FC2ブログ

ヒバリ シーズン初認

今朝も昨日に続き、ぴっかり晴れて、暖かいし、良いスタートになりました。



さて、昨日春探しに出かけたのですが、はい、春、おりました♪。まずは、ヒバリです。

【ヒバリシーズン初認】
雲雀シーズン初認


ってね、これ、ごめんなさい。過去画像で昨日のものではありません。
ヒバリね、まだ来たばかり。地面で、独特の「ビジュ!」っていう声を出していただけで、こんな揚げひばり状態ではありませんでした。
でも、もうきっと今日にはこんな揚げひばりがいるんじゃないかなー。1日と言えませんからね。

ともかく、ヒバリ、写真はいまいちなので、過去画像を出しますが、昨日3月18日、シーズン初認致しました。

<<過去のヒバリシーズン初認日>>
2005,3/19
2006,4/2
2007,3/26
2008,3/20
2009,3/20

2012,4/10
2013,3/26
2014,3/26
2015,3/22
2016,3/20
2017,3/22
2018,3/22
2019,3/18

こうやってみると、毎日ヒバリ探しをしていたわけではありませんが、昨日のシーズン初認日、まあまあ早い感じです。



さて、昨日最後に見た光景のこと一言。一言ですまないかもしれないですが…。
野鳥の営巣について です。

昨日ある場所に午後行くと、すごい車の数と、すごい数の人だかり。
同じ場所に、一斉に同じ風にレンズを向けて…、でしたから、
噂で聞いてた野鳥の営巣をご撮影の方々のようでした。

いつもここに書くことですが、
野鳥の営巣を、営巣しかけているところを撮影は、営巣放棄になりかねません。
子育て中の撮影も、営巣の邪魔になります。控えるべき、と鳥見子は思います。

だってね、皆様も、家をじーっと多人数で1日中、見られていたら、いやじゃありません?
まして、ここに巣穴をしようかなー、なんて思って一生懸命穴、家を作っているところを、
じーっと見られたら、いやじゃありません?
ご自分の身になって考えてみてくださいませんか?

そして、もし、皆様で見ることで、その営巣が放棄されたら、その責任はどうするのですか?
希少種であればあるほど、気をつけねばと思いますが、
希少種でなくとも、野鳥たちは子孫を残すだけのために生きているのです。
遊びをするわけでもなく(まあ、カラスは遊びますね)、そのことだけのために一生をかけているのです。

自分におきかえて、自分の家をずっと多人数で見つめられたらと、
そしてそれで放棄したら、その責任を取れるのか?ということ、どうかお考えくださいませんでしょうか?


放棄しても他の場所に作れば良いじゃない?、では無い!と思うのです。
彼らの短い一生の中で、巣穴堀り今してるその時間だって、彼らの短い一生では長時間なのです。
その努力を奪ってはならないと思うのです。

放棄しますよ、あのままでは。

鳥見子も十分色々なところで気をつけているつもりではおりますが、より気をつけねばと、またまた思った次第でした。
どうかこの文章をお読みになり、もしかして、…と思われた方、ちょっとだけ考えてくだされば幸いです。



スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード