FC2ブログ

コケワタガモが食べていたもの

今日の札幌は快晴。しかも暖かい。春を感じます。嬉しいな。



さて、本当に台湾の野鳥を出さねば、もうそろそろ夏鳥達が来る時期なのに、あせる、焦る。
でも、今日もコケワタガモです。さ、これも急いで沢山出さねば。

昨日コケワタガモは岸壁の藻?を食べたり、潜水して採餌していたと書きましたが、潜水後上がってくると、こんな様子です。

【コケワタガモの食べていたもの】
コケワタガモが食べていたもの
コケワタガモが食べていたもの posted by (C)鳥見子



ね、これ、嘴から糸のようなものが出ていますでしょ?
焦りましたよお、鳥見子。やばぁー、釣り糸食べちゃったんだ、げげげーって。



でも、どうもそうではないようです。細い細い藻?みたいなもののようで、それが赤かったりして気持ち悪かったのですが、なんなんでしょう?

下画像もフォト蔵ならではに拡大してご覧下さいませな。赤い紐状の物が口の回りにありますです。
なんていう植物?、動物?なんだろ、この赤いもの…。

コケワタガモ若い雌 バフ,三列風切,白い線2本、薄い白いアイリング
コケワタガモ 幼羽個体 バフ,三列風切,白い線2本、薄い白いアイリング posted by (C)鳥見子

スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Shin's様

御丁寧なコメント頂き、誠にありがとうございます。

今回観察された皆様が、雌だ、雌だと、言われ、その同定が一人歩きしておりますが、そう言い切っても良いのかと、ずっと疑問に思っておりました。

英語が苦手な鳥見子。少し英語が理解出来る素人夫に英語の文献を読んでもらうと、尾を上げて、これだけ尾が尖るものは、幼鳥で間違いないと書いてある、と言われました。また、明らかに淡色羽縁バフが見えますし、幼鳥には間違いないと、わたくし、断定しておりました。

「外国の図鑑でも幼羽の雌雄は判断していないことが殆どで、潜水鴨類判別は2年程度要する」と仰っておられますが、つまりこの個体の正しい表記は「コケワタガモ 幼鳥」と書いたほうが良いということですね?

後頭部の瘤も、海外画像の雌画像だとあまりはっきりしませんし、雌というよりも雄の可能性のほうが高いのでは?、とコメント読み取りました。

とても納得するお話でしたので、早速に表記を「コケワタガモ 幼鳥」に、変えようと思います。幾重にもお礼申し上げます。有り難うございました。
また何かありましたら、ご指導のほど、宜しくお願い申し上げます。

札幌は今日も吹雪。湿った雪で、春を感じますが、この多量の積雪はいつ融けるやら…。インフルエンザもまだはやっているようです。お気をつけ下さい。

確たる根拠なしですが

野鳥大好きさんのブログですか?
ネイチャーガイドさんにコメントしていいものか・・・

個人的感想を言わせてもらうと、雄幼羽から換羽中かなという気がします。
アメリカでも稀な種のようですが、カリフォルニア州初記録の際の画像が掲載されています。
(Figuresタブ)
http://www.wfopublications.org/Rare_Birds/Steller's_Eider.html

2cy male、1w male、第1回繁殖羽雄ほぼ同義でしょうが
http://pewit.blogspot.jp/2012/06/stellers-eider.html
6月には、このような外観となるようです

外国画像を多数見る限り、雨覆羽縁に摩耗であれ、何であれ淡色羽縁が見られ、胸、頭部に淡色部が出現するのは雄のようです。
また雌幼羽後期の雨覆は淡色羽縁が見えず、これは成鳥雌でもそうですが、褐色味が強く見えるように感じます。
また気がかりな点として挙げておられる、後頭部左右のふたこぶも雄を感じさせます。これらは、そうじゃないかという程度です。
外国の図鑑でも幼羽の雌雄は判断していないことが殆どです。
国内の図鑑には潜水するカモの雌雄判断は2年程度必要とも書かれています。無理に判断する必要はありません。
三列風切は摩耗もしていますが、まだごく短いですね。

あと、岸壁の藻は付着性貝類の肉片あるいは、寄生する線虫のような動物質に見える気がします。潮間帯の生物には詳しくないのでよくわかりません。藻類ではないように見えます。
こちらでは見ることができない、コケワタガモなのでコメントさせていただきました。

※ 最初のリンク先はどうしてもURLの途中までしかアクティブにならないようですので、コピペでアドレスバーに貼り付けて下さい。
プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード