FC2ブログ

去年の今頃は…

薄紙を剥ぐよりは早めによくなってきているのですが、こんなピッカピカの晴れなのに、出かけられないという。動けばちょっと辛いという…。インフルエンザ、恐るべし。

去年の今頃はこうだったのにねえ。

【キレンジャクの群れ】
レンジャク 万3


雪山の高さは変わらないのに、ナナカマドが不作と、このキレンジャクの群れは????

早く体を治して、お出かけしたいもんだ
スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

今年はダメでしょう キレンジャクの群れ

やっとやっと晴れた札幌。鳥見子がインフルエンザで苦しんでいる間にどんだけ降ったやら。
屋根からの雪が溶けて落ちてきたり、外も暖かいのでしょうね。



さて、今年は野鳥が少ない少ない、特に札幌近郊はひどいという話ですが、去年の今頃見られていたこんな風景=キレンジャク万単位の飛翔、今年は無理でしょう。
だいたい、ナナカマドが不作。お、ナナカマドに野鳥だ、と見ても、ムクドリという…。

【キレンジャクの群れ】
キレンジャクの群れ




鳥見子が具合が悪くなったのが、水曜夜から。木曜は特に高熱で、うなされて、昨日金曜夜は少しマシになりました。家人は、日曜の夜から具合が悪くなって、木曜には70%ほど回復した、と自分で言っておりました。5日くらい経ないとダメか?。ということはぁ〜、明日には鳥見子もだいぶよくなってるはず…と、期待しておりやす。
一番かわいそうなのは、尻尾がついた家人。3日も散歩してなければ、足腰が弱りそうで、かわいそうで…。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

キレンジャクの群れ

しっかり昨日、一昨日で積もった雪。融けませぬ。融けると思っていたんですが、さっぱり。
で、つるっつるの、こわーい状態の歩道。
こういう時は骨折が怖いので、歩道はなるべく歩かず、車道の端を歩く。そのほうが安全です。
もちろん車には十分気をつけて、車がいない時に…ですが。



さて、ヒレンジャク情報が流れてくるようになりましたが、今年はキレンジャクはどうなるのでしょう?

【去年撮影 キレンジャク】
キレンジャク


またの渡来を期待し、アップです。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

レンジャク 万(2018年1/29)

風も無く、穏やかな朝になりましたが、冷えてますねぇ〜。札幌も氷点下11度。外に出て歩くと、きゅっ、きゅっ、と雪が鳴ります。これは寒い証拠。



さて、連日2018年1月29日に一瞬万単位になったレンジャク群れのお話をしておりますが、そのレンジャクたちの餌食べの様子が以下。

【ナナカマドを食べに来たレンジャクたち】
レンジャク 万3


どうです?、すごい数のレンジャクがナナカマドに群がっている様子、伝わりますでしょうか?
昨日アップした電線などに止まった後、一斉に街路樹のナナカマドの降りてきます。



ただ、それはたった一瞬。数秒で飛んでしまいますから、撮影は至難。
【ナナカマドに一瞬降りてきても、すぐ飛び立つレンジャクたち】
レンジャク 万


このナナカマドは幹線道路にあったりしますから、真横を車がすごいスピードで通るし、真下を歩く人もいる。
そのたびにレンジャクたちは飛ぶので、降りてきても食べていない子も多くいると思います。

彼らも人や、車の往来が少ない時めがけて降りてくるのですが、なにせここは人も車の往来も凄い幹線道路ですから。
飛び立つたび、車にぶつからないか、見ていてはらはらします。

ですからね、この鳥見子撮影も、50m以上離れて撮影ですよ。物陰に隠れて降りてくる彼らを待っていても、ビルの一番上から、電線から、アンテナから、鳥見子が見えるんでしょう。
近くになんて降りてくることはありません。

他の群れでくる野鳥もですが、群れなほど神経質というか、落ち着きませんね。



でも、こんな群れが食べるナナカマドです。いくらたくさんナナカマドの街路樹があったとしても、この単位で降りてこられて、食べられては、食い尽くすのは時間の問題。
今朝も外に出ると、レンジャクの声がしましたが、もうもうもう食べるもの=ナナカマドが無い。居なくなるのは今日明日??
昨日だって、最高500くらいの群れが一瞬で、札幌中に散りじりになっているのだと思います。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

1/29のレンジャク群れ

今朝は快晴。我が家にもキレンジャクとヒレンジャクの混群20羽ほどがツグミと一緒に来ました。
札幌市内中、どこでも今レンジャクがたくさんなんでしょう。久しぶりの大きい群れ。嬉しいです。

が、1/29のこのような万の群れにはなかなかなりませんね。

【1/29 キレンジャク万の群れ一部】
レンジャク 万2


繰り返しますが、レンジャクたちが来ているのは住宅地だったり、幹線道路だったりすることもあります。
横の雪山に登っての撮影や、住宅地にレンズを向けてのご撮影は、ご注意くださいませね。
鳥見子も、もちろん気をつけます。




今日は2つめの記事も書くので、せっかく行ってきました。ご覧いただけたら、嬉しいです。
(ご心配いただいている体調ですが、外的なことなので、日数がかかるでしょうが、痛みは取れましたので、大丈夫です。でも、気をつけます。)

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード