FC2ブログ

道東のシマフクロウ2

今日の札幌、とても暖かく、春がまた進みました。川縁を歩いていても、埋まる埋まる。
そんな中、ヤマセミが飛翔していました。彼は、もう繁殖期のはずなのに…。
カメラマンさーん、あまり近くに行かないでねん。彼が可哀想ですよん。



さて、昨日はイワナを食べるシマフクロウの画像をアップしましたが、今日はその同じシマフクロウの横顔。






シマフクロウは、今、北海道に120~150羽程しか居ないと言われています。
100羽近くになると絶滅が近いと、他の種では言われますので、まさに風前の灯火。

シマフクロウは日本では、北海道(日本の領土に北方領土を入れたらば別ですよ。国後、択捉、サハリンにも、北海道と同じシマフクロウが生息しています)にしか、いません。
なので、シマフクロウの「シマ」は、縞模様の縞ではなく、北海道=島の意味です。

シマフクロウは体長70センチ、翼を広げると180センチにもなり、体重も4キロもある大型のフクロウ。
この様の座っている?と、まるで遠目にも幼稚園の生徒が、膝をかかえて座っているみたいに大きく見えます。
(この続きはまた明日書きましょうね。)
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード