キジバト巣立ち雛その後(3)

昨日はまたまた蒸し暑く、道行く人とのご挨拶は、蒸し暑さいつまで続くんでしょ!?、でした。
そして予報では夕方から土砂降りの雨ということでしたがーー、激しい雨が降り出したのは午後9時過ぎから。
それもそう長い時間続いたわけでもなく、拍子抜け。
風もやや強まったのですが、それも拍子抜け。
太平洋側や、一部の地域では洪水になっているようですが、札幌、鳥見子の周辺にはその気配は感じられません。

今朝も曇り空で、さ、出かけようと思ったいた矢先、9時ちょっと前からまた激しい雨にはなりましたが、これも午後には上がるんじゃないかしら?

被害に遭われた方々、これ以上被害になりませんように…。



さて、昨日、とほほ、のキジバト巣立ち雛のお話を書きましたが、それにはまだ続きが。
2羽だったキジバト巣立ち雛が、あっちゅーまにカラスに捕獲されて、死んでしまった悲しい話と、残り1羽を保護しようとしたらキジバト雛に威嚇されたというお話まで書きましたがぁ〜〜、

それから次の日の夜26日、はっと、また庭を見ると、キジバトの巣立ち雛1羽が、前日の25日と同じ位置に出てきて寝ています。
あっちゃー、夜だから、鳥見子、もうどうするわけもいかず、そしてきっともっと時間がたったら奥に入るんでしょう、一晩越したら、もう大丈夫だなと思って、また27日土曜早朝、その場所を見ると、全く同じ位置にキジバト巣立ち雛1羽。

ええ、その姿を出したまま、一晩同じ場所で過ごしたようです、彼女。
そのさまが、以下です。

【キジバト巣立ち雛 2日後】
キジバト 巣立ち3





キジバト 巣立ち4


一晩無事越せたけど、どうも様子を遠くからみていると、えっちらおっちら、危なっかしく、この木の上をよちよち歩いているので、心配だなーあ、まだ飛べないのね。でも、鳥見子を威嚇したくらいだから、もう防御しなきゃ、この場にいたら危ないって勉強したよね、と思って、鳥見に出かけた鳥見子でした。

があーー、次の日、庭に出てみると、涙、涙の光景が。
はい、庭の片隅に、キジバト巣立ち雛、まだ羽が鞘に入っている状態の羽が、あちこちに散乱。
はいはい、つまり、また彼女も、カラスの犠牲になってしまったようです。

野鳥保護のために、鳥見をしていると思っている鳥見子ですが、なーんか自分の無力さというか、悲しくなりました。
ものすごーくショックでした。
鈍臭い子といえばそれまでですし、それが自然なんだ、強いものだけが残るんだというのも十分理解していますし、カラスだって生きているんでしょうけれど、すごく悲しいことが自分の身近であって、自分はなんなんだ!と。

自然って厳しい。自然って大変。

それから、数日、キジバトの親が、我が家に続けて訪れ、自分の雛を探しているさまも哀れでした。
でもね、まだ繁殖するつもりなのかなーあ、その親。我が家で、縄張り宣言、「ででー、ぽぽー」とまだ鳴いていることも申し添えます。もしもし、また繁殖するなら、渡去ギリギリ。頑張って欲しいけど、また心配事が増える鳥見子でした。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード