FC2ブログ

カモ類の雛混ぜ

今朝も晴れていい感じのスタートになりました。



さて、マガモやカルガモ、オシドリの雛を見て、ずいぶん大所帯だなーあと、思われたこと、ありませんか?

実は、この子達、同じ親から生まれた兄弟、姉妹じゃないかも?しれないんです。

【マガモの雛達】
マガモの雛達


つまり、野鳥の仲間では、ある家族の雛に、他の家族の雛が混じること=雛混ぜが行われているのです。

他の既に孵化した雛が、ふとしたことで他のすの雛と混じってしまって、でも、それに親鳥は気がつかない?。
また、こちらが見ていても、時々雛の行列が交差したりすることもありますよね?。
その時に他家族の雛が混じってしまうこともあるんです。

また、番(つがい)外交尾が頻繁に行われていることだって、野鳥類の中では知られていること。

このように雛が混じってしまう=雛混ぜ、養子(Adoption)は、研究によると、76%の「科」で、報告があるとか。
でも、それがなぜ行われているのかは、不明だそうです。

一説には、雛が自分の生存率を高めるために、よりよい親を求めて引っ越す?、ということや、
群れでいたほうが捕食者に食べられないから、などの説があるようですね。

いやいや、なんでも野生の世界って面白い。

スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード