかそうなキジバト。その雛でも、威嚇するんだねーー。
…の話でこれは終わると思ったんですがあー、まだ続きが実は。
それはまた明日書くことに致しましょう。

いやいや、自然は大変だ。
そして、それにしても、全く飛べない状態でキジバトって巣立つんだろうか?。とっても不思議でした。


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

巣に出入りするキジバト親

昨日は夕方18時過ぎから、緊急速報メール「エリアメール」が鳴りっぱなしになった札幌。
台風7号の影響の大雨で、札幌厚別区や、清田区や、南区などが、潅水になり、避難警報が発令されたからです。

でもね、鳥見子の住むところ、警報が出たわりに、拍子抜けするほど、あっという間に大雨止みました。
20時過ぎからは、ぴっかり晴れてるという。

朝にももちろん雨降ってないしぃー、ほんと、拍子抜け。
今日出かけた先、厚別区方面でしtが、そんなすごいところも見なかったなあ。



さて、昨日は某所へシギを見てきました。大嵐の前にはさぞや面白いものが、という不謹慎?鳥見子(^^;)。
で、で、まあまあ面白かったですよ。

その場に着くはずのない、生息環境の違うシギが一瞬ついたり、さすが大嵐の前って感じ。
けれど、大嵐になる直前の12時前には、そこにいたシギは、いきなり0に。
やっぱり、大嵐を予感して、避難するんでしょうか??。面白かったあ。



さて、その大嵐になる前、撮影した画像、キジバトの抱卵交代するところです。はい、これは我が家♪でごじゃります。

【巣に出入りするキジバト】
巣に出入りするキジバト親


キジバト、去年は8月18日に巣立ちでしたが、今年は2週間以上遅れているようで、やっと昨日あたり孵化かな?って感じです。
去年よりも家側近くで巣なので、抱卵交代などが見れていますが、とっても用心深くて、窓から遠く離れて双眼鏡で見ていても、なかなかと巣に入りません。

巣作りの時は、ちゃっちゃか、ちゃっちゃか、人が見ていても巣材を入れてたんですが、抱卵になった途端、ものすごーく用心深い。
そのわりに、草刈りなどで巣の真下にどうしても行かざるおえない時、ちらっと巣を見ると、姿を隠すわけでもなく、こちらを覗き込んでたりして、その用心深さの違いがまた面白いです。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

キジバト シーズン初認

4日ほど晴れが続きましたが、今日は午後から雨らしいです。でもね、朝は、薄曇りというか、晴れ間も大きくある空。ただ、風邪が強くて、体感的には昨日よりは寒く感じます。



さて、昨日から今日は雨、雨と、言われていたので、急いで春探しをしてまいりました。
おかげさまで、たーくさんの春に出会え、嬉しくなった鳥見子。
まず、トップバッター…と言っても、やっとやっと、自宅への帰り道途中4時頃に見つけたんですが…、鳥見子の春の使者、まずはキジバトです。

【キジバト シーズン初認】
キジバトシーズン初認
キジバトシーズン初認 posted by (C)鳥見子




キジバトシーズン初認2
キジバトシーズン初認2 posted by (C)鳥見子


昨日はもう来ていないとおかしい時期だったで、これが正確なシーズン初認ではないと思うのですが、鳥見子的には初確認。
しかも、デデーポーポーと、鳴いて、囀ってもおりましたから、なお昨日より以前に来ていたのでしょう。
でもね、春の使者に間違いありません。嬉しいな。



今日は、昨日春をいっぱい見つけてきたので、もう1つ記事をアップしまーす。そちらも見てくださいませね。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

キジバト 巣立ち雛、その後

今朝は薄曇りになった札幌。良い一週間のスタートとなるでしょうか。



では、早速に今日の記事。
昨日午後、面白いものを見たので、そのお話を。

我が家で営巣したキジバト、18日に巣立ったとこちらに書きましたが、巣立ってから5日後の昨日23日、我が家の庭の隅で、キジバト親が、巣立った2羽の雛に、餌を与えていました。

キジバトは、雌雄ともに、ピジョンミルクという砂嚢から溶け落ちた?ミルク状のものを雛に与え、育雛します。
他の小鳥たちが、小鳥たちに、虫を与えて育雛するのと違い、その時に取れる虫など数に関係なく、育雛することができるので、育雛期間が長いことが知られています.

で、今回営巣しているのは知ってましたが、鳥見子、ピジョンミルクでどうやって与えるのか…、子育てするか、とっても興味があったのですが、営巣に影響があってもかわいそうなので、育雛様子を見ることはしませんでした。
【夏の1日】
夏の日
夏の日 posted by (C)鳥見子





が、昨日、巣立ってから5日もたつのに、我が家にキジバト巣立った雛2羽(我が家では2羽のみ、孵化でした)が、まだいるということとにまず、びっくり。

そして、なにより、親から、雛が、ピジョンミルクを飲む様がすごかった。

その、すごかったとは、雛は羽を震わせながら(それは、他の小鳥たちも同じですね)、親のくちばしに、2羽の親と変わらない大きさの雛が、頭をすっぽり、2羽とも同時に突っ込み、ピジョンミルクを飲んでいたのです。



2羽同時に巣立ち雛が、親のくちばしの奥に頭を突っ込むこと2分以上。
最初は、喧嘩をしているのかと思うほどの、翼バタバタ。何をやっているか全くわかりませんでした。

鳥見子が見ているのに、気がついたからか?(窓から見てたんですけどね)、親がさっと離れてから、巣立った雛は、とことこと歩いて、それから離れて行きました。

雛は、親とほとんど変わらない体色、羽毛でしたが、胸のほうだけ、縦に線が見えました。

いやー、あんな風に餌与えるんですね。親、窒息しそうに、なってましたよ。いやー、すごかった。

さて、ちらっと探しても、巣立ち雛がいない感じだったんですが、飛べるくせに、とことこ、歩いて隠れた雛たち。いつまで我が家にいるのかしら?。それも楽しみです。

あ、その面白い画像は?って。すみませーん。かわいそうなので、そして地面の隠れた場所でしていたので、画像は撮影しておりませんです。ごめんなさい。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード