ヨーロッパトウネン

今朝は薄曇りで、気温もやや高めで、風も無く、穏やかな朝となった札幌です。
一昨日夜から、昨日午前中にかけての猛吹雪は凄かったですからね。って、また明日明後日、特に明後日は、また猛吹雪、大荒れになる予報が出ています。



さて、満を持して…というか、やっと鳥見子納得できるようになったので、また時期外れのものですが、アップ。
ヨーロッパトウネンです。

【ヨーロッパトウネン】
ヨーロッパトウネン別1


恥ずかしいことに長年鳥見子は、ヨーロッパトウネンというものが、解っていかなったというか、識別に自信がありませんでした。

が、一昨年(今日アップ画像は全て一昨年のものです)、やっと納得できたので、2年越しの秘密?でしたが、アップしました。


【ヨーロッパトウネン(手前トウネン、奥ヨーロッパトウネン。1枚目画像と同個体)】
ヨーロッパトウネン別2


ヨーロッパトウネン、一昨年はお陰様で3個体以上、今年も2個体以上見ることができました。
案外、たくさん来てるんだなーが、素直な実感です。

ヨーロッパトウネンは、トウネンよりも嘴が細く、そして長く、また「ふしょ」が長いと言われていますが、↑画像では、はっきりとその2点(嘴がトウネンよりも長い、足も長い)が見れると思います。

明日は、このヨーロッパトウネンについて、書こうと思っています。
(その次は、ムギマキ若い個体の雌雄について書こうかな?。かな?、だけど。)



(ご心配メールなど頂いておりますが、すみません。やっぱりこの落ち込みはなかなか回復無理そうで、努力中です。)
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード