FC2ブログ

道東のシマフクロウ5

今日の札幌は、半月ぶりの氷点下。朝のうちは晴れていたのに、昼近くになると、吹雪いて来ました。
今日鳥見子が歩いた先では、随分とシマエナガ達が群れていました。
また、我が家にはツグミが総数20以上。残り少なくなったナナカマドに群れ、また少し融けた雪どけ水を盛んに飲んでいました。

もう3月も明日で20日。まだまだ氷点下とはいえ、一昨日見た海では、もうウミネコが到来していました。
ええ、厳冬期、札幌近郊ではウミネコがいません。
ウミネコは、春になると、戻って来る、北海道札幌近郊では、春の使者になるんですよ。
陸の鳥では、ハクセキレイ(越冬個体も居ますが、群れでやってきます)や、ホオジロや、ヒバリが、春の使者になりまする。



さて、鳥見子が見たシマフクロウの話の続きですが、

対岸で鳴いているシマフクロウを、見ていると、本当の鳴く時に喉の白さがとても良く目立ちました。
大きく大きく膨らませて、面白いものでした。

見ていると、突如、鳴いていたのに、こちらの背を向けた…と思ったら、海のほうへ飛翔して行き、1時間以上その時は戻って来ませんでした。

この時はお客様と二人で見て居たのですが、二人で見ていないと、一人が寝てしまうと、見逃す程のシマフクロウの行動。
生け簀に来ていても、居るのは数分なので、一人で見ていたら見逃すことにもなりかねませんね。
出来れば、複数で行かれること、お薦め致します。





スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント頂いたS様へ

わたしのこちらにアップしている写真は、全て手持ちの望遠でです。環境に配慮し、回りなどを一部カットすることもありますがノートリミングのものです。凄い腕っ節が強いのかもしれませんね、わたくし(ふふふ)。コメント有難うございました。

Re: シマフクロウに感動

しろくま様
コメント有難うございます。夜間撮影は本当に大変ですね。わたしも苦労です。シャッタースピードを上げて、撮影を心掛けますが、どうしても手ぶれ。ええ、わたくし、手持ちで全て撮影なものですから。今後ともこちらこそ、宜しくお願い申し上げます。

markee様へ

今日書きましたが、5月6月が雄雌で餌を運ぶので、現われる頻度が高く、10月には雛連れで現われるようですよ。また会えると良いですね。一緒に
たまたまなった他のお客様(フランス人の方)は、1回目出現を寝ていて見逃してしまい、がっかりされていました。どうにか2回目(夜中の12時40分頃)見れて、喜んでおられましたが…。

なるほど

私が行った時も、長い待ち時間に一瞬寝てしまい…目を開けたら目の前に島梟がいてびっくり!したことを思い出します。また会いに行きたいです。雛たちが巣立った秋以降がシーズンとしてはいいのでしょうかね?
プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード