FC2ブログ

2012〜2013年にかけ、札幌に現れたギンザンマシコ(総括)

昨日午後から、猛烈な風をともなう猛吹雪。あちこちに吹きだまりができ、道東のほうは、その吹きだまりにより、車も埋まって、悲しい事故もおこっているようです。我が家のバードテーブルも吹きだまりに埋まっています。

そして、昨日の風は収まりましたが、まだ吹雪の札幌。午後には落ち着くという予報ですが、まだまだ交通傷害は続きそうです。うーむ、明日は晴れて頂戴ねぇ〜。



さて、野鳥の会が、「ヘラシギ」の過去も含めての渡来記録を集めているようですが、
2012年から2013年に、年をまたぎ、群れで、札幌市内に長逗留したギンザンマシコの記録を、こちらに書き残しておこうと思います。



【札幌市内に現れたギンザンマシコの群れ】
札幌市内に現れたギンザンマシコの群れ
札幌市内に現れたギンザンマシコの群れ posted by (C)鳥見子


ただし以下は、鳥見子が、鳥見子の見れる範囲で見た記録ですから(この情報は☆様や、○様から頂いた情報もございます。複数皆様、誠に有り難うございました。この場をかりて、幾重にもお礼申し上げます。)多分に漏れているものもございますし、あくまで鳥見子の活動範囲での記録。

なので、これが、正しいギンザンマシコの渡来ピークや、札幌市内のギンザンマシコ総数だったと思われないで下さいましね。

<2012年から2013年に現れたギンザンマシコの数>雌と書かれているものには、雌タイプも混じっています。また鳥見子のギンザンマシコ初認は、12/2でしたが、市内で11/24という記録があるようです。不明と書かれたものは、行けなかった日です。


2012年
12/2 雄1,雌2
12/3 雄1,雌3
12/4 雄2,雌3
12/5 雄2,雌3
12/6 雌2
12/7 雌2
12/8 雌3
12/9 雌2
12/10雌2
12/11雌2
12/12 不明
12/13 不明
12/14 雄1,雌5
12/16 雄2,雌2
12/17 雌2
12/18 雌1
12/19 雌9
12/20 雄1,雌10
12/21 雌3
12/22 雌13
12/23 雄2,雌10以上
12/24 雄2,雌18 (総数40以上)
12/25 雌4
12/26 17程
12/27 雌5
12/28 雌16
12/29 雌7
12/30 雌15以上 
12/31 雄1,雌13



【ギンザンマシコ 雄 頭掻き】
ギンザンマシコ雄の頭掻き
ギンザンマシコ雄の頭掻き posted by (C)鳥見子


2013年
1/1 雄1,雌12
1/2 不明 
1/3 雌8
1/4 雌4
1/5 雌3
1/6 雌16
1/7 雌19
1/8 雌4
1/9 雌2
1/10 雌5
1/11 雌3
1/12 雌4
1/13 雌3
1/14 0
1/15 雌8
1/16 雌3
1/17 0
1/18 雌6
1/19 雌2
1/20 雌6
1/21 0
1/22 0
1/23 雄雌4以上 
1/24 0(この日から見れなくなる) 


2000年は12月末に渡来で、2週間程逗留し、ピークが8羽程。
2006年は11月。
2007年は1/15に渡来で,2/2まで確認。ピークは1/18の9羽
でしたので、今回がどれだけ長逗留で、数も凄かったか、そしていかに綺麗な赤い雄=成鳥雄が少なかったか、まとめてみると、なお解りました。

多分もうこんな数が、しかも長逗留することは、これからも無いのでは?。


なお、繰り返しますが、このギンザンマシコ出現場所ですが、札幌市内です。
それ以上はお答え出来ませんので、よろしくお願い致します。

しかし、これだけの数のギンザンマシコ、どこに渡ってしまったのだろうか?
また札幌に冬、ギンザンマシコさん達、来てくださーい。待ってます。6年後かなあ?

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

交通事故死したギンザンマシコ 若雌

今日から3月。でも、札幌は朝から細雪が降っています。融けてはいるのですが…。
明日から猛吹雪がまた2日間続くという予報も出ていますし、なかなか辛い。

さて、2/20以来我が家に来ていなかったコウライキジ君。今朝来てくれました。よかったぁー。
エゾクロテンに寝込みを追いかけられて、夜中に声を出しながら逃げていたから、鳥見子、どこか怪我でもしてないか…、と心配していましたからね。
彼ったら、ばたばたと今回は森のほうから、なんと飛翔して来ました。ちょっとその登場の仕方にもびっくりですが、それも元気な証拠。よかったよかった。



さて、3月最初なのに、こんな画像は…と思ったのですが、敢えてアップします。ギンザンマシコの死亡個体の画像です。以下、数枚死亡写真が続きますので、ご覧になられたくない方はスルーしてくださいませね。

【交通事故により死亡したギンザンマシコ 若雌】


交通事故にあい、死亡したギンザンマシコ 若雌3
交通事故にあい、死亡したギンザンマシコ 若雌3 posted by (C)鳥見子

交通事故にあい、死亡したギンザンマシコ 若雌2
交通事故にあい、死亡したギンザンマシコ 若雌2 posted by (C)鳥見子

交通事故にあい、死亡したギンザンマシコ 若雌1
交通事故にあい、死亡したギンザンマシコ 若雌1 posted by (C)鳥見子
交通事故にあい、死亡したギンザンマシコ 若雌4
交通事故にあい、死亡したギンザンマシコ 若雌4 posted by (C)鳥見子




昨日、車の前にも平気で降りて来ていたギンザンマシコ 若い雌個体をアップしましたが、この子、あの直後、交通事故にあいました。

このギンザンマシコ、市内某所のナナカマドに来ていたのですが、そこは車の往来も激しい場所。なのに昨日の画像の有様。この子はじめ、ギンザンマシコは、平気で道路に降りてくるのです。

その日は、札幌にしては珍しく暖かく、ギンザンマシコは、ナナカマドを食べては、近くの場所に降り、(水代わりに)雪を食べるという、いつもの行為を繰り返していたのですが、そのうち、信号待ちをしている車の前に、すーっと降りました。

が、車が動いたら、飛ぶだろうけれど、えええええっ!と、思ってみていましたら、なんと、この個体、車が信号待ち終わり、車が動き出しても、飛びません。
げーっ、と思っていたら、案の定、車に、パーン!と、はねられました。
が、ふらふらしつつも飛翔したので、あ、助かった…と思ったら、そう高くは飛び上がれなかったからでしょう。後続の車に再度はねられ、地面に落下。動かなくなりました。
鳥見子、慌てて、道路に飛び出し、その個体を拾いました。(考えてみれば、鳥見子も凄いことをしたものです。ビュンビュン行く車の前に、気をつけなががらも…ですが、わたしも飛び出したんですからね。危ない危ない。野鳥保護も気をつけねば。)



が、拾ってみると、この有様。もう死亡しておりました。

良く道路を見ると、この子はどうも、舗装道路に水、晴れてそれが光っている=まるで、人の目にも、それは川のように見えましたから、水を飲みたくて、彼女は道路が川だと思って?、降りて来た感じがしました。

全くの自然では、こんな交通事故などありえないことなのに、遠路渡って来たばっかりに……、警戒心が薄いばかりに……、経験値がないばかりに……、(尾の先が尖っていますよね?。体色もですが、そのことより、去年産まれの若い個体と判断しました)、この子は交通事故。
車なんて作った人間も悪いです。この子には、可哀想な、申し訳ないことをしました。
(わたくしの「可哀想」表現ですが、これは個人の感想、表現で、けして野生生物に失礼な表現のつもりで書いておりません。ご不快に思われる方がいらしたらすみません。)


人は自然の中で、どの生物とも共存し、生きているのに、どうもそれを忘れることが多いんですね。
人は自然に生かされている、をもっといつも思っていなくては、と、思いました。



なお、この死亡ギンザンマシコですが、貴重な死体です。鳥研究機関に役立てて頂くため、送りました。彼女の死が少しでも何かのお役に立てば…と、思いました。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

車の前にも降りて来たギンザンマシコ

今日で2月も終わり。明日から3月です。3月といえば、札幌もいくらなんでも春めいてくるでしょう。
今年は冬が厳しいぶん、春に期待していますよお。

しかし、それにしても、ギンザンマシコ、12月から1月中頃まで、総数は凄い数でいたのに、その後の話が入って来ません。どこに渡ったのでしょうか。不思議です。

【車の前に降りて来たギンザンマシコ】
車の前に降りたギンザンマシコ 雌タイプ
車の前に降りたギンザンマシコ 雌タイプ posted by (C)鳥見子

車の前に降りたギンザンマシコ 雌タイプ2
車の前に降りたギンザンマシコ 雌タイプ2 posted by (C)鳥見子


屋根に上がったり、人前でも平気で群れで降りて来たりするギンザンマシコには、ハラハラしましたが、この子、車の前にも降りて来ました。

実はこの子にはまた顛末が…。それは明日また書きますね。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

人が居る道路にも降りてくるギンザンマシコ群れ

今日の札幌は、昨日に続き、穏やかです。ただ、ちょっと風が強く、寒いかな?
でも、今日はプラス気温にまでなるそうで、少し春が近づいてるかしら?、と思わせる陽気です。



さて、昨日は屋根の上に居るギンザンマシコの群れをアップしましたが、今日は、人の往来が激しい道路にも平気で群れで檻居るギンザンマシコ群れを。
【道路にも降りてくるギンザンマシコ 群れ】
道路に降りたギンザンマシコ達
道路に降りたギンザンマシコ達 posted by (C)鳥見子


人を恐れないギンザンマシコですが、雪解け水や、道路に落ちた種?を食べに、1羽が降りたら、続いて、次から次へと降りていました。

ある人にお聞きした話ですが、なんと地下鉄の出入り口にまで降りて来たことがあるとか。
うーむ。ギンザンマシコって、どこまで人を恐れない野鳥なのかなー。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

屋根の上に群れで上がっているギンザンマシコ

昨日石狩某所へ行きましたら、ミヤマガラスが1羽見えました。が、用心深くて、すぐ逃げられました。
森は、時折ウソの声のみ。でも、カラ類が囀り盛んです。猛吹雪でも、雪がこんなに多くても、彼らには確実に春を感じる何かがあるのでしょう。



さて、ギンザンマシコは、こんなところにも…。居ない居ないと思ったら、屋根の上に群れで居ます。

【屋根の上に群れで上がっているギンザンマシコ】
屋根の上に群れでいるギンザンマシコ群れ
屋根の上に群れでいるギンザンマシコ群れ posted by (C)鳥見子

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード