クマタカ 幼鳥(2)

いやーー、降りました、降りました。朝起きて、びっくり。昨晩中に降雪は止むだろうなと思っていたのが大間違い。どっかり夜も降って、真冬に逆戻り。
水曜は積雪42センチだった札幌が、昨日は21センチ積もり、今の積雪は71センチになっているそうです。
3月にこんな多くの積雪があるのは、12年ぶり、とか。

おかげで、今日も早朝からアトリの群れが我が家に来て、賑やかです。



さて、もう少しちゃんと、昨日のクマタカの様子が見たいと裏にメールいただいたので、これではどうでしょう?
はい、これは昨日アップのと、同個体です。

【クマタカ 幼鳥】
クマタカ 幼鳥


1200mm望遠レンズなので、離れた距離での撮影ですが、この子幼鳥だからでしょうか。じっくり、スコープで観察させてもらえました。



さて、この大雪。今日1日降るようですが、明日からは晴れが続くようです。降っても融ける。これから冬になるわけではない!。もう一息、がんばろ。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

クマタカ 幼鳥

今日の夜中3時過ぎから、どっかん、どっかん、ビュービューと、吹雪になりまして、朝までに12センチ積もったという…。一気に冬に逆戻りです。
外では除雪をしている人も多数。
でもね、春の雪。重たくて、大変そう。この雪も今日のうちには全部融けると思うんですが、鳥見子、甘いか?
我が家はアトリで賑わい、今日は10以上の群れがきているようです。




さて、先月、某所に行き、方向転換しようと車を細い細い道に入れた途端、ほれ?、なんかおる。
車の窓ガラスを開けて見ると、以下。
誰だかわかりますか?

【クマタカ幼鳥】
羽つくろいするクマタカ幼鳥


誰かのんびり羽つくろい中。でも、どう見てもクマタカ幼鳥。



【クマタカ 幼鳥】
羽つくろいするクマタカ幼鳥2

こうやって顔を上げるともう間違いようがありません。

この子の親ももうこの子の世話せず、繁殖期に入ったことでしょう。この子もどうしてるかしらね?



さて、昨日2017年3月22日、☆様より、ヒバリが3羽もう草原で鳴いてたよと、シーズン初認情報をいただきました。
2015年が3/22、2016年が3/20、今年が3/22。こうなると、キジバト、ホオジロ、キセキレイ、モズも来ていてもおかしくありませんが、今日は猛吹雪ですからね。どこかで昨日渡ってきたヒバリもびっくりしてるかな?

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

越冬 イカル

今朝は予報に反し、ぴっかり晴れた朝になりました。
明日は、また春が足踏み予報が出ているので、今日のうちに色々下見をしてしまいましょう。

あれと、あれと、あれと、見てこないと。



さて、もう10日以上前に渡去したようなので、アップしまーす。
某公園に現れていた越冬イカルです。

【イカル】
楓の種を食べる越冬イカル


北海道の場合、イカルの越冬例は多くはありません。
鳥見子も1月にイカルの群れの声を聞いたことが過去ありましたが、一瞬の話。
この子は、10日間?ほども、こちらに滞在し、カエデの実を食べていました。



以前も書きましたが、
私はそんな風にイカルの声は聞こえないのですが、イカルの鳴き声「ヒーコーキー」、が怒って居るように聞こえる事から由来するという話や、 なお、奈良の 斑鳩 ( いかるが ) の里に沢山いたから…とか、諸説あります。

なお、奈良の斑鳩の地名は、かつてこのイカルが多くいたことにちなむらしい、という話もあり、斑鳩にイカルが多くいたから斑鳩という里の名前…、イカルは斑鳩に多くいたからその名になった、とか、そうなると、卵が先、鶏が先?、みたいな話ですけどね。



【カエデの種を食べる越冬イカル】
楓の種を食べる越冬イカル2


「豆回し」や、「豆転がし」の別名もあるイカル。この時もカエデの種を、まー、回す回す、回して食べる食べる。
くるくると嘴の中で回して、見ていて面白かったです。



まだ食べ物は沢山ここにあったのに、渡去した?この子「イカル」。無事渡ってくれたと信じます。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

シマエナガに会うには…

今朝もマヒワの声が聞こえる中、硬い雪面を歩いてきました。
はい、今朝は、曇り空で、寒い一週間のスタートになりました。
この土日月の三連休がほぼ快晴で、春爛漫だったのですが、春は足踏み状態。



さて、昨朝歩いていましたら、見知らぬご年配の方より声をかけられました。
シマエナガを探してずっとこの数週間歩いているのですが、見つけられません。どこに行けばシマエナガに出会えるのか、教えていただけませんか?、とのことでした。

わたしは、お返事で、
1、シマエナガは個体数が少ないので、なかなか出会えないこと
2、ただ、生息地は限られているわけではないこと
3、なかなか出会えない野鳥でも、冬季や、樹液を飲む今月末までが会える可能性が高いこと
4、カラ類のトップを切って、飛んでくるので、シマエナガの声が聞こえたら立ち止まって待つこと
5、他の野鳥にもいえることだが、シマエナガの声を覚えること
(6、樹液が出ている場所を見つけること)

特に5番=シマエナガの声を覚えましょう、と
3番=冬季や、今時期が会うポイントなので、頑張ってくださいませ、と力説?して、お別れいたしました。

【(一昨日撮影)シマエナガ】
シマエナガ


今年になり、今まで野鳥に興味がなかったけれど、テレビでシマエナガの特集を見てから、是非会いたくなって…とか、ネットで話題になってるシマエナガってどこにいるの?とか、目茶目茶ご質問を歩いていると受けることが多くなりました。

テレビ恐るべし、ネット恐るべしです。

そうですよねー、可愛いですもんね、シマエナガ。
わたしはこの一週間毎日シマエナガに出会えていますから、皆様も会えますよーお。

あ、あと、樹液が出ている場所を見つけるのも、ポイントですからね。皆様も会えますように。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

マガンの群れ

今朝も快晴。朝6時前から歩いてきましたが、マヒワの声がずいぶんしていました。そして、相変わらず我が家にはアトリがわんさか(^^;)。



さて、もうこんな季節がやってきましたとの情報が…。マガンです。

【地面採餌するマガン】
マガン群れ


これは数ヶ月前の撮影のもので、まだ鳥見子、マガンがたくさん来ている場所に行けてないのですが、北海道ではマガンのこういう群れは時期になれば見れますからね。

春の風物詩、マガンの地面採餌。



(さて、懲りずにまだ、ポケモンGOをやっている鳥見子さん。今朝8時20分頃、手稲区某所で、滅多に滅多に出現しない「アンノーン」というぽけちゃんが出ました。鳥見子、上記に書いてたように、野鳥観察に出てて取り逃がしました。でも、札幌でも、札幌ファクトリーなどでてているらしいから、またそのうち縁があれば…。と、のんびりしたこと書いてますが、忸怩たる思いがふつふつ。あーーー、失敗したあーー!!!)
プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード