樹液を飲むシマエナガ

昨夕は、けっこうな吹雪になり、やっぱり春は遠いのね!と思いましたが、今朝も昨日に続き暖かく、昨日あった積雪4センチ?ほども、今日中に融けてしまいそう??

ただ、道は朝からべちゃべちゃ、日陰の場所はつるっつる。明日は雨との予報も出ているくらいですから、ますます暖かくなるのでしょう。
これは、運転は泥はね、滑り、を気をつけねば。



さて、昨日、空中に浮かぶ?(あはは)シマエナガをアップしましたが、それにはある理由が。
その理由は、はい、以下です。

【春 樹液、雪解け水を出す木】
春の樹液
春の樹液 posted by (C)鳥見子


はい、春ならではの光景=樹液や、雪解け水を、滴らせる木。
これが目当てにシマエナガが集まるのが、今時期ならではのことなんです。





【樹液、雪解け水?を飲む シマエナガ】
樹液を飲むシマエナガ


この春ならではの光景=樹液、雪解け水を飲むために、シマエナガは、ここでホバリングしたり、飛びついたりして、必死に、それを飲んでいます。

そうですよね、厳冬期には樹液も出ないし、雪解けの水も無い。そして、樹液=高カロリーなんでしょう。

ええ。
この樹液や、雪解け水、日中の気温がプラスになる時にしか見れない光景。
つまり、今ならではの光景なんですが、じゃあ、どこの森林ででも、この風景が展開されている…と思わないでくださいませ。

鳥見子が、この風景を見たことがあるのは、ある森と、ある森くらいで、森さえあれば…というわけではないのです。
しかも、鳥見子が撮影したこの場所は、特に特に、頻繁に野鳥たちが来て、他の場所にはない光景が展開されていました。

まあ、それも日によって、野鳥たちがここに訪れる頻度は変わるのですが、多く来る日に当たれば、皆様ご存知=写真が下手な、しかも撮ること=証拠と思っている鳥見子でも、浮かぶシマエナガが撮影できる、というわけ。


でも、この風景も、今月いっぱいかなーあ。3月上旬までかな?。
樹液って、いつまでこんなに出すんだろうか?
そして、札幌、今年は季節2週間ほど先取り?の感がしますから、この動向も見えないです。



それと、一昨日、札幌近郊の漁港へ寄ってみましたら、カモメの仲間が数千単位で休んでおりました。風もそう強くない日でしたから、多分渡り途中の個体たちだったのだと思います。その光景はまた…。
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード