FC2ブログ

コウライキジの塒(ねぐら)

今朝の札幌は曇り。またまたとても冷えています。雪はうっすら数ミリ降った昨晩だったようです。
昨晩の最低気温は朝6時のマイナス6.3度。今日も最高気温はマイナス1度と、これで元旦から12日連続真冬日記録。



さて、昨日の観察後午後13時頃、すっかり冷えた身体をスープで暖めながら、庭を見ると…、
おほほほほ♪。
元旦から我が家の定番になった「コウライキジ雄」が、ノソノソと隣のお庭から我が家のお庭へ餌探し。


コウライキジ、とても用心深く、わたしが家の中のガラス越しに見ているのに、とっとと逃げます。(鳥見子、鬼じゃないってーのに……)
なので、じっと見ていては可哀想です。
来ているな……、何か餌、食べて行くんだよ〜ん、と思って、彼から目を離していると、あらら、居ません。

【我が家に来ているコウライキジ 雄】
コウライキジ 雄
コウライキジ 雄 posted by (C)鳥見子



うーむ、何も食べないで、帰ったのかしら?と、再度注意深く庭を見ると、数日前「コウライキジも樹に登る」でご紹介したイチイの樹に、この間居た位置よりも、もう少し下にはなりますが、尾を庭のほうに向け、全身が見えるようにして、でも、目をあけつつ、しかし、いかにも休んでいる風に居るではありませんか
その時刻は、15時半頃。(夜明けが早い分、北海道は15時半ともなると、薄暗くなります。)

【(数日前アップ画像と同じ)イチイの樹の上のコウライキジ】
コウライキジ、樹に飛ぶ
コウライキジ、樹に飛ぶ posted by (C)鳥見子


どうするのだろうと、見ていると、16時半、どこにも行かずに、結局我が家で塒(ねぐら)を取ることに決めたようです。

で、鳥見子って、バカなんですよねぇ〜。夜も彼がどうしてるかと気になり、2時間置きくらいに起きて、双眼鏡で暗がりを、家の中からちらちら見ておりました。(勿論、彼に負担を与えないように注意を払い、ですよ。毎晩の塒にしてほしいですからね。)

すると、体を一番イチイの中の混んだ部分に丸くして入れ、寝る直前はあの長い尾も出ていたのですが、それも上手に隠して、嘴を体の中に入れるでもなく、寝ているようでした。
そして、結局札幌の夜明け朝7時まで、我が家にずっとおりました。

野鳥の塒(ねぐら)は、スズメや、カラス達、ハクセキレイ、ムクドリなどは見たことがありますが、コウライキジなどはどこにどうして寝るのだろうか?と、思っておりましたので、素敵なものを御陰様で観察です。

コウライキジって、樹の上で、寝ることもあるんですね。いやいや、面白いものを見ました。
今晩も我が家に泊まってってくれるかなぁ〜、コウライキジ。
スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード