怪我をしているコオリガモ雄

今朝も昨日に続き、寒い朝なものの、強い日差しを感じる朝となりました。
さーー、今日も、1日がんばろ。



さて、☆様に情報いただき(いつも情報ありがとうございます)、札幌近郊の港に来ているコオリガモ雄を見てきました。



でもね、このコオリガモ雄、怪我してるんです。

鳥見子が見た時は、漁民の方々に迷惑がかからないようにと思い、夕方。
日曜にこの子は現れ、その時は近かったらしいですが、鳥見子が見た時はこの状態。
高倍率のスコープでも点の世界だし、もちろん1200mmで撮影しても、近くで見ることは叶いませんでした。



が、その点のような状態で見ても、右足に怪我をしているのか、体が右に大きく傾き、盛んに体を気にして、毛繕いしたり、画像にあるようにバタバタしたり。

【怪我をして、バタバタしているコオリガモ雄】

怪我をしているコオリガモ雄3
怪我をしているコオリガモ雄3 posted by (C)鳥見子




おまけに、一度テトラの上に上がったのですが(それもコオリガモ的には異常なことです)、すると、やっぱりあざといハシブトガラスが、さーーっと寄ってきました。


怪我をしているコオリガモ雄
怪我をしているコオリガモ雄 posted by (C)鳥見子


慌てて海に戻るコオリガモ雄。


怪我をしているコオリガモ雄2
怪我をしているコオリガモ雄2 posted by (C)鳥見子


こういう弱っている野鳥や動物のこと、ハシブトガラスたちは、本能的に?感じて寄ってきますから。



野鳥や、動物は、人と違い、痛い、痛いと言っていると、「弱ってますよーお、食べてくださーい」とアピールしているような状態になるので、痛みに強いと言われています。

なので、この子も、一見普通で、ぐったりしている状態ではありませんが、上記様子などから総合的に見て、テグスがかかっているか、、右側になんらかの怪我をしていることだけは確かです。

この状態が続けば、もしかしたら、陸に上がったり、カラス、カモメ類に突かれてしまうかもしれません。

その場合は、それはそれで仕方ないですが、近くに来たからと言って、人が追いかけることで、餌も取れず、見守っていたら復活回復するものも、それでできなくなるかもしれません。



ご観察の皆様も、それを理解され、もし岸近くに寄ってきても、追いかけたりせず、暖かく見守っていただけたらと思います。
また、漁民の方々の営業に迷惑をかけないでもいただきたいな、とも思いますし、
もしもし陸に上がって、捕獲できそうなら(頭に布などをかけると、野鳥は落ち着きます)、そうしていただき、市役所などにご連絡いただけたらと思います。

どうぞご協力のほど、お願い申し上げます。

鳥見子が珍しくタイムリー情報アップ。
どうかどうか、どーか、彼が頻繁に餌を取れるように、早く回復できるように、遠くから、彼を暖かく見守ってくださいませ。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード