FC2ブログ

オオマシコ(雌?、若いタイプ?)

昨晩は雷と雨が凄くて、起きてしまうほど。木々には恵の雨でしたでしょうから、ますます葉っぱ繁茂。森林の野鳥観察はほぼ無理状態に突入です。




さて、昨日の画像から再度。この子、誰だか解りますか?

【さて、だーれだ?(クイズ)】
オオマシコ若いタイプ1

でしたが、たった一枚の写真からの判別は難しいですねぇ。
鳥見子も、この子を見た時は、この状態で、背中のみの、しかも藪の中でしたから、ああ、ベニマシコだって。




でも、待てよ。ベニマシコ特有の声も出して無く、無言だし、なにより尾が短くないか?
胆振館内では越冬個体もいるベニマシコですが、札幌近郊では鳥見子的には一年ぶりにベニマシコも見るし、
およよ?

と、思って、見ていると、こちらを向いてくれました。それが以下の写真。
【オオマシコ雌か、若い雄個体】
オオマシコ若いタイプ2


はい、答えはオオマシコ雌か、若い雄個体です。

上記にも書きましたが、尾も短いし、白いはっきりとした班も背中にないし、くちばしの長さも違うし。

鳥見子が一瞬何か解らなくて、ベニマシコ?って思ったのは、北海道札幌近郊でオオマシコは珍鳥部類に入りますので、その時、シーズン初めだし、全く頭に入れてなかったのも、敗因。
何度も何度もオオマシコはたくさん見ている鳥見子ですけれど、頭に入っていないと、思いもしないものに出会うと、一瞬わからないもんですね。

で、この子、4月末に見たのですが、この時見たのも、一瞬だし、もう抜けたと思っていたら、最初に見た場所から100m以上離れた場所に5日後にも一瞬見ました。アトリの大きい群れの中に入っていて、萩の落ちた種を食べていたみたい。

それが最後に見た彼女?でした。

今年、パラパラとオオマシコ情報があったようですが、数年前のように、どこもかこもオオマシコだらけ、というわけでは今年は無かったようです。見られてラッキーでした。

毎年どこかではオオマシコに出会えている鳥見子ですけれど、また来年も出会えるだろうかな?
スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード