アオバズク 雌雄

恭賀新年


今朝は暖かいものの、猛吹雪になり、予定していた計画も中止になりました。
松の内の今日、三連休の中日は家でおとなしくしていたほうが吉?



さて、去年会えて嬉しかった野鳥シリーズ、7日目は「アオバズク」です。

【アオバズク 雄】
アオバズク雄




【アオバズク 雌】
アオバズク雌


アオバズクの雌雄は、雄は雌よりも斑が太く濃い傾向にあるが、個体差が顕著で識別は困難と言われています。

ですので、鳥見子の以下の識別は間違えているかも?しれませんが、

1,体の大きさ(他の猛禽類同様雄のほうが体が細い)
2,居た場所(この2羽は随分離れた場所にいました。雌はああ、あれを巣にする予定なんだろうな、の近くに居ました)
3,茶色の斑の大きさ(雄は細く、雌はハート形のように斑が大きく丸い)

以上より、上がアオバズク雄、下がアオバズク雌の判断をしました。



が、この子たち、雄はギャラリー多数で、その中でフラッシュ撮影される方もおられたようで、目が悪くなってたのでしょう。落ちてしまって、後日落鳥。
雌も噂では強制保護されて、他の場所で放鳥されたと聞きました。

もうそういうことではここにアオバズクは来てくれることはないでしょうね。
悲しいことです。
こんな明るい場所(写真下手の鳥見子でも撮れる)で、なぜフラッシュなんて焚くかなあ。

(鳥見子も昨日猛省することしてしまい、新年早々に大落ち込みです。新年早々ため息ばっかり。とほほ。自分のことは自分で直さ無いとね。)
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード