ヤブサメ

今日も昨日に続き…どころか、もっと暑い日になるようです。
ハリオアマツバメの水飲みとか今日なら良いんじゃなろか?。もう少し個体数が増えてからご案内したほうが良いかね?
どうだろう?。



さて、夏鳥野鳥たちも、子育て盛んで、コムクドリなどは今週末にはもう巣立ちかと思います。
夏鳥たちもいよいよ繁殖中盤ですね。

そんな中で、森林の野鳥はますます見えずらくなってきましたが、この子だけは愛想よく出てきてくれました。

【ヤブサメ】
ヤブサメ


ヤブサメだけは、愛想良しの北海道札幌近郊です。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ヒバリの後ろ足指

今朝は晴れているものの、風が強く、涼しい感じ。でもね、これから気温が上がるようですよ。
さーー、また一週間がはじました。がんばんべぇ〜〜〜。(←北海道方言ですね)



さて、ある人っ子一人居ない公園を歩いていると、柵の上に止まって囀るヒバリ雄。さすがにここまで近づくと、ピタッとその囀りをやめてしまいました。
ごめんね、散歩道なんだもん、そこ通らないと帰れないのよ、鳥見子。


【ヒバリ 雄】
ヒバリ雄




で、やっぱり飛びました。
けれど、わぉ!、ヒバリの後ろ足指の長さ、とっても長いですね。

【ヒバリの 長い後ろ足指】
ヒバリ雄 足指


これだけ長いには理由があるんでしょうけれど、何の理由だろうか?
地面から助走しないで、直接上空に飛ぶのに、足蹴りに必要なのか???

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

チゴハヤブサ 抱卵開始

今日もぴっかり晴れて、いい感じの日。…と思いきや、暑い。もう9時半過ぎたら暑い。
今日の予想最高気温は25度とのことですが、10時現在でもう24.8度。
これならもっと行くでしょう。はー、早朝散歩しておいて、良かった。




さて、チゴハヤブサの抱卵が開始され、雄雌ともにあまり鳴かなくなってきて、抱卵してるのか、そうじゃないのか。
はたまた居るか、居ないか、わからない時期になってきました。
チゴハヤブサは、カラスの巣の後で抱卵しますが、どっかり巣の真ん中に座られると、いるのやら、いないのやら、見えません。尾の先でも見えてくれたら良いのですが、1時間待っても、2時間待っても動かない時は動かない。

【チゴハヤブサ】
チゴハヤブサ雄 2017.6/9


チゴハヤブサは、約1ヶ月抱卵し、巣の中で同じく約1ヶ月育雛しますから、あと1ヶ月後7月中頃には動きがあるようになるでしょう。楽しみにしましょう。


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

イワツバメ、ショウドウツバメ、ハリオアマツバメ

今朝もへーんな空模様の札幌。どんよりとした、はっきりしない雲。うーん、やっぱり北海道の気候、変だ。エゾ梅雨だと思うどい。



さて、今日はツバメ科とアマツバメ科と、「科」が違うけれど、同じく「ツバメ」と名前が付く野鳥3種をご紹介。
北海道札幌近郊では、ツバメは珍しいものの、この3種 ツバメ科の「イワツバメ」「ショウドウツバメ」+アマツバメ科の「ハリオアマツバメ」と、今日はアップ無し「アマツバメ」の、4種は夏鳥として、そう珍しくはありません。

撮影するとなると、やはり、ツバメと名の付く彼ら。動きが早いし、どう飛ぶか推測できないし、大変ですが…。



まず、イワツバメ。

ツバメ科【イワツバメ】
イワツバメ





ショウドウツバメ。

ツバメ科【ショウドウツバメ】
ショウドウツバメ





ハリオアマツバメ

アマツバメ科【ハリオアマツバメ】
ハリオアマツバメ


並べてみると、体型や、体色の違いがわかりますでしょうか?

ツバメ科は目で餌を見つけて、ツバメ返しという言葉があるように、ヒラっと採餌。
アマツバメ科は目で餌を見つけるというよりも、口を開けたまま、掃除機みたいにして採餌するという、大きい違いがありますが、それも体型や、翼の大きさの違いからできることなのでしょう。



鳥見子の今年の課題は、ハリオアマツバメの水飲みをみることです。良い場所を教えていただいたので(△様、いつもありがとうございます)、絶対今年はそれを見たい。できればその様子が撮影できれば嬉しいな、です。




野鳥の雌雄ですが、ある方が「雄雌は、こうだ!」と、断言されても、確かめのためにちょっと自分で調べたりするってことも大切だなーと、思うことあり。
鳥見子も、簡単に、「雄だ、雌だ」って言い切るの、気をつけないとなーと、思ったり。

ハッチョウトンボの生息地に足を踏み入れたり、止まる葉っぱを撮影用にアレンジしたり、のYahoo!記事にも、野鳥撮影と共通するものがあるなーあと、思ったり。

鳥見子も、人の振り見て我が振り直せ、です。気をつけよう。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

アカモズ 雌雄

昨日の1日中ほぼ雨だった日でしたが、今日は朝から薄曇り。遠くに青い部分の空も見えますから、雨にはならなさそうかな?♪

今日はチゴハヤブサの様子も見てきましょう。さーて、どうなってるかな。
鳥見子が知るところは、月曜にはもう抱卵中のところもありました。
そこは他よりも渡来が早い場所でしたが、もう他のところも、もー、抱卵してないと…。




さて、昨日のアカモズ雌雄識別ポイントが、おでこ?の白い部分が太く、尾が長いのがアカモズ雄と書きましたが、わかりづらいとメールいただいたので、これではどうでしょうか?

【アカモズ雌雄(上が雄、下が雌)】
アカモズ 雌雄(2)


画像注釈にも書きましたが、上がアカモズ雄で、下がアカモズ雌です。

やはり、上のアカモズ雄は、下のアカモズ雌よりも、おでこ?額?の白い部分が太く、体型もスマートで、尾も細めで長く、人目ですが、カッコ良く見えませんでしょうか?

他の猛禽類も、雄の体型は雌よりも細くて、人目でですが、体色も綺麗というイメージがありますでしょ?
同じくアカモズもそういう傾向があるのだと思います。



明日からはしばらく晴天が続くようです。さーー、みなさま、良い週末を♪
雨続きばっかの週末でしたから。

そうだ、チゴハヤブサもだけど、エゾライチョウ様子も見てこようかしら。でもね、明らかに熊跡があったところだから、エゾライチョウに会える早朝は危ないしなぁ〜、うーむ。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鳥見子

Author:鳥見子
北海道札幌で野鳥を中心に自然ガイドをしている鳥見子(女性です)のブログへようこそ♪

アップ写真は全て鳥見子撮影。画像の無断持ち出し及び撮影地のお問い合わせ野鳥情報、探鳥地のみのお問い合わせガイド後の御案内野鳥情報だけのお問い合わせは、御配慮頂いております
ガイドのご用命、委細などは、Blogに鍵コメか、以下をコピペしhttp://form1.fc2.com/form/?id=552227までお問い合わせ下さい。(なお鳥見子から2日後迄に返事無き場合はそれが届いていない可能性が高うございます。ご面倒ですが再度ご連絡頂きたく存じます。すみません)
ガイド料など→ガイドについて
略歴→略歴、所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード