ヒバリシギとトウネンの交雑個体

昨日、鳥見子さん、小樽方面に行きましたが、大変穏やかで、ほぼ1日晴れ。
でも、札幌に戻ってきたら吹雪という…。
全く鳥見子の回りは、なんなんでしょうかねえ?

あ、小樽は鳥見子の自宅回りよりもやや多めの積雪のように感じました。
うず高く積まれた除雪の山から、車が来ているか来ていないかの確認で、顔を出すのが怖い怖い。

今日も朝のうちは薄曇りでしたが、10時過ぎから結構な雪になっております。
ただ、救い?は、予報通りとっても暖かいこと。
今日の最高気温はプラスになるそうなので、この雪も降ってもそう積もることはないのでは?



さて、この数日、ヨーロッパトウネン、ヒバリシギとオジロトウネンの交雑個体と思われるもの…と、一昨年2016年に現れた面白いシギのことを書いておりますが、今日はヒバリシギとトウネンの交雑個体と思われるものをアップします。

【ヒバリシギとトウネンの交雑個体と思われるシギ(幼鳥】
ヒバリシギとトウネンの交雑個体


ね、この体色、おかしいですよね?
どうでしょう?
大きさはトウネン大なんですが、
ずいぶんと赤みが強く、かつ黒っぽい、どう見てもトウネンでも、ヒバリシギでも、オジロトウネンでも無い、不思議な個体。



そして、ずいぶんと背中に白いV模様がはっきり。そして喉のところもくっきりと白い。
もしかして、ヨーロッパトウネン???

ヒバリシギとトウネンの交雑個体2

ヒバリシギとトウネンの交雑個体3


とは思いましたが、ヨーロッパトウネンの嘴の長さでもないし、足の長さもトウネンとほぼ同じ。
なんだんだ?、誰?、あなたは?

と悩んでおりましたが、
前回の「ヒバリシギとオジロトウネンの交雑個体か?と思われるもの」が記載されている、雑誌バーダー2016年12月号にもこの個体が出ていますので、ほーお、「ヒバリシギとトウネンの交雑個体」なのかあー。
なるほどね。


上記にも書きましたが、雑誌バーダー 2016年12月号にも記載があるので、はっきりこの「ヒバリシギと、トウネンの交雑個体と思われるもの」が居た日を書きますと、2016年9月3~4日。
湿地っぽい場所に、たった1羽、トウネンともほぼ混じらず、付かず離れずでおりました。

そのバーダーによりますと、片親がヨーロッパトウネンの可能性もあるけれど(鳥見子はそうじゃないかなーと思ったりもしてたんですが)、ヨーロッパトウネンとヒバリシギの分布が、トウネンほど重なっていないことなどから、ヒバリシギとトウネンの交雑個体の可能性が高いとのこと。



前回のヒバリシギとオジロトウネンの交雑個体も世界的に例が無く、大変大変珍しいようですが、このヒバリシギとトウネンの交雑個体と思われるものも、世界的に例が無く、大変大変大変珍しいもののようです。

でもね、オジロトウネンとトウネンの交雑個体も、ヒバリシギとトウネンの交雑個体も、不人気?で、どなたも撮影に一生懸命ではなかったんです。残念でした。

スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード