ヘラサギ 飛翔

予報通り、昨日は昼少し前からみるみる晴れてきて、良いお天気になりました。
今朝はまた思いっきり冷えていますが、めちゃ良いお天気になってます。最後のもみじ狩りになるかしら?
今日はオフなので、鳥見がてら、もみじ狩りに行ってこよう。



さて、3日ほど前出かけた先でヘラサギを見ました。
おかしいんですよねぇ、最近。
ダイサギが増えてきて、夏場もみられるし、ダイサギの越冬個体増もおかしいおかしいとこちらに書いておりますが、北海道では珍鳥中の珍鳥だったコサギまでこの近年毎年確認されるようになりました。アマサギもです。

そしてね、この子「ヘラサギ」もこの3年ですかね。冬季以外の毎年毎年色々な時期に見られるようになりました。
それも複数羽だったり、このように一羽だったり。

この場所でも数日前は3羽いたそうですが、鳥見子が見た時は遠くに遠くに1羽いて、盛んに採餌しておりました。
なので、特徴のヘラ状嘴はずっと水の中。遠いし、証拠写真にもならないので、これは去年撮影画像、「ヘラサギ幼鳥飛翔」です。

【ヘラサギ 幼鳥 飛翔(着水直前)】
ヘラサギ 飛翔


この時は、それこそ世界的に絶滅が心配されているクロツラヘラサギと一緒に居たんですよ。
そのクロツラヘラサギもこの2年、続けて、札幌近郊で観察されています(鳥見子も見ました。)

なーんか、おかしいですね。暖かいところに本来いるものが入る=温暖化なんでしょうね。

昨日までヘラシギをアップしておりましたが、ヘラつながりと、このヘラシギは遠いので追っかけられることもないでしょうから、アップしました。

今日はもう1つ記事を書きますので、お時間あれば、そちらも…。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ヘラシギとトウネンの足の太さ違い

どっかん、どっかん、昨晩の雷は凄かったですね。叩きつけるような雨が夕方から突然に降り出したと思ったら、どっかん、どっかんの雷まで。
そうしたら、今朝の札幌、気温が4.4度まで下がり、道東滝の上町などはマイナス2度にもなったとか。
一雨一雨秋は深まり、冬に向かっていくのでしょう。

それにしても、札幌、今は、小雨。予報には曇のち晴っていう話なのに、これ、止むんでしょうか?。どんよりとした空で、晴れる気配無さげ?。



さて、連日連日、ヘラシギをUPしております。
今日はそれ最後?ヘラシギ。トウネンとヘラシギ、足の太さ違いをアップしようと。

【トウネンより足が太いヘラシギ】
ヘラシギ幼鳥とトウネンの足の太さ違い


どうでしょう?
手前がヘラシギ、奥がトウネンなのですが、ヘラシギは足が全体的に太い様に見えませんか?

繰り返しますが、トウネンの群れの中に居て、似たような体色の子でも、背が高くて、足が太くて、背中にもしかしたら白っぽいV文字が見える場合。じーっと観察してみてください。もしかしたら、その子、世界的に絶滅が心配されているヘラシギかも?しれません。

おかげさまで、ヘラシギに会える可能性が高い地に住んでいる鳥見子。また来年も彼らに会えることを祈って!


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ヘラシギ 幼鳥 三態

2日前は結構色々な野鳥が見れたので、昨日もさぞや…と思い某所と某所を歩きましたが、いやはや閑古鳥。
二日間快晴、今日はぐっと冷えて北見などでは平地でも初雪など、一気に冬へ加速すること、野鳥たちは解っていたのでしょうか。

野鳥たちは自然の変化に敏感ですからね。

今朝は札幌も冷えてますよぉー。そして午前の早い時間は冷たい雨。昼にはそれが一旦上がるものの、また夕方から雨という予報も出ています。
(鳥見子もどうも風邪気味だぁ。これ以上ひどくならないようにしましょう。)



さて、この数日絶滅危惧種ヘラシギ幼鳥をアップしておりますが、今日もそれにお付き合いくださいませ。
今日はヘラシギ幼鳥(2016年9月撮影個体)の三態を。

【ヘラシギ幼鳥 羽繕い(2016年9月撮影)
ヘラシギ 幼鳥(羽繕い)


ヘラシギって、表面は白だけど、羽の中は、黒い体色なんですね!!



【ヘラシギ幼鳥 首を掻く(2016年9月撮影)

ヘラシギ 幼鳥 (頭書き)


野鳥には、直接頭掻きと、間接頭掻きする2種類がいますが、ヘラシギは直接なのかな?



【ヘラシギ幼鳥 採餌(2016年9月撮影)
ヘラシギ 幼鳥 (採餌)


名前にもあるようにヘラシギの嘴は特徴あるヘラがついていますが、採餌する時はこのヘラ嘴先をこうやって開けて、微妙に左右に振って採餌しているんですね。



鳥見子の写真撮影は芸術じゃなくて、個体識別や、生態が写せたらいいな、写真ばかりなので、今回アップ写真もそのようなものばかり。ご理解ください。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ヘラシギ幼鳥 伸び 2体

風は強いものの、またまた快晴。
さーー、やることやって、下見に行かねば、明日明後日は雪も降ったりする、雨みたいですから…。



さて、連日、世界に30番とも、100番とも言われる絶滅危惧種ヘラシギ(幼鳥)をアップしておりますが、
ヘラシギ幼鳥2体の、伸び様子を違いということで、またアップ。

【2016年9月確認 ヘラシギ幼鳥 伸び】
ヘラシギ幼鳥 (伸び)





【2017年9月確認 ヘラシギ幼鳥 伸び】
2017年9月ヘラシギ幼鳥(伸び)


昨日も書きましたが、同じヘラシギ幼鳥でも、全然体色が違うものです。
ヘラシギに似たトウネンも、体色に個体差色々ですが、ヘラシギ幼鳥もその傾向があるのでしょうか。

ヘラシギ夏羽を鳥見子は先日アップした個体以外に1個体しか見たことがなく、その時はカメラをしていなかったので、写真無し。成鳥ヘラシギも体色に個体差があるか、来年は比べられる個体がくればいいなーと、思っています。




1週間ほど前、冬鳥ツグミ情報があったようですし、ある野鳥、動物、ももう定点に帰ってきているようです。
また冬は冬で、面白い。楽しみだなあ。




(ただいま、またカメラ不調で、修理に出しております。修理といえば、金曜にパソコンクラッシュ。設定が全部ぶっ飛び、メール受け取れず、iCloud設定もどこかに…、もちろん画像もぶっ飛びでした。そしたら、今度は鳥見子、どさくさで?iPhoneメール設定を動かしてしまい、携帯メールも丸1日送受信出来ず…。まして、それに気がついたのが丸1日経過してから。それ直して、よしよし!、と思ったら今度はiPhoneとiPadとの同期ができなくなっていて、金曜から昨日まで、そればっかりになりました。
元元は鳥見子がパソコンの画像を処理しないで溜めてしまったことが原因。
危ない危ない、綱渡り状態だからと、慌ててハードディスクを買ってきておいて、金曜にそれが届いたのに、パソコンそのものがダメで、ハードディスクに入れる前にダメ。
猛反省しました。

そのやっとやっとクラッシュ状態から復帰できている今、何をおいても、今日から心を入れ替えて頑張らねばと、思ってます。でもね、パソコンも機械。いつダメになってもおかしく無し。今度新しいパソでたら買わねばならないと思います。消耗品でも高い買い物ですね。しくしく。ま、鳥見子が悪い。頑張ろう。と、独り言でした。すみません。皆様も画像処理、鳥見子みたいに溜めないでくださいませな。こんな人居ないと、家族に言われてしまったけど。確かに…。)

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

クマゲラ 飛翔

(今日10/15 、2つ目のエントリー)は、クマゲラです。

【クマゲラ 飛翔(黒い手前は住宅地の屋根)
クマゲラ♂飛翔


長時間歩く時は短いレンズしか持たないのと、一瞬のことだったので証拠写真にもなりませんが、クマゲラが飛翔しています。

でね、これ、ある住宅地で、しかも国道上空。時間は昨日の11時頃。
ある場所を歩き、帰ろうかと国道Sを通りかかると、どこからか、「コロコロコロコロ」と、クマゲラが飛翔する時の特徴ある声がどこかから聞こえてきました。

まさかーあ、ここ国道だよ、と思いましたが、キョロキョロすると、大きい山のほうから一直線に飛翔する黒い物体。
いやいや、ほんまにクマゲラやあ。

昨日歩いた場所では、メジロ、シロハラ、クロツグミ、ムギマキ若い個体、キビタキ若い♂姿確認。それにウソの声、マヒワの声、ウグイス、カシラダカの声かな?も、聞こえてきました。
色々野鳥達、移動の時期。クマゲラは留鳥と言われていますが、クマゲラだって深い山から里に下りて来たり(それだって、移動です)、移動している時期なんでしょう。
という、話でしえた。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード