昨日のヒレンジャク

昨日は結局午後から予報通り晴れましたが、寒くて、寒くて。
今日はぴっかり晴れていい感じですが、また天気はゆっくりと下り坂らしいですが。

そんな中、ヤブサメをシーズン初認しましたよ。


そして、ヒレンジャクの群れは相変わらず来ていましたので、カメラを持って行ってきました、その場所へ…。
これなら昨日アップ携帯画像とは違って、わかりますでしょ?

【ヒレンジャク 群れ】
ヒレンジャク群れ



ヒレンジャク


下尾筒の色がみーんなどれも薄い感じがする群れだったので、若い個体が多い群れだったのかなあ????
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ヒレンジャクの群れ

今日は、早朝のうちは雨ですが、これから晴れてくるそうです。
いよいよ本日あたりから夏鳥渡来、本格的になってくるでしょう。



今日はiPhoneの写真です。雨の中、カメラなんて持って歩いてなかったから…。
なので、画像がまったくはっきりしませんが、冠羽がある頭が見えるでしょうか。
ヒレンジャクの群れです。


【ヒレンジャクの群れ】
ヒレンジャクの群れ
ヒレンジャクの群れ posted by (C)鳥見子



ヒレンジャクの群れ2
ヒレンジャクの群れ2 posted by (C)鳥見子


彼らの餌であるナナカマドの実はもう地面に落ちてしまっていますが、その落ちた実を食べるために集まってきていました。
これで5日連続彼らに会っていますが、結構な車が通るところなので、見ててハラハラです。



今日は2つ目の記事もアップしています。お花の話題です。お時間あれば続けて見てくださいませね。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

お腹の色が違うヒレンジャク

また一週間が始まりました。昨日の快晴天気と違い、曇り空で、パッとしない一週間開始日ですが、幹線道路はどこも舗装道路が出ていて、走りやすい。けれど、歩道が問題。昨日から、てっかてかの、つるっつる。気をつけて歩かないと転んだら骨折でっせ、これ。

そして、今日から第68回さっぽろ雪祭りが、12日日曜までの約1週間、開催されます。

今年は、大通り2丁目の大氷像ホエールホーム、4丁目のファイナルファンタジー、5丁目のトット商店街、5丁目西の大氷像 台湾台北賓館、7丁目のパリの凱旋門、8丁目の奈良興福寺中金堂、10丁目のスターウォーズ、など、綺麗そうですね。



さて、今日も朝早めの時間に、ナナカマド並木数通りを流してきましたが、いやー、見事にナナカマドの実、0。見事でんな。
ですから、この画像も、数日前に撮影のものです。

で、ちょっと面白い子たちだったので、アップします。
というのも、左の子と、右の子、同じヒレンジャクなのに、お腹の色と、下尾筒の色、違いませんか?
左のヒレンジャクのほうが、お腹の色が薄くて、なおかつ下筒尾の色も薄い。

【体色が違うヒレンジャク2羽】
お腹の色が違うヒレンジャク


多分、このヒレンジャク体色の違いは、年齢差では?と思うのです。
薄いほうが、幼鳥というか、去年生まれの子。
11月に撮影したヒレンジャク幼鳥は、お腹に縦線が入ってたり、冠羽も短かったりしましたが、もう2ヶ月経過し、そんな様相の子は誰も見当たりませんけれど、多い群れの中には数羽このように体色が薄い子が。
この画像では見えませんが、このお腹の色の薄い子、背中の色も薄いんですよ。



さ、皆様、良い一週間を!!。鳥見子も良い週にするように努力します。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ヒレンジャク 群れ

今朝はぴっかり晴れて、風も無く、いいお天気の札幌。久しぶりの行楽日和。
明日からさっぽろ雪祭りも開催されます。行けたら、写真撮影してきましょうか。



さて、もうこんな風景は見れなくなったでしょう。
ヒレンジャク群れのナナカマド採餌するところです。
この時は、総数100くらいだったかなーあ。中にキレンジャク1羽。

【ヒレンジャク 群れ】
ヒレンジャク 群れ2


もうナナカマドの実が無くなりましたから、こんな風景も見れないでしょう。

この撮影は、数日前の2017年1/29のこと。
その時はまだ実はあるな、でも(画像でもお分かりになるように)少なくなったあー、とは思っていたんですが、
これからたった3日ほどでどこも食い尽くしました。

もちろん我が家のナナカマドの実もほぼ食い尽くされましたが、最後の最後の実、下についた実を飛翔、ホバリング(あまり出来てませんね)しながら食べています。

何度も書きますが、キレンジャクが来ても(今年はほんと、少なかった。ヒレンジャクの100くらいの群れにたった1羽とか)、ギンザンマシコが来ても、食べるもの無し。今年は2種はまず望めなさそう、だとおもいます。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

窓ガラスにぶつかったヒレンジャク 保護

今朝の札幌は快晴。寒さも一段落したのか、昨日、一昨日よりはずっと体感気温が暖かく感じます。



さて、今日は2つ目の記事。朝バタバタと書いた「隣家窓にぶつかったヒレンジャク」保護、その後を。

まず、画像を見て頂きましょう。
はい、無事に関係機関に行く前に、飛び立ちました。ああ、よかったあー。

【保護後、飛翔したヒレンジャク】
保護したヒレンジャク


まず、経緯を書くと、
隣家から連絡があり、行くと、窓の下に翼を広げて、はーはー、息をしているヒレンジャク1羽。
窓にぶつかったのだそうです。

でも、こういう時は慌ててはいけません。

手袋よりも、何かタオルなど覆うものを用意。野鳥は体全体を布や袋などで覆ってしまうと、飛ばないのです。
また今は鳥インフルエンザもありますので、直接手で触ることは避けたほうが良いでしょう。

わたしは(慣れたことですから…、慣れたくないなぁー、窓にぶつからないのが一番!)タオルを持って行ったので、それをパサっとヒレンジャクに掛けて、ヒレンジャクを包み、
用意した小さめのダンボール(野鳥がちょうど入るくらいの小さいもの。あまり大きいと元気になった時、中で飛翔して、また翼を痛めても困るので、飛翔できないくらいの小さめのダンボール)にそっと入れて、自宅に持ち帰り、
バスタオルでそのダンボールを包んで、なおかつ暖かい暖房器具のところに置きました。

無事捕獲.保護までは出来たので、
関係機関に電話すると、今、鳥インフルエンザのことがあり、受け入れはできないかもしれない。
また朝早いので、担当のものがいないので、あとから折り返し電話すると、言われました。

で、いつでも出れるように用意していますと、ダンボールから、カサカサという音。
あ、助かったな、これは…、と、そっとダンボールを移動し、外で中を覗くと、
なお、バタバタ動き出していましたので、大きくダンボールの箱を開けると、
最初は、近くの手すり上のところに止まりましたが、その後、見事に飛んで行きました。


飛翔し、無事止まった画像が、上記画像となるわけです。

ぶつかったのが、8時。バタバタしだしたのが8時55分。飛び出したのが9時ちょっと過ぎでした。
でで、今、9時50分。体を上記のようにやや膨らませていたので心配していましたが、ちょっと目を離したら、もうこのヒレンジャクは居なくなっていました。

近くに、ハシブトガラスが居ましたので、彼に食べられたか?と心配しましたが、羽の飛び散りも無かったので、多分大丈夫だったと思います。



皆様!、もし窓に野鳥がぶつかって、窓の下に落ちていたら、
申し訳ないのですが、そのままにせず、
上記に書いたように、タオルと、小さめのダンボール(ダンボールがなければ、ビニール袋でも構いません。鳥見子、こんなこともあるかと、いつも小さめのダンボールは数個畳まずおいてあります。なにせ、すぐダンボールに入れるのが一番。組み立ててる時間も勿体無い)に入れて、暗くて暖かいところに置いておいてあげていただけませんか?

その時、水を入れたり、食べ物を入れたりする必要は全くありません。
ともかく、安静にしておいてあげてください。

1時間後ぐらいに、ガサガサとダンボールの中から音がしだしたら、大丈夫です。
できればもう30分くらい、そのままダンボールに入れ、暖かい場所に置いて安静にしておいてあげたほうが良いかもしれせんが、ガサガサ頻繁に動き出しているようならば、外でそのダンボールの箱を開けてください。
外でですよ。家の中で飛び出したら、また大変ですから。

もし、箱を開けて、飛び出したならば、もう大丈夫です。
ただ、そういう時は、カラスに襲われる可能性も高いので、なるべく目を離さないようにして、見守っていていただけたら、なお助かりますが、ご安心くださって結構かと思います。


繰り返しますが、窓ガラスにぶつかった野鳥は脳震盪をおこしているだけかも?、しれません。
そのままにしておいたら、カラスや、猫の餌食になるかも?。
ま、それも、それでその子の運命かもしれませんが、鳥見子はできれば上記のようにして、助かる命なら、助けて上げたいと思うのです。

何かの時のご参考までに書かせて頂きました。この記事がお役に立てたら嬉しいです。



何かヒレンジャクの恩返しは無いかな?、くすくす。ああ、ヨカッタヨカッタ。一気に気が抜けました。



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード