FC2ブログ

北海道コムケ湖で捕獲されたフラッグ付きトウネン

ここ数日トウネン(チドリ目シギ科、Red-necked Stint 【CalidrisRuficollis】)のお話をしておりますが、
以下画像見て下さいますか?


皆様、山階鳥類研究所というところをご存じでしょうか?

野鳥を許可を得て捕獲し、調査をしている方々=バンダーと仰る方々が日本には数百人おられます。
そこのもとじめみたいな機関なのですが、このトウネンも、青いフラッグが2つついておりますので、
北海道のコムケ湖というところで捕獲された個体のようですね。

詳しくはこちらを…→渡り鳥と足輪

【トウネン 北海道コムケ湖で捕獲の、青青フラッグ付き】
トウネン 幼羽



わたくしも、捕獲調査に関わる仕事をしていることもあり、このフラッグ付き個体については即刻その日のうちに、山階へメールを入れたのですが…、今もって返事無し。

あのね、わたくしね、思うのです。
フラッグ付きと、そうではない個体が、居たとしたら、明らかにフラッグ付きの個体は何もつけていない個体よりもなにかしらの負担がある。リスクがある。

そういうことをしないと、渡りのルートなどは解らない。だから、感謝の意味を込めてすぐ山階さんに連絡するわたしなのですが、それにたいして山階様、お忙しいのは解るけれど、何もお返事が無い。
わたくし以外にもきっとそういう情報を流しておられる方がいるでしょうが、そういう情報を開示していない。

そんなことをしていたら、情報も集まらなくなるのでは?と思うのですが、皆様如何御考えになられますか?
負担をしいてまで…している捕獲調査。それに対して私たちはもっと、感謝の意味、ごめんねの意味を込めて情報を開示しなければ、彼らに恩返しが出来ないと思うのです。

と、今日はちょっと過激でしたね。ごめんなさい。

スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード