FC2ブログ

オバシギ

昨晩もずっと雨。今朝も雨。いつまでこんな不安定なお天気が続くのか…。
さ、でも、今日から9月でーす。これからどんどんシギが来る季節ですよお。越冬個体がそういるでも無い北海道。季節限定種の、シギ、チドリ観察を楽しみましょう。



さて、この子、誰だか解りますか?。この画像だけで、解る方、結構凄いかもぉー♪
鳥見子、この子の赤い喉?の部分に、最初騙され、迷いました。アオアシシギか?

【眠るオバシギ】
眠るオバシギ
眠るオバシギ posted by (C)鳥見子




誰だろ?と思っているうちに、この子ったら、すたこらさっさと背中を向けて、歩んでいってしまった。
【背中を向けるオバシギ】
オバシギ背中
オバシギ背中 posted by (C)鳥見子


こうなったら、もうなかなかの難度になりますね。



でも、結局振り向いてくれたら、嘴は反っていないし、胸は濃い色だし、この子は「オバシギ」でした。
【オバシギ】
オバシギ
オバシギ posted by (C)鳥見子




シギの判別は、幼鳥、その換羽中、夏羽、夏羽から冬羽に換羽中、冬羽、そして何よりトウネンなどは個体差など、
とても迷うものがあります。

鳥見子、過去は、足の色が黄色グループとか、体が小さいグループとか、嘴が下を向いているのか、反っているのか、まっすぐなのか、などなど、そんな表を自分で作って、必死に覚えました。

そしてフィールドに出て見た。

それでも、足の泥が付いているとか、光線の加減で体色が違って見えるとか、見る角度により、本当は嘴が反っているのに、反ってないように見えたりとか、覚えたつもりで、フィールドに出たのに、苦労しました。

でもでも、毎日毎日、その当時シギが沢山居た場所(札幌大橋の下の排泥地)に通い詰めて、覚えたものです。

皆様も図鑑を見ても、シギ類判別は、さっぱり解らないと思われているかもしれませんが、2シーズンもあれば……、そして、じっくり観察していけば、そのうちシルエットでも、背中だけでも、解る様になると思います。

キリアイをヒバリシギと間違えたり、このオバシギをコオバシギと間違えたり、ミユビシギの背中だけを見てヘラシギだと間違えたりのミス。
良〜く、足の色を見たり、嘴の長さを見たりすれば、鳥見子みたいに表を作らなくても、少しづつ、足の黄色い小さいシギグループは…な〜んて、頭に入れておくと、判別出来やすいかもしれませんね♪

って、ヨーロッパトウネンとトウネンの違い、ヨーロッパトウネンを何度か見てるのに、難しいと苦手にしている鳥見子ですが…。


そうそう、昨日、某所で、アジサシの凄い数の群れが一瞬陸に入って群舞したのを見ました。感動でした。
でも、はっと気がついた時にはもう遅く、一瞬で抜けてしまってましたけど。嵐の前には……、嵐の最中には……、面白いものが付きますね。

このお天気不安定な札幌天気が、今年のシギ観察には、吉と出ているのか?



スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード